taisablog

taisa's engineer blog

download-1

投稿日:

-

執筆者:

関連記事

2018年 半年の振り返り

2018年も半年を過ぎたので振り返る。 2018年の抱負 今年も去年と同様に2018年の抱負を書く。 2018年の抱負 去年と同様にいろんなことはできないので大目標3つ+サブ目標。これ以外にも細かいものはいくつかあるけど別途まとめる。 CTOとして 機械学習 英会話 サブ目標 引き続きフロントエンド CTOとして … 前置き 自分はあれもこれもできるタイプではないので、1年の抱負のような目標と中長期的な目標をたててそれをたまに見直しつつただこなすだけという方針にしている。やり方は結果的にこうなりたいというのをリスト化して、そこからドリルダウン式で必要なことそれを一つずつクリアしていく感じ。 2018までに立てていた中長期的な目標は、すべての項目をクリアできたので、年初にあらためて書き出してそれをまた同じように実行している。中長期的な目標と1年の目標があって、1年の目標は、主目票、サブ目標、個人活動、プライベートで分けて立てている。 CTOとしての活動 2018年1月からはスタートアップのCTOという立場で新しいスタートを切ることができた。 選択と集中 これは自分にとってもスタートアップにとっても非常に重要。やりたいことが沢山ある中で限られたリソースで如何にやるべきことをやるか。ただ今年の前半は、業務以外に書籍執筆、コミュニティ活動に結構時間を割いたので選択と集中はできなかった。前半で個人活動は一区切りついたので後半は少し抑えて選択と集中をすることにする。 開発速度と品質担保 開発速度と品質担保はフェーズによって全然やり方が違う。0→1のフェーズはとにかくアウトプットして結果を出す必要がある。今は1→10にするフェーズだと思っているのでどう進めるか色々考えた。 この段階を疎かにすると10→100にするフェーズで開発速度や品質に大きくしわ寄せがくるし、一方でやり過ぎると10→100の段階にたどり着けさえしなくなる。なのでバランスをとりながら開発速度と品質が担保できる方法を考えて進めた。どうしても大きく変えなければいけないところとかはあって、既存機能に影響を与えてしまったのは反省点。 チームビルディング チームビルディングもその時にあったやり方があると思う。去年1年間はスクラムを組んで良さを実感できたけど、今スクラムを組むのは違うと思ってやっていない。ただ、自分がだんだん何やってるのか分からなくなってきたので途中から1人スクラムをはじめた。そして最近、役割だけスクラムっぽい取り組みを入れた体制にした。 新規学習技術は機械学習 去年は、JavaScriptをメインにして活動してある一定の成果が出せたので、今年はかねてから考えていた機械学習をメインにした。そして「AIPyハンズオン勉強会」というのを開催してみんなで一気に学習することにした。 勉強会はこの半年で2回開催できた。これはほんとにやってよかった。次回は7/19に第3回を予定している。こういうのは継続が大事なので続けていきたい。 AIPy (アイパイ) ハンズオン #1 AIPy (アイパイ) ハンズオン #2 AIPy (アイパイ) ハンズオン #3 (7/19開催予定) 執筆 年末から書いていた本を無事出版することができた。書籍執筆はすごく面白いのでまた書きたい。 React、Angular、Vue.js、React Nativeを使って学ぶ はじめてのフロントエンド開発 コミュニティ活動 PyCon JP活動 今年もPyCon JPスタッフをやっているけど案の定あまり活動ができていない。それでも前半は時間を見つけて少しやったけどどうしても中途半端になるので後半の活動は抑え気味になると思う。 PyCon APACに参加する 去年に引き続き今年も参加してきた。海外カンファレンスはPyCon APACしか参加したことないけど本当に面白いので機会をつくって他も参加していきたい。今年はgihyoに参加レポート記事を寄稿した。こういったアウトプットができるのもよさの一つ。 Day1:プライバシーを機械学習でどう守るか?/機械学習の基礎と応用 英語でコミュニケーションができるように 去年PyCon APACに参加した時と比べると、少しDMM英会話をやったりテック系Podcastを聞いたりしたおかげか、普通に生活する分には英語に対する抵抗感は少し減った。トークについても去年よりは聞き取れた気はするけど、話す人によっては全然聞き取れなかったりするのでなんとも言えない。英語使う機会は今の所ないのでこれからはテック系Podcastを聞くくらいに抑える。テック系PodcastはFull transcriptがあるのでTalk Python To Meをよく聞いている。 ブログ継続 ひとつき2投稿目安だけど半年の時点で9投稿と少し少なめ。 サブ目標 サブ目標は今の所ほぼ未着手。JSの深掘りをする予定。 プライベート 草野球とソフトボールをやる 今年もThe Soulsという草野球チームで野球やってる。今季未だ負け無し。今年は草野球に加えてソフトボールもはじめた。 ハーフマラソンかフルマラソンに出る 4/14にハーフマラソンを走った。フルマラソンは経験あるけどハーフははじめて。数年前にフルマラソン走ったときよりもハーフのタイムは悪かったけどなんとか完走。秋に向けて少しずつ準備する。 株 楽天バンクと楽天証券を開設したけどそれ以上はまだ何もやっていない。ちなみに楽天証券はマイナンバーの提出が必要。 まとめ 前半のうちに個人活動はきりよくやることができたので後半は事業に注力する。あと今年は飲みに行きまくっていた。それはそれでいろんな業種の人と出会えるから楽しいけど後半は抑える。体調もたまに不安を覚えるので体調管理もちゃんとせねば。

