taisablog

taisa's engineer blog

ポエム

2018年振り返り、プレイングマネージャーは難しく

投稿日:

2018年は1月から正式に新しい環境で働き出した年になりました。また7月に2人目の子供が生まれたのも大きなイベントの1つとなりました。そんな中、個人としてはある程度やれたかなと思うところもありますが、逆に色々と反省することも多くあった年になりました。

主目標

業務として

業務として立てた目標は、今年1年で目安としていたところまで到達することができたように思います。ただその反面、目標に固執するあまり他のことに手が回らず結果的に周りに迷惑を掛けてしまいました。この点においては反省すべき点でしたが、昨年自分の活動していたことは今年につながることだと信じてやっていたことでもあるので、今年を大事にしていこうと思います。

CTOとして

選択と集中

7月に2人目が生まれたことで1人目以上に個人の時間がなくなりました。なので2人目が生まれてから、まずはコミュニティ活動を抑えることにしました。また、業務でも自分のやることは限定していたつもりでしたが、それでもいつのまにか設計・レビュー・マネージメント・運用・外部連携等やることが増えていき上記にもあるように周りに迷惑をかけてしまいました。
プレイングマネージャーは難しい
前職でも現職でもやっていて毎回思うことですが、プレイングマネージャーは難しいです。クライアントと調整しながら、社内マネージメントしながらどちらにおいても自分がコードを書くことを並行して進めると、自分でもびっくりするようなイージーミスをしてしまったりします。こういう場合、自分が思っている以上に割り切って余裕をもってタスクをこなすのが必要なんだと思います。

速度と品質担保

速度と品質については、色々と考えた上で薄い自社フレームワークを導入しました。これ自体はよかったと思いますが、導入時に不具合を起こしてしまったこともあり、早い段階だったとはいえイケイケゴーゴーでいきすぎたなと反省しました。

チームビルディング

その時にあった開発体制をと思い、自分がスクラムマスター役をやり開発メンバーには開発に専念してもらうというゆるい感じのスクラムを導入しました。ただそれはチームにとっては逆効果(メンバーに開発タスクを丸投げのような形)になってしまいました。前職で最後1年間ガッチリスクラムでやっていたこともあり、同じ感覚で進めてしまっていたのがよくなかったです。リモートが多いというのもありますが、コミュニケーションは大事だなとあらためて思いました。

エンジニアリング

自分と後輩エンジニアだけでやっていたことですが、サブプロジェクト的に社内WebフレームワークをGitLab内で公開、社内ツールをGitHubに公開するなどの取り込みをしました。このような取り組みは好きで以前からやっていることで、効果が大きいことも多いので続けていこう思います。

学習技術は機械学習

今年からAIPyハンズオン勉強会を不定期で開催しました。参加人数は少ないもののなんとか4回程実施できたのでよかったと思います。
https://aipy.connpass.com/

ブログ継続

ブログは最低月1(年12投稿)、最高月2(年24投稿)以上が目標でしたが今年は18投稿にとどまりました。

英語でコミュニケーションできるように

この件は別投稿に書いたのでスキップします。

2018年の英語振り返り

毎年英語力向上を目指して何かしらやったりやめたりしていますが、今年の英語はどうだったかなと振り返ってみます。そもそも海外で働く予定もなく日々英語でコミュニケーションを取るという状況にはすぐにはならないのでゆるゆるとやっています。とはいえ年1で海外に行った時に簡単なコミュニケーションくらいはできるようになりたいというのが今年の目標でした。 今年は5月にシンガポールへ行きました。PyCon …

株に投資をする

年始めにやる予定でしたが、マイナンバーカードが紛失していて再発行手続きするまで時間があいてしまったため口座開設までにとどまりました。口座は楽天銀行、イオン銀行に開設しました。少しずつ資金を集めてやってみようと思います。

執筆

共著ではあるものの個人的には今年最大の取り組みとも言えるものでした。関係者には感謝です。

コニュニティ活動

今年は、マレーシアで開催されたPyCon APACに参加し、参加レポートをgihyoさんに寄稿することができました。

「PyCon APAC 2018 in Singapore」参加レポート

2018年5月31日(木)~6月2日(土)にかけて行われた「PyCon APAC 2018 in Singapore」。後半の2日間に行われたカンファレンスデイの様子やセッション以外の現地滞在の様子などを,当日参加したメンバーが2回にわたってお届けします。

まとめ

新しいことに挑戦することができたり色々失敗したりと多くのことが経験できた年になりました。また、業界関係ない人と飲むことが多く普通に色んな人と楽しく飲んだり遊んだりできたのも今までにない感じで楽しく過ごせました。今年も健康と安全第一になるだけ楽しくやっていきたいと思います。

-ポエム
-

執筆者:

関連記事

no image

平成最後にEvernoteの昔のエモい感じのメモ達を供養する

今年、持ってる本をすべてリサイクルに出した。そして今や自分の荷物はほとんどないと言っていいくらい無くなった。情報も整理したくなったのでとりあえずEvernoteに残ってるよくわからないメモ達も消してみた。すると昔悶々としてたんだな〜みたいなメモが見つかった。折角だからそんな昔のエモい感じのメモ達をさらしてから削除する。 SI会社に残らない理由 近い将来移民が大量に入ってくる その頃には課長または部長になっている程度 エンジニアとして対応できるようになってたい 求心力がない 名前だけでかくて組織が時代についていけていない 40代以上の人間がぎりぎり、50代以上の人間は定年を待つばかり 使えない派遣が集まる 会社自体に魅力がない 優秀な人材は入ってこないし出ていく 君がオヤジになる前に 一週間に一本アプリリリース モテル 家を持つリスク 結婚するリスク オヤジ化が加速する 子供にいい思いをさせることはそこまで必要か 狭い家に住んでいた時代も経験していてよいのでは? そのような体験が逆にうらやましかったこともある。 情報量 突き抜けること 保険には入らない 何十年先のことを憂う必要があるのか 気持ち悪い昔からの風習がある 昔の美徳は今の美徳ではない 英語はのりで 君がオヤジになる前に 「君がオヤジになる前に」という本を読んだ時のメモとその時に感じがことが書いてあると思われる 『今はまだ』という呪文 起業時代 今はまだ実力がないから というがその気になれば実は一週間または一ヶ月死ぬ気でやればそれなりに戦える実力がつくのではないか そういう人間に限って本を買って終了ということがほとんど 何年かすればそれなりにできる自分になっていると思い込んでいる SIer時代 同様に人材派遣をするSE業界でも、 今はまだ我慢してやってくれ。 そのうち景気が上向きになるときを待つ 今はまだ動き時でない ではいつなのか? 周囲の人たち、親 今はまだやめとけ とりあえず大手に入っておけ 『今はまだ』と『とりあえず』のダブルパンチ とりあえずといって何十年も経過していくのが目に見えている そしてかぶせるようにサラリーマンは我慢だと 戦わない人が多すぎる Noと言えない日本人ニアルイコール ただNoと言う必要があるのではなく、交渉しよう、戦おう 日本の政治も同様 いいカッコしいはやめよう どうせいいカッコするのであれば我慢はやめよう、戦う姿を見せよう 部下に迷惑がかかる さされそうになったら必死で抵抗するだろう 上司だろうが客であろうが頭が上がらない人であろうと関係ない 交渉しよう 交渉することを楽しもう 恋愛もそう 後からでは遅い、そのとき戦わなくては その為に準備している必要があるだろう また、急に戦場にたたされ先制攻撃を受けてしまったら 一旦保留して戦略を練ろう 体制を整えよう 少しだけでも有利にしよう 常に先制攻撃ができるようにしよう リスクを回避しよう 最悪の事態を避けよう アラームをあげよう 人生の命題 世界中でアプリケーションを作る 世界をアプリケーションを作りしながらまわる 超解釈 変化に対応していく対応力 対応していくしかない 変化は能力のあるひとがやるのさ 他にはないものをつくる もしくは他にあるもののコピーをつくる 無題ノート ふけとか、衰えとか、関係、かいもん、ねー! いずれのメモも平成22年〜26年くらいに書かれたメモだった。 平成最後にこれらのメモ達をここに供養します。