taisablog

taisa's engineer blog

未分類

申告と節税について整理した。税率?青色?白色?扶養控除?など

投稿日:


フリーランスではないけど確定申告する機会があったりと税金のことを考える機会が増えたので大分昔に買った「フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。」という本を読み返しました。かなり昔の本ですが大きくは変わっていないと思うのでまだ大丈夫かなと思っています。ただ間違いがある可能性もあるのでその点はご注意ください。指摘も大歓迎です。税金については、その時理解した気になってもすぐ忘れてしまうので大事なところだけメモとして残しておきます。

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。 Amazonより

最終的な納税額はどのように決まるか

最終的な納税額は次のように決まります。
年の稼ぎ
売上(収入)- 経費 = 所得
税金の対象
所得 – 各種控除 = 課税所得
最終的な税額
課税所得 × 所得税率 = 納付税額

所得税の速算表
課税される所得金額 税率 控除
以下
195万円 5% 0
195万円 330万円 10% 97,500円
330万円 695万円 20% 427,500円
695万円 900万円 23% 636,500円
900万円 1800万円 33% 1,536,000円
1800万円 40% 2,796,000円

ここで初めて知ったのが、所得に応じて税率はあがっていきますが、限度額を超えた分だけがその税率で納税する対象になるという仕組みでした。つまりそれが「控除」に該当するもの。少し控除はあるものの課税所得の限度額を超えたら全ての所得がその税率で計算されると思ってました。どういうことか具体例をあげてみます。

課税される所得金額が200万円の場合

5%までの金額を計算
195万円 × 5% = 97,500円
10%になった分の金額を計算
5万円 × 10% = 5,000円
5%までのと10%分の金額を足す
97,500円 + 5,000円 = 102,500円
所得金額が200万円の場合は、195万円を超えた5万円分んだけ税率が10%になり、納税額は102,500円となります。これは単純に以下のように控除額を引く計算方法でやっても同じ結果となります。
単純に計算して後から控除額を引く
200万円 × 10% – 97,500 = 102,500円
じゃあ税率があがった場合はどうなるの?というのが疑問になったので同じように計算してみました。

課税される所得金額が340万円の場合

順番に計算した場合(10%の控除額を引く)
330万円 × 10% + 10万円 * 20% – 97,500円 = 252,500円
単純に計算して後から控除額を引いた場合
340万円 × 20% – 427,500円 = 252,500円
このように計算してみるとどちらの計算方法でも金額は同じになりました。同様に他のケースもやってみます。

課税される所得金額が700万円の場合

順番に計算した場合(20%の控除額を引く)
695万円 × 20% + 5万円 × 23% – 427,500円 = 974,000円
単純に計算して後から控除額を引いた場合
700万円 × 23% – 636,500円 = 973,500円
何故か500円の差分が出てしまったのですが大体同じになりました。

課税される所得金額が910万円の場合

順番に計算した場合(23%の控除額を引く)
900万円 × 23% + 10万円 × 33% – 636,500円 = 1,466,500円
単純に計算して後から控除額を引いた場合
910万円 × 33% – 1,536,000円 = 1,467,000円
何故か500円の差分が出てしまったのですが大体同じになりました。

課税される所得金額が1810万円の場合

順番に計算した場合(33%の控除額を引く)
1800万円 × 33% + 10万 × 40% – 1,536,000円 = 4,444,000円
単純に計算して後から控除額を引いた場合
1810万円 × 40% – 2,796,000円 = 4,444,000円
つまり納付税額で所得税率を算出してそこから控除額を引くだけで最終納税額が算出できます。

税金の色々

税金といっても様々な税があるので主なところを取り上げておきます。

所得税

所得税は上記で記載した通りですが、支払うタイミングが住民税とは違うので注意が必要です。所得税は年末調整または確定申告にてその年1年の納税額を確定し納税します。

住民税

住民税はその年の納税額の10%を翌年に支払う形となります。税率は一律10%で都道府県民税:4%、市町村区民税:6%という割合です。

消費税

消費税は売上が1千万円超えないと免税事業者となるので1千万円以下の場合は気にする必要がありません。

社会保険

社会保険は基本的に以下のようになります。

  • 会社員:健康保険、厚生年金(会社が半分負担してくれる)
  • フリーランス:国民健康保険、国民年金

健康保険のメリット

  • 傷病手当金

病気や怪我によって働けなくなった場合、標準報酬月額の2/3(交通費や残業代も含む)が最大1年6ヶ月受け取れる

  • 被扶養者も無料で社会保険に入れる

年間収入が130万未満であれば被扶養者として無料で旦那の保険に加入することができる
参考:健康保険・厚生年金保険料の金額の推移「平成30年4月分(5月納付分)からの健康保険・厚生年金保険の保険料額表」
平成30年4月分(5月納付分)からの健康保険・厚生年金保険の保険料額表