「はじめてのフロントエンド開発」という共著本を出版しました

『React,Angular,Vue.js,React Nativeを使って学ぶ はじめてのフロントエンド開発』という共著本を2018年5月9日に出版しました。 React、Angular、Vue.js、React Nativeを使って学ぶ はじめてのフロントエンド開発 Amazonより 自分はこの中の第3章の環境構築を担当しています。お陰様で現在まで売れ行きは好調ですが、一方で誤植もいくつか見つかっていますので誤植情報についてもこの投稿でお知らせします。また、表紙をパッと見ただけでは分からない本書の内容についてや去年最新JavaScriptフロントエンドをキャッチアップした経緯などを書いていきます。 どんな本か 「どんな本か」については共著者である新井正貴の投稿にまとめられているので確認してみてください。 「はじめてのフロントエンド開発」という本を書きました – massa142’s blog 共著者として参加していた書籍『React,Angular,Vue.js,React Nativeを使って学ぶ はじめてのフロントエンド開発』が、2018/5/9に 技術評論社 さまより発売となりました。 React、Angular、Vue.js、React Nativeそれぞれが、同じサーバの APIを参照し、同様の機能を持ったアプリケーションとして作成します。 どんな本か こんな方におすすめ 書いたきっかけ パンダの由来 サポートリポジトリ 本書の内容について 書籍タイトルは『React,Angular,Vue.js,React Nativeを使って学ぶ はじめてのフロントエンド開発』ですが、タイトルに出てくるワードの他にも『フロントエンドの最新動向』『環境構築』『ES2015』『TypeScript』『Firebase』についても書かれています。 表紙をパット見ただけでは内容が分からないところもあると思うので、本書がどのような内容かを簡単にまとめてみます。 アウトライン Part1:JavaScriptフロントエンドフレームワーク最新動向 第1章:JavaScriptフロントフレームワークの興隆 第2章:SPA、PWA – フロントエンド実装技術の最新トピック Part2:フロントエンドJavaScript開発のための基礎知識と環境構築 第3章:フロントエンドJavaScript開発のための環境構築 第4章:フロントエンドJavaScript開発のための基礎知識 第5章:フロントエンドJavaScript開発のためのサーバ構築 Part3:Slackライクなサンプルで比べて学ぶ React/Angular/Vue.js 第6章:React入門 & 徹底活用 第7章:Angular入門 & 徹底活用 第8章:Vue.js入門 & 徹底活用 Part4:Slackライクなサンプルで学ぶ React Native 第9章:React Native 入門 & 徹底活用 大きな流れ まずPart1で「JavaScriptフロントエンドの最新動向」を解説し、Part2で「環境構築」「ES2015」「TypeScript」「FirebaseによるAPIサーバの構築」などフロントエンド開発の事前準備をします。 Part3、4では「React」「Angular」「Vue.js」「React Native」それぞれの章の最初の入門で基礎知識を解説した後、同一のAPIを利用しSlackライクなサンプルアプリを作ります。それぞれが同一APIを使って同じアプリケーションをつくることでそれぞれの特徴を掴めるような構成になっています。 各Partについて Part 1:JavaScriptフロントエンドフレームワーク最新動向 第1章では「React」「Angular」「Vue.js」「React Native」に関する解説や比較をしています。また本書で扱うフレームワーク/ライブラリ以外(Polymer、Ember.js、Riot.js、Vanilla.js、Native Script、Weex、A-Frame、React VR)についてもそれぞれジャンル分けしながら取り上げて解説しています。 第2章では「SPA」「PWA」に関連する技術的な内容(クライアントサイドルーティング、CSS in JS、コンポーネント指向、SSRとプリレンダリング、バーチャルDOM、MVCとMVPとMVVM、Flux、PWA、Electron など)を取り上げて解説しています。 Part1を読むことで最新のJavaScriptフレームワークの動向を掴みつつ、フロントエンドに関する技術的な面を把握することができると思います。 