taisablog

taisa's engineer blog

スクリーンショット 2019-03-18 19.05.16

投稿日:

-

執筆者:

関連記事

no image

2018年の抱負

今年も去年と同様に2018年の抱負を書く。 2018年の抱負 去年と同様にいろんなことはできないので大目標3つ+サブ目標。これ以外にも細かいものはいくつかあるけど別途まとめる。 CTOとして 機械学習 英会話 サブ目標 引き続きフロントエンド CTOとして 今年1月から不動産テックのスタートアップカンパニーであるCocolive.Inc(ココリブ)にCTOとしてジョインした。エンジニアとして長年やってきたけどCTOははじめて。そしてスタートアップながら良いエンジニアが5人集まったという好状況なのでこれまでのチームビルディングの経験を活かしつつ会社を成長させていきたい。自分個人の目標は昔から「日本のエンジニアの地位をあげる・世界に通用する」であるのでこれはぶれないようにする。また合わせて決めていることは「選択と集中」をすること。限りあるリソースの中でできることできないこと、やるべきことやらないことを見定めて1年やる。あとは楽しむこと。 機械学習 今年技術的には一番力を入れる予定。個人的な興味と現在のサービスの性質上なんらかの形で機械学習が導入できると大きなメリットが見込めることから本格的にスタートすることにした。 機械学習の勉強会を開催する 機械学習の話をいろんな人とする プロダクトに導入する 英会話 これまでほそぼそとやっていたけど実践では全然だめという状況なのでこれをなんとか打開したい。今年は1年間継続して実践メインで徐々に英語慣れしていく。去年はPyCon APAC in マレーシアに参加したけど今年は5月末にシンガポールで開催されるということでここを一つのターゲットとしてやる。 コミュニケーションがとれること サブ目標 いくつもやりたいことをこなすなんてことは自分にはできない。けどサブとしてでもやりたいもの。 フロントエンド 去年はサブでなくもはやメインとして活動できてなおかつ執筆もできたので結果的にすごいよかった。JSはやればやるほど面白いので引き続きやる。 VueJSの深掘り Reactの深掘り CSSやる コードリーディング 今年の抱負のまとめ なにはともあれ健康で楽しく仕事ができていることがなによりなので毎日「今日も生き抜こう©」とつぶやきながらマイペースにやっていく

[Golang] Goを始めたらまずはioパッケージを知るべし

Goを書いているとio.writerとio.readerを扱うケースが頻繁に出てきますが、これはioパッケージが多くの他のパッケージのインターフェースになっているからなのでioパッケージを知っておくことで開発が楽になります。 参考書籍 本書はGoのio.Writer、io.Readerからはじまりシステムの深いところまで丁寧に説明されているのでとてもおすすめです。ioパッケージから始まっているのも納得です。Webで無料で見れますし書籍版、PDF版で購入も可能です。 Web版 https://ascii.jp/elem/000/001/235/1235262/ 書籍版 Goならわかるシステムプログラミング ioパッケージのインターフェース一覧 ioパッケージのインターフェース一覧です。Goのインターフェースの実装は、明示的にインターフェースを明示的にimplementsせず、インターフェースを満たしていたらimplementsしていることになります。 Reader(インターフェース)Writer(インターフェース)Seeker(インターフェース)Closer(インターフェース)ReadWriter(複合インターフェース)ReadCloser(複合インターフェース)WriteCloser(複合インターフェース)ReadSeeker(複合インターフェース)WriteSeeker(複合インターフェース)ReadWriteCloser(複合インターフェース)ReadWriteSeeker(複合インターフェース)ReaderFrom(インターフェース)WriterTo(インターフェース)ReaderAt(インターフェース)WriterAt(インターフェース)ByteReader(インターフェース)ByteScanner(インターフェース)ByteWriter(インターフェース)RuneScanner(インターフェース)StringWriter(インターフェース) 複合インターフェース表 Goではインターフェースにインターフェースを食わせることができ、ioパッケージで作られている複合インターフェースは以下となります。 インターフェースio.Readerio.Writerio.Seekerio.Closerio.ReadWriter◯◯  io.ReadSeeker◯ ◯ io.ReadCloser◯  ◯io.WriteSeeker ◯◯ io.WriteCloser ◯ ◯io.ReadWriteSeeker◯◯◯ io.ReadWriteCloser◯◯ ◯ インターフェースを満たしている一覧を確認する方法 以下のコマンドを叩くと対象のインターフェースを満たしているものの一覧が確認できます。 $ GOPATH=/ godoc -http “:6060” -analysis type ## 実行後以下のURLにアクセスすると`io`パッケージが確認できる http://localhost:6060/pkg/io/ Readerのimplements一覧 テストも含んでいますが沢山あります pointer type *archive/tar.Reader implements Readerpointer type *archive/tar.regFileReader implements Readerpointer type *archive/tar.sparseFileReader implements Readerpointer type *archive/tar.testFile implements Readerpointer type *archive/zip.checksumReader implements Readerpointer type *archive/zip.pooledFlateReader implements Readerpointer type *bufio.Reader implements Readerpointer type *bufio_test.StringReader implements Readerpointer type *bufio_test.emptyThenNonEmptyReader implements Readerpointer type *bufio_test.errorThenGoodReader implements Readerpointer type *bufio_test.negativeReader implements Readerpointer type *bufio_test.rot13Reader implements Readerpointer type *bufio_test.scriptedReader implements Readerpointer type *bufio_test.slowReader implements Readerpointer type *bufio_test.testReader implements Readerpointer type *bytes.Buffer implements Readerpointer type *bytes.Reader implements Readerpointer type *bytes_test.negativeReader implements Readerpointer …

PHPの empty, isset, is_null の違いをしっかり理解する

PHPの isset、empty、is_null をしっかり理解して使おうと思い整理してみました。既にこのような記事「PHP isset, empty, is_null の違い早見表」もあるのでここではこれより少し踏み込んだところまで書いてみます。 empty, isset, is_nullの違い早見表 値 if ($var) empty isset is_null $var = 1 true false true false $var = array(1) true false true false $var = “” false true true false $var = “0” false true true false $var = 0 false true true false $var = array() false true true false $var = false false true true false $var = NULL; false true false true $var false true false true まず表ですが、順番を理解しやすい形に変えてみました。下記のように赤と青のグループで分けて考えておくと理解しやすいです。これをみると「if ($var)とempty」、「issetとis_null」が対になっているのがわかります。 感覚的には、if ($var)は値がありそうだなと思うものがtrueになり、emptyも値がなさそうだな思うものがtrueになる感じがします。issetは、何かしら値がセットされてばtrue(つまり値がfalseでも結果はtrue)、is_nullは値がnullであればtrueということになります。 実際の挙動の動作確認についてはPHPUnitを使ってテストしたものをGitHubにあげているので合わせて確認してみてください。https://github.com/taisa831/AimaiPHP empty, isset, is_null の Notice や Error 出力早見表 次に、PHPのerror_reportingをE_ALLにした場合に、indexのない配列にアクセスした場合やオブジェクトが空の変数や関数にアクセスした場合の挙動をまとめてみました。 値 if ($var) empty isset is_null $var = []; …

no image

【3分で作れる】Goのコマンドラインツール by Cobra

同僚のおすすめでコマンドラインツール作成にCobraを使いました。ものすごく簡単につくれるのですが、それでも少しハマったところがあったので、コマンドラインツールを作るまでの流れを書いておきます。 前提 go version go1.14.2 darwin/amd64利用ライブラリ:https://github.com/spf13/cobra本記事のサンプルコード:https://github.com/taisa831/sandbox-cobra Index 雛形を作成するコマンドを追加するコンフィグを追加するサブコマンドを追加するまとめ 雛形を作成する 雛形作成にはgeneratorを使います。go getしてcobraコマンドを利用可能にします。 go get -u github.com/spf13/cobra/cobra cobraコマンドを実行すると以下のようなusageが表示されます。 $ cobra Cobra is a CLI library for Go that empowers applications. This application is a tool to generate the needed files to quickly create a Cobra application. Usage: cobra [command] Available Commands: add Add a command to a Cobra Application help Help about any command init Initialize a Cobra Application Flags: -a, –author string author name for copyright attribution (default “YOUR NAME”) –config string config file (default is $HOME/.cobra.yaml) -h, –help help for cobra -l, –license string name of license for the project …

no image

AWS LightsailでVirtual Hostするメモ

AWS Lightsailにwordpressを移行して、LightsailでVirtual Hostを利用したいと思ったけど、bitnami、Apacheということでどこになにがあるかわからず調べたのでメモ。 bitnamiのApache設定 /opt/bitnami/apache2/conf/bitnami/bitnami.conf この中で bitnami-apps-vhost.conf が Include されている Include “/opt/bitnami/apps/wordpress/conf/httpd-vhosts.conf” /opt/bitnami/apache2/conf/bitnami/bitnami-apps-vhosts.conf には wordpress の httpd-vhosts.conf が Include されている Include “/opt/bitnami/apps/wordpress/conf/httpd-vhosts.conf” wordpressのprefixにはDocumentRootが記述されている Include “/opt/bitnami/apps/wordpress/conf/httpd-vhosts.conf” /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/sampleのようにhtdocsの配下にディレクトリを作成してindex.htmlを置き、sample.taisablog.com ドメインにDNS設定を追加してあげればとりあえず、VirtualHostが追加できる <VirtualHost *:80> ServerName sample.taisablog.com DocumentRoot “/opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/sample” Include “/opt/bitnami/apps/wordpress/conf/httpd-app.conf” </VirtualHost> Apache再起動 sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart apache