青色か白色か

白色申告は青色の簡易簿記とほとんど違いがないので「10万円の控除」が受けられる青色の簡易簿記にしない手はないようです。65万円の控除が受けられる複式簿記になるにはいくつか条件があるようです。

扶養控除

扶養控除は主には150万円(前は103万円)の壁と130万円の壁があります。

  • 所得税の扶養控除限度額は150万円
  • 社会保険料の扶養控除限度額は130万円(一概に130万円というだけでなく月給88,000円以上など色々と別の条件があります)

所得税の扶養控除限度額は150万円の壁とは

150万円の壁の理由を書いておきます。給与所得控除を受ける人は誰でも必ず最低65万円は控除されます。なので控除される対象者は正しくは「合計所得金額が85万円以下(以前は38万円以下)」の人ということになります。

領収書は最低でも額面15%の金券

税率は最低でも5%で住民税の10%を加えると15%になります。領収書を経費として申請するとその分の納税額が減るので領収書の15%分は戻ってくることになります。課税所得が190万円の人が10万円分経費を上乗せできると課税所得は180万円になります。28万5千円だったのが、27万円になります。つまり10万円の15%である1万5千円が浮くことになります。こう考えてみるとわかりやすくこれはなるほどと思いました。
また、領収書は必ず領収書でなくてもレシートでも伝票処理でもよく何に使ったかがわかればよいようです。(レシートは消えちゃったりするのでそういう意味で良くなかったりはする)

まとめ

ここ最近は個人で確定申告することが出てきて、知らないだけで損したりビクビクしたくないなと思い読み返しました。当時読んだ時はなんとなくスルーしていたことが今読んでみるとなるほどーということが沢山ありました。

-未分類
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

2020年半年の振り返り

2020年も半年が過ぎたので年初に立てた抱負を簡単に振り返ってみます。 2020年の抱負 2020年の抱負 Golang(◯)業務でやれたのでVueJS(△)業務で少しやれたのでReact(✕)Pending(やりたいけど)TypeScript(△)読書会で少しずつ進めてるのでAWS(◯)業務でやれたのでPython (Flask)(◯)大分理解できたので執筆(◯)遅れつつも着実に進められているのでブログ継続(△)執筆に時間をさいているので少なめなので現時点でこの記事含めると8記事なので6記事Delay会社のDeveloperブログが立ち上げられたのでよかった 中長期的な話 楽しく仕事をする 良いプロダクト(◯)良いメンバー(◯)良い技術スタック(◯) これは今の所継続できていますが、年初に採用もやることになってエンジニア採用ができなかったのは反省点。これまでがっつりやることなかったので良い経験にはなりました。 生活面 腕立て・スクワット・プランク(◯)ランニング(✕)後半もリモートが続きそうなので厳しそう家で飲みすぎない(◯)家でタバコをなるべく吸わない(✕)後半もリモートが続きそうなので厳しそう 会社で週1で走ってましたが、フルリモートになったのでランニングはできなくなりタバコ(IQUOS)の量は増えました。筋トレはやり方を変えつつも継続できています。 まとめ Goを書きつつインフラ周りの作業をすることも多くなってきて、これまでやりたくてもできなかったところでもあるのでだいぶ楽しくなってきました。執筆もあと一息なのでなんとか予定通りに仕上げて年内には完成させたい。

no image

2018年の抱負

今年も去年と同様に2018年の抱負を書く。 2018年の抱負 去年と同様にいろんなことはできないので大目標3つ+サブ目標。これ以外にも細かいものはいくつかあるけど別途まとめる。 CTOとして 機械学習 英会話 サブ目標 引き続きフロントエンド CTOとして 今年1月から不動産テックのスタートアップカンパニーであるCocolive.Inc(ココリブ)にCTOとしてジョインした。エンジニアとして長年やってきたけどCTOははじめて。そしてスタートアップながら良いエンジニアが5人集まったという好状況なのでこれまでのチームビルディングの経験を活かしつつ会社を成長させていきたい。自分個人の目標は昔から「日本のエンジニアの地位をあげる・世界に通用する」であるのでこれはぶれないようにする。また合わせて決めていることは「選択と集中」をすること。限りあるリソースの中でできることできないこと、やるべきことやらないことを見定めて1年やる。あとは楽しむこと。 機械学習 今年技術的には一番力を入れる予定。個人的な興味と現在のサービスの性質上なんらかの形で機械学習が導入できると大きなメリットが見込めることから本格的にスタートすることにした。 機械学習の勉強会を開催する 機械学習の話をいろんな人とする プロダクトに導入する 英会話 これまでほそぼそとやっていたけど実践では全然だめという状況なのでこれをなんとか打開したい。今年は1年間継続して実践メインで徐々に英語慣れしていく。去年はPyCon APAC in マレーシアに参加したけど今年は5月末にシンガポールで開催されるということでここを一つのターゲットとしてやる。 コミュニケーションがとれること サブ目標 いくつもやりたいことをこなすなんてことは自分にはできない。けどサブとしてでもやりたいもの。 フロントエンド 去年はサブでなくもはやメインとして活動できてなおかつ執筆もできたので結果的にすごいよかった。JSはやればやるほど面白いので引き続きやる。 VueJSの深掘り Reactの深掘り CSSやる コードリーディング 今年の抱負のまとめ なにはともあれ健康で楽しく仕事ができていることがなによりなので毎日「今日も生き抜こう©」とつぶやきながらマイペースにやっていく

no image

AWS LightsailでVirtual Hostするメモ

AWS Lightsailにwordpressを移行して、LightsailでVirtual Hostを利用したいと思ったけど、bitnami、Apacheということでどこになにがあるかわからず調べたのでメモ。 bitnamiのApache設定 /opt/bitnami/apache2/conf/bitnami/bitnami.conf この中で bitnami-apps-vhost.conf が Include されている Include “/opt/bitnami/apps/wordpress/conf/httpd-vhosts.conf” /opt/bitnami/apache2/conf/bitnami/bitnami-apps-vhosts.conf には wordpress の httpd-vhosts.conf が Include されている Include “/opt/bitnami/apps/wordpress/conf/httpd-vhosts.conf” wordpressのprefixにはDocumentRootが記述されている Include “/opt/bitnami/apps/wordpress/conf/httpd-vhosts.conf” /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/sampleのようにhtdocsの配下にディレクトリを作成してindex.htmlを置き、sample.taisablog.com ドメインにDNS設定を追加してあげればとりあえず、VirtualHostが追加できる <VirtualHost *:80> ServerName sample.taisablog.com DocumentRoot “/opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/sample” Include “/opt/bitnami/apps/wordpress/conf/httpd-app.conf” </VirtualHost> Apache再起動 sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart apache

2019年の抱負

本業頑張るのはもとより、2019年の抱負がある程度固まってきたので書いておきます。 Google Cloud Platformを使う これまでAWSを自分で多く触るケースはあまりありませんでしたが、GCPを使うケースが増えてきたので今年からはAWSではなくGCPをたくさん触っていこうと思います。 数学をやる 高校3年になるまでは大学行く気もなく全く授業をまともに受けていませんでした。高校2年の終わり頃に少しまじめに授業を受けるようになり、少しずつ数学が楽しくなってきた頃大学進学も視野に入ってきました。そんなときに自分が文系を選択していたことを知り、私立受験は英国社の三教科であることを知り(国立など受験の仕組みすら知らず)、そこで自分の数学学習人生は終わりました。そんなこんなで今までやってきたのですが、ふと最近以下の投稿をみてなんとなくやってみようかなと思いはじめました。記事のようにAIや機械学習の為ということも少しはありますが、自分としてはただの興味ですのでどこまでやれるかはわかりませんが、今小学中学の復習を終え数I・Aをちらちらみはじめています。 文系エンジニアが機械学習に入門するために小学校の算数から高校数学までを一気に復習してみました。 宅建をとる 今の本業が不動産テックということもありますが、これもただ興味が出てきたのでやってみようかなという感じです。宅建みやざき塾というYoutube動画が秀逸なので今はこの動画を移動中などにみています。 体力をつける 小さい子供が2人いると休日にランニングすることもままならないので去年は体重がかなり増えてしまいました。運動ができてないだけでなく、肩こりなど疲れやすい状態になっていたのでこれを今年は改善しようと思います。最近は食事や運動を気にしつつ「長生き味噌汁」をはじめました。 まとめ どこに向かっているのかという感じはありますが、本業で事業を伸ばすことを頑張りつつこれらをやっていこうと思います。

no image

2016年の振り返り

2017年になってもう3ヶ月が過ぎようとしているけど、今年初投稿なので今更ながら2016年の振り返りをする。 2016年前半 2016年前半はWeb業界に来て初めてWebサービスの受託開発をした。5年前にSIerからWeb業界に来て以来初めての受託開発だった。プロジェクト前半は若手エンジニア2人いたが、色々な都合により後半は自分1人になりそこからは1人最後までやることになった。 SIerにいた頃、小さめのプロジェクトであれば自分一人でやることはあったが、今回のような大きめのプロジェクトで0→1のサービス開発をマネージメントしながら開発するというのは初めてだった。ローンチ後は何事もなく稼働しているのでよくやったと思えたもののWebサービスの受託開発の難しさを思い知った。 Laravelについて 開発はPHP+Laravelを使った。初めて使ったフレームワークだったが、日本語ドキュメントがしっかりしているのでほぼそれだけで開発を進めることができた。 https://readouble.com/laravel/5.1/ja/installation.html 主なプラグインは以下を使った。 laravel-debugbar laravel-ide-helper Intellij Laravel-Plugin 2016年後半 サービス開発に戻り、戻ってからは主に以下のことをやった。 決済システム導入 CI環境の再整備 ステージング環境の整備と追加 PHPUnit+Phakeによるユニットテストの本格導入 サーバのオートスケール 決済システム導入 これは、受託開発が都合により伸びた為、設計までして他のメンバーに引き継ぐすることになってしまったが、その後、また引き継ぎ開発を進めていった。「決済」といったシステムを扱ったことで良い経験ができたように思う。 CI環境の再整備 サービスの拡大、人の入れ替わり、増加により以前自分で立てたJenkinsのCI環境が整備されずひどい状況になりつつあったので整備した。Jenkins2へのバージョンアップもこのタイミングで行った。 ステージング環境の整備と追加 人員に対してステージング環境があきらかに枯渇していたので再整備と追加をした。具体的にはシステムだけでなく運用者もリリース前テストで利用する為、ステージング環境利用待ちのようなものが発生している状況だった。また、いくつかのサービスがつながっていることもあり環境がブラックボックス化していたのを再構築しドキュメント化しつつ環境を増やした。テスト環境大事。 PHPUnit+Phakeによるユニットテストの本格導入 UnitTestも以前は書くよう推奨していたが形骸化している状況だった。また、新卒メンバーが入ってそもそもテストが書けないメンバーもいる状況だった。これに対して、ハンズオンを開催しある程度書けるところまで持っていき、それ以降はプロダクト開発時にフォローするという形で最終的にはメンバー全員が必ずUnitTestを書くというところまで持っていくことができた。また、テストが増える従って、修正時の確認コストが減り品質が上がってきている実感が得られた。 サーバのオートスケール アクセスが増え、ときに突発的に高負荷が来るという事象が増えてきて、その度にサーバをたて、デプロイスクリプトに新しいサーバを追加しデプロイするということをやっていた。それもいい加減面倒だし事前アナウンスがなければ対応ができないので、常にS3に最新ソースを配置しておき、あとは負荷検知により自動的にサーバを増やすという仕組みを導入した。 社外活動とアウトプット 2015年末に子供が生まれたことと2016年の前半の受託開発に忙殺されたことで全くできなかった。2017年は落ち着いて来たこともあり活動を増やす予定。 まとめ 2016年後半の取り組みに関しては、2017年から始めるスクラムの取り組みの為の下準備という意味合いもあり、テストや環境系の整備をメインに行った。これにより2017年からの取り組みをスムーズに始められたと思う。