taisablog

taisa's engineer blog

JavaScript Rust

Rust+WebAssembly で Hello, World!

投稿日:


以前 Rust をはじめてみよう!という記事を書いた。今回は Rust + WebAssembly を使って Hello, World!の出力をやってみた。

WebAssembly について

まず WebAssembly とは何か。本家サイトの Overview をみてみる。ここにある通り、WebAssembly(WASM)は C/C++/Rust などの高級言語を使って開発をしバイナリ形式で動かすことができる。その為 Web 上で高速に動かすことができる。とりわけゲームなどの実行速度が求められるような分野で有効になる。Chrome、Firefox、Safari、Edgeで利用が可能。

WebAssembly (abbreviated Wasm) is a binary instruction format for a stack-based virtual machine. Wasm is designed as a portable target for compilation of high-level languages like C/C++/Rust, enabling deployment on the web for client and server applications.
https://webassembly.org/

よくデモに出てくる Unity を使った動画
https://webassembly.org/demo/Tanks/

Youtube動画

再生回数が一番多い動画をあげておく。2018年2月の動画ですごく分かりやすく説明されている。

Rust+WebAssembly のドキュメント

ここからは以下の記事を実際にやってみる。実際にほぼそのまま実行しているだけなので以下についてはリンクをチェックするだけでも良いです。
https://rustwasm.github.io/book/game-of-life/hello-world.html

事前準備

参考URL:https://rustwasm.github.io/book/game-of-life/setup.html

rustup を使って rust をインストールする

curl https://sh.rustup.rs -sSf | sh
source $HOME/.cargo/env

source $HOME/.cargo/envは .zshrc などに記述しておくとよい

wasm-pack インストール

wasm-pack を使うとビルド・テスト・公開などが簡単にできる

curl https://rustwasm.github.io/wasm-pack/installer/init.sh -sSf | sh

cargo-generate インストール

cargo-generate を入れるとcargo generateコマンドが使えるようになり、この後の Git リポジトリからのソース取得ができる

cargo install cargo-generate

npm インストール

最新の npm を入れておく

npm install npm@latest -g

サンプルプロジェクトのテンプレート

Hello, World!のサンプルプロジェクトを取得する

cargo generate --git https://github.com/rustwasm/wasm-pack-template
// プロジェクト名を聞かれるのでここはドキュメントの通り`wasm-game-of-life`とする

ドキュメントツリーは以下のようになる。ドキュメントにはないtestsが追加されていた。ここでsrc/lib.rsgreet関数の文字列が、Hello, wasm-game-of-life!となっているので一応Hello, World!と変えておく。

wasm-game-of-life
├── Cargo.toml
├── LICENSE_APACHE
├── LICENSE_MIT
├── README.md
├── src
│   ├── lib.rs
│   └── utils.rs
└── tests
    └── web.rs

wasm-packコマンドでビルドしてみる。rustcのバージョンが1.30以上でないとエラーが発生するけどrustup updateコマンドでアップデートすれば問題なく進められる。

wasm-pack build
| [1/9]   Checking `rustc` version...
Your version of Rust, '1.29', is not supported. Please install Rust version 1.30.0 or higher.

rustupを使ってrustcをアップデートする

rustup update

ビルドが完了するとpkgディレクトリができる

wasm-pack build
pkg
├── README.md
├── package.json
├── wasm_game_of_life.d.ts
├── wasm_game_of_life.js
└── wasm_game_of_life_bg.wasm

Webページを作成する為に以下のコマンドを実行する。するとあらたにwwwディレクトリができる。

npm init wasm-app www
npx: 1個のパッケージを3.137秒でインストールしました。
 Rust +  Wasm = ❤

wwwのドキュメントツリー

www
├── LICENSE-APACHE
├── LICENSE-MIT
├── README.md
├── bootstrap.js
├── index.html
├── index.js
├── package-lock.json
├── package.json
└── webpack.config.js

wwwディレクトリへ移動し依存関係をインストールする

npm install

pkgディレクトリへ移動し以下のコマンドを実行する

npm link
/usr/local/lib/node_modules/wasm-game-of-life -> /Users/satomasaki/Dev/taisa/wasm-game-of-life/pkg

更にwwwディレクトリへ移動して以下のコマンドを実行する

npm link wasm-game-of-life
/Users/satomasaki/Dev/taisa/wasm-game-of-life/www/node_modules/wasm-game-of-life -> /usr/local/lib/node_modules/wasm-game-of-life -> /Users/satomasaki/Dev/taisa/wasm-game-of-life/pkg

index.jsimport箇所のhello-wasm-packwasm-game-of-lifeに更新する

import * as wasm from "wasm-game-of-life";
wasm.greet();

実行しページを開いてみるとHello, World!が表示される。

npm run start

ソースを少し変更してみる

wasm-game-of-life/src/lib.rsgreet関数を以下のように少し変更しwasm-game-of-life/www/index.jsgreet関数の引数に文字列を入れてみると渡した文字列が出力される

#[wasm_bindgen]
pub fn greet(name: &str) {
    alert(&format!("Hello, {}!", name));
}
wasm.greet("wasm!");

Webサーバを立ち上げたままでもwasm-pack buildと実行するだけでソースが更新され動作確認をすることができる。

まとめ

本当に少し触っただけながら、便利なツールがちゃんとあって、ある程度形ができて慣れてくればそれほどストレスなく開発が進められそう。

-JavaScript, Rust
-,

執筆者:

関連記事

「slideship Tech Dive vol.1 フロントエンド特集」でLTしてきた

connpassリンク slideship Tech Dive v1.0 #React / ReactVR / #VueJs Webフロントエンド特集 「slideship Tech Dive v1.0 #React / ReactVR / #VueJs Webフロントエンド特集」でLTしてきた。タイムテーブルは、メインセッションがVue、ReactVR、React SPAになっていてその後LT4本で親睦会という構成。自分は「フロントエンド速習コース」というタイトルでLTをさせてもらった。 slideshipって何? markdownで手軽にスライドがつくれちゃうサービスでコードシンタックスハイライトを自動でやってくれたりPDFに変換してくれたりする。今回LTするにあたって前日までラフなマークダウン文章しかなかったけど早くスライド作らなきゃっていう焦りがなかったので気分的に非常に楽だった。 slideship.com トークスライド (すべてslideshipでできてる) Vue.js 効果的だった事例から見る利点と特徴 橋本 安司さん @yellow844 これが大事↓ 「単一ファイルコンポーネントで『テンプレート、ロジック、スタイル』の関心を分離させる記述になっており、ファイル分割してより疎な状態に出来る。更にテンプレートやスタイルのテンプレート言語・CSSプリプロセッサを選択できる。」 ReactVR でつくるサーバ連動型インタラクティブ VR 原 一浩さん @kara_d 「s7は爆発の危険がある」に笑った。 React SPA における OGP への挑戦 池内 孝啓 @iktakahiro サーバサイドレンダリングはしないぞ!っていうこだわりが感じられた LT PATENTS問題とfast-asyncについて 石井 直矢さん @kaidempa OSSのライセンスのお話 フロントエンド速習コース @taisa831 3ヶ月でフロントエンドを一気にキャッチアップした時にやったことを紹介した。 書籍プレゼント企画 サーバーレスシングルページアプリケーション ―S3、AWS Lambda、API Gateway、DynamoDB、Cognitoで構築するスケーラブルなWebサービス こちらの書籍の監訳者の吉田 真吾さん @yoshidashingo じゃんけん大会で書籍はゲットできなかったけどこの書籍はオライリーの電子版で購入した。タイトル見て発売したら速攻買おうと思ってたけどReal World Httpに先に手出してたので買えてなかった。 RxJSコトハジメ @massa142 RxJS良さそう。マーブルテスト楽しそう。 勉強会風景 まとめ ちょうどフロントエンドのキャッチアップをしていたのでとても良い機会になった。トーク内容もいろいろあってとても楽しめ。次回も楽しみ。

node-nightlyを使ってwebpackをデバッグする

webpackに限らずだけどnode-nightlyを使うと簡単にデバッグすることができる Debugging When contributing to the core repo, writing a loader/plugin, or even just working on complex project, debugging tools can be central to your workflow. Whether the problem is slow performance on a large project or an unhelpful traceback, the following utilities can make figuring it out less painful. node-nightlyをインストールする インストール後一度初期化を行う npm i -g node-nightly // 初期化 node-nightly webpackの実行環境をつくる デバッグする為にwebpackの実行環境をつくる npm initしてwebpackをディレクトリ配下にインストールする npm init npm i -D webpack //バージョンは4.12.1 npx webpack –version 4.12.1 webpack-cliをインストールする。ここではグローバルインストールとしている。 npm i -g webpack-cli //バージョンは3.0.8 webpack-cli –version 3.0.8 webpack.[prod].jsをコマンドラインから作成する webpack-cli init 以下のように聞かれるので好みの設定をする(今回はデフォルトを利用) ℹ INFO For more information and a detailed description of each question, have …

Vue.jsで外部APIを使ったTODOリストを作ってみた

APIを使ったTODOリストをVue.jsで作ってみました。TODOリスト用のAPIは以前書いたこちらのAPI「Go言語 GORM+GinでTODOリストのAPIを作ってみた」を利用します。CORSを全て許可しているのでどこからでも叩けるようになっています。 できたもの できたものはこちらです。http://vuejs.taisablog.com/todo APIのエンドポイント APIのエンドポイントは以下としました。 URL http://gin.taisablog.com/api/v1/ GET /todo // 一覧表示 POST /todo // 新規作成 GET /todo/:id // 編集画面表示 PUT /todo/:id // 編集(今回未使用) DELETE /todo/:id // 削除 TODOリストの処理 プロジェクトはvue-cliで作成し、APIはaxiosを利用しました。componentsにTodo.vueファイルを作成しそこにすべての処理を書いています。 インポート import axios from ‘axios’ const NOT_STARTED = 1 // 未対応 const STARTED = 2 // 対応中 const FINISHED = 3 // 完了 data function name: “Todo”, data() { return { todoList: [], inputField: ”, isActive: false, baseUrl: ‘http://gin.taisablog.com/api/v1/’ } }, created function created() { this.getTodo() }, methods : 一覧を取得する async getTodo() { try { let response = await axios.get(this.baseUrl + ‘todo’) this.todoList = response.data } catch (e) { console.log(e) …

Nuxt.js v2.9のリリース情報とDiff

2019年8月20日にNuxt.jsのバージョンが2.8.1から2.9へがリリースされました。2019年9月19日時点ではバージョン2.9.2まであがっています。本投稿ではリリース内容と変更点が見れるように2.8.1から2.9.1のソースのDiffと変更されたファイル一覧を載せておきます。変更ファイル数は、examplesやtestを除くと約142ファイルでした。またバージョンが上がっただけ、関数にスペースが追加されただけのファイルも多く、それを除くともっと少なくなります。本リリースでの大きな変更はImportant Notesの中でもTypescript関連の変更が個人的には大きいと思います。Nuxt Typescriptの導入やMigrationはリリースノートにあるページの Setup、Migration from Nuxt 2.8 を見れば簡単に行えます。(本記事の一番下でも試しにやってみました。) リリースノート nuxtjs.orgDue to a known problem (webpack/webpack#8656, #4869, #4839) users of npm should either remove package-lock.json and reinstall before upgrade or use npm update acorn –depth 20 && npm dedupe after upgrading to 2.4.0. users should have no problems but removing yarn.lock still recommended before the upgrade process. Diff v2.8.1からv2.9.2のDiffをつくってみました。 v2.9.2 diff by taisa831 · Pull Request #1 · taisa831/nuxt.jsTypes of changes Bug fix (a non-breaking change which fixes an issue) New feature (a non-breaking change which adds functionality) Breaking change (fix or feature that would cause existing functionality to change) Description …

Firebase Cloud Firestore 使い方の勘ドコロ

FirebaseのCloud Firestoreを扱う際、本家ドキュメントが充実していて検索すればすぐに出てくるのでそれほど困ることはありません。ただ、最初の入りとしてFiresotreのDocumentって何? となったり、doc、docRef、cityRef、cityDocRef、snapShot、docs など、本家ドキュメントの中でも若干変数名の書き方が異なっていたりします。その為、慣れてくれば大丈夫ですが、慣れるまで毎回どう書くんだっけ?と検索することが多かったので、自分なりに解釈して整理してみました。Firestoreを扱える言語は様々用意されていますが、ここでは、JavaScript(Nuxt.js)を例に進めていきます。(セットアップは省きます) 参照元:https://firebase.google.com/docs/firestore/manage-data/add-data?hl=ja Firestoreの基本的な考え方 基本的な考え方は、正にこの図にあるように「フォルダ(collection)」「ドキュメント(document)」「データ」という構成になっています。 参照元:https://firebase.google.com/docs/firestore/data-model これをFirestoreの管理画面でみるとこのようになります。 これを「フォルダ(collection)」「ドキュメント(document)」「データ」に当てはめてみるとこのようになります。イメージとしては、本棚にフォルダが並んでいてフォルダを選択するとフォルダの中のファイル一覧がみることができ、あるファイルを選択するとそのファイルに書かれている内容をみることができるという感じです。 ◯◯Refとは 本家ドキュメントをみると、◯◯Refという変数がよく出てきます。これはその名の通り「参照」です。つまり本棚にあるフォルダ(collection)やフォルダ内のドキュメントを選択した状態です。この時点ではまだ参照なので取得はしていません。usersコレクションを選択した状態であればuserRef、usersコレクションのドキュメントを選択した状態であればuserDocRefといった変数をつけると分かりやすいと思います。(本家ドキュメントではそのようなルール決めはありません。) userRef = db.collection(‘users’) userDocRef = db.collection(‘users’).doc(‘YLu7bG7PcRNYhAg3F6MY’) これらを踏まえて、実際にデータの取得、追加、更新、削除のコードを書いてみます。ここではあえて◯◯Refのように変数を使っています。 コレクション配下のドキュメントデータをすべて取得する usersコレクションを参照した状態で、get().then()を呼び出すとその時点のドキュメント一覧(snapShot)が取得できます。ドキュメントは1つしか存在しない可能性もありますが、ドキュメント一覧なのでforEachでループすることで全データを取得することができます。ユーザIDはデフォルトでドキュメントに振られるIDです。 const db = firebase.firestore(); let userRef = db.collection(‘users’) userRef.get().then((snapShot) => { snapShot.forEach((doc) => { this.users.push({ user: doc.data(), user_id: doc.id }) }) }) ユーザID ユーザ名 ユーザメールアドレス {{user.user_id}} {{user.user.name}} {{user.user.email}} 参考:https://firebase.google.com/docs/firestore/query-data/get-data?hl=ja コレクション配下のドキュメントデータをフィルタして取得する フィルタするのにwhereを利用することができます。whereで対象を絞った後、同様にget().then()を呼び出すとフィルタしたドキュメント一覧が取得できます。 const db = firebase.firestore(); let userRef = db.collection(‘users’) userRef.where(‘name’, ‘==’, ‘山田太郎1’).get().then((snapShot) => { snapShot.forEach((doc) => { this.filteredUsers.push({ user: doc.data(), user_id: doc.id }) }) }) ユーザID ユーザ名 ユーザメールアドレス {{user.user_id}} {{user.user.name}} {{user.user.email}} 参考:https://firebase.google.com/docs/firestore/query-data/get-data?hl=ja 単一のドキュメントデータを取得する 単一のドキュメントデータを取得するには、doc()にIDを渡し、get().then()を呼び出すと指定したドキュメントのデータが取得できます。この場合、doc()で単一のドキュメントを指定しているので、取得できるのは一覧ではなく指定したドキュメントの値となります。 const db = firebase.firestore(); let userRef = db.collection(‘users’) userRef.doc(‘YLu7bG7PcRNYhAg3F6MY’).get().then((doc) => { this.user = doc.data() this.user.user_id …