Part 2:フロントエンドJavaScript開発のための基礎知識と環境構築 第3章では「node.jsのインストール」から「npm」「package.json」「webpack」「IDE(VS Code)」まで、開発に必要な環境構築について取り上げて解説しています。既に環境がある人にとっては飛ばしても良い内容ですが、一方で環境構築周りで躓く人も一定数いると思うので、その場合はこの章を進めていけば開発環境を構築することができます。 第4章では「ES2015」「TypeScript」について解説しています。第5章では「Firebase」を使って以降の章で利用するAPIサーバの立ち上げについて解説しています。 Part 3:Slackライクなサンプルで比べて学ぶ React/Angular/Vue.js、Part 4:Slackライクなサンプルで学ぶ React Native 第6、7、8、9章では、それぞれの章において各フレームワーク/ライブラリへの入門をした後サンプルアプリを作るという流れになります。 本書は(特にPart 3とPart 4)は、ただ読み進めるよりも実際にコードを書いて動かしてみてほしいというのが思いとしてあります。 中には「はじめての」というタイトルの割には敷居が高いと感じる人もいるかもしれませんが、とにかく書いて動かしてみて比較してみてほしいです。 誤植情報 誤植情報については以下のページにまとめていて、随時更新していますので何かあったらTweetしたりissuesにあげたりしてもらえると助かります。 okachijs/jsframeworkbook Contribute to jsframeworkbook development …

GORMでよく使うSQLの書き方

GORMでよく使うSQLの書き方をメモとして残しておきます。詳細は記事最後の参考リンクの公式ドキュメントで確認できます。 CREATE insertするだけであれば create を利用します。 db.Create(&models.User{Name: “user”}) # 実行SQL INSERT INTO “users” (“created_at”,”updated_at”,”name”,”email”) VALUES (‘2020-04-25 11:22:00′,’2020-04-25 11:22:00′,’user’,0) UPDATE 特定のフィールドだけ更新したい場合、 Update と Updates を使います。 update 一つのフィールドだけアップデートします。 user := &models.User{Name: “user”} db.Create(user) db.Model(user).Update(“name”, “user2”) # 実行SQL INSERT INTO “users” (“created_at”,”updated_at”,”name”,”email”) VALUES (‘2020-04-25 11:34:39′,’2020-04-25 11:34:39′,’user’,”) UPDATE “users” SET “name” = ‘user2’, “updated_at” = ‘2020-04-25 11:34:39’ WHERE “users”.”id” = 5 updates updates は map を利用して複数のフィールドをアップデートします。 user := &models.User{Name: “user”} db.Create(user) db.Model(user).Updates(map[string]interface{}{“name”: “user3”, “email”: “g5.taisa831@gmail.com”}) # 実行SQL INSERT INTO “users” (“created_at”,”updated_at”,”name”,”email”) VALUES (‘2020-04-25 11:39:52′,’2020-04-25 11:39:52′,’user’,”) UPDATE “users” SET “email” = ‘g5.taisa831@gmail.com’, “name” = ‘user3’, “updated_at” = ‘2020-04-25 11:39:52’ WHERE “users”.”id” = 6 SAVE Save は SQL を実行する際にすべてのフィールドを含みます。フィールドを指定しなくても空にはなりません。 user := &models.User{Name: …

プログラミング言語の歴史を見える化してみた

「まつもとゆきひろ 言語のしくみ」と「Talk Python #100」のGuidoの回をたまたま同時期に見聞きしたら言語の歴史を調べたくなった。言語は少なからず他の言語から影響を受けたり、他の言語に影響を与えたりしている。ということでその影響関係をwikipediaの情報を元に見える化してみた。 まつもとゆきひろ 言語のしくみ ぐちゃ〜。。。これだけ見ると複雑に絡み合ってよくわからない。ただ見たい言語をクリックするとその言語がフォーカスされどの言語がどの言語に影響を与えどの言語に影響を受けたかが見やすくなる。 使い方 ソースはこちら GitHub taisa831/Langury Contribute to Langury development by creating an account on GitHub. 多重継承が可能なC++で(ただクラスをつくってるだけ)doxygenとgraphvizを使って出力している。 インストール DoxygenとGraphvizをインストールする。 brew install doxygen brew install graphviz Languryをクローンする。 git clone git@github.com:taisa831/Langury.git cd Langury 出力 doxygenコマンドを実行してHTMLを出力して開く。 doxygen open html/index.html select Classes -> Class Hierarchy 対象言語 ここで取り上げた言語はwikipediaの以下を対象にした。 ※一部記載なし。 ※実際とは異なっていたり足りてない箇所があるご注意ください。 各言語について 1950年代:FORTRAN、LISP、ALGOL、COBOL 1960年代:CPL、BASIC、PL/I、BCPL、Simula、LOGO、B 1970年代:Forth、Pascal、C、Prolog、Smalltalk、ML、AWK、Ada 1980年代:C++、Objective-C、Common Lisp、Eiffel、Erlang、Perl 1990年代:Python、Tcl/Tk、Haskell、Visual Basic、Ruby、Lua、Delphi、Java、JavaScript、PHP、OCaml、SuperCollider、R 2000年代:C#、Scala、D、F#、Go 2010年代:Ceylon、Rust、Dart、Elixir、Hack、Swift 1950年代 FORTRAN 1954年にIBMのジョン・バッカスによって考案された。コンピュータにおいて広く使われたプログラミング史上最初の高水準言語。 LISP 1958年にジョン・マッカーシーによってはじめて設計された。高水準プログラミング言語の中ではFORTRANに次いで2番目に古い。LISPの名前は「list processor」に由来している。 ALGOL 1950年代中ごろに開発され、多くの言語に影響を及ぼした。ACMや教科書や学術論文などでアルゴリズム記述のデファクトスタンダードとして30年以上使われ、ほぼ同世代の高水準言語であるFORTRAN、LISP、COBOLに比べて最も成功した。設計者はバウアー、 ルティシュハウザー、 サメルソン、 バッカス、 パリス、 ナウア、 ファン・ワインハールデン、 マッカーシー他。FORTRANで明らかとなった問題を防ぐよう設計された。「ALGOL」は「アルゴリズム言語」を意味する英語「algorithmic language」に由来する。 COBOL 1959年に事務処理用に開発されたプログラミング言語。名前は「Common Business Oriented Language」(共通事務処理用言語)に由来する。 1960年代 CPL CPLはケンブリッジ大学の数学研究所とロンドン大学コンピュータ部の共同プロジェクトとして1960年代に開発された。C言語の遠い祖先となった言語でクリストファー・ストレイチーが関与している。Combined Programming Language「統合プログラミング言語」の意。 BASIC 1964年に米国ダートマス大学にて数学者ジョン・ケメニーとトーマス・カーツにより教育用などを目的としてダートマスBASICが開発された。初心者向けのプログラミング言語として、1970年代以降のコンピュータ(特にパソコン)で広く使われた。Windowsアプリケーションの主力な開発言語であるVisual Basicの文法に影を残している。 PL/I 1964年に生まれ。教育機関、商用、工業で使用され現在も使われている。「programming language one」(ピーエルワン)に由来する。 BCPL Basic Combined Programming Language、Basic-CPLは、1966年にケンブリッジ大学のマーチン・リチャーズが設計した。B言語の基礎で、B言語から派生したC言語は文法的にBCPLの亜種。 Simula オルヨハン・ダールとクリステン・ニガードによってALGOL60を拡張する形で1960年代に開発が始められたシミュレーション用途のプログラミング言語(登場時期は1967年)。世界最初のオブジェクト指向言語であると言われる。 …

no image

平成最後にEvernoteの昔のエモい感じのメモ達を供養する

今年、持ってる本をすべてリサイクルに出した。そして今や自分の荷物はほとんどないと言っていいくらい無くなった。情報も整理したくなったのでとりあえずEvernoteに残ってるよくわからないメモ達も消してみた。すると昔悶々としてたんだな〜みたいなメモが見つかった。折角だからそんな昔のエモい感じのメモ達をさらしてから削除する。 SI会社に残らない理由 近い将来移民が大量に入ってくる その頃には課長または部長になっている程度 エンジニアとして対応できるようになってたい 求心力がない 名前だけでかくて組織が時代についていけていない 40代以上の人間がぎりぎり、50代以上の人間は定年を待つばかり 使えない派遣が集まる 会社自体に魅力がない 優秀な人材は入ってこないし出ていく 君がオヤジになる前に 一週間に一本アプリリリース モテル 家を持つリスク 結婚するリスク オヤジ化が加速する 子供にいい思いをさせることはそこまで必要か 狭い家に住んでいた時代も経験していてよいのでは? そのような体験が逆にうらやましかったこともある。 情報量 突き抜けること 保険には入らない 何十年先のことを憂う必要があるのか 気持ち悪い昔からの風習がある 昔の美徳は今の美徳ではない 英語はのりで 君がオヤジになる前に 「君がオヤジになる前に」という本を読んだ時のメモとその時に感じがことが書いてあると思われる 『今はまだ』という呪文 起業時代 今はまだ実力がないから というがその気になれば実は一週間または一ヶ月死ぬ気でやればそれなりに戦える実力がつくのではないか そういう人間に限って本を買って終了ということがほとんど 何年かすればそれなりにできる自分になっていると思い込んでいる SIer時代 同様に人材派遣をするSE業界でも、 今はまだ我慢してやってくれ。 そのうち景気が上向きになるときを待つ 今はまだ動き時でない ではいつなのか? 周囲の人たち、親 今はまだやめとけ とりあえず大手に入っておけ 『今はまだ』と『とりあえず』のダブルパンチ とりあえずといって何十年も経過していくのが目に見えている そしてかぶせるようにサラリーマンは我慢だと 戦わない人が多すぎる Noと言えない日本人ニアルイコール ただNoと言う必要があるのではなく、交渉しよう、戦おう 日本の政治も同様 いいカッコしいはやめよう どうせいいカッコするのであれば我慢はやめよう、戦う姿を見せよう 部下に迷惑がかかる さされそうになったら必死で抵抗するだろう 上司だろうが客であろうが頭が上がらない人であろうと関係ない 交渉しよう 交渉することを楽しもう 恋愛もそう 後からでは遅い、そのとき戦わなくては その為に準備している必要があるだろう また、急に戦場にたたされ先制攻撃を受けてしまったら 一旦保留して戦略を練ろう 体制を整えよう 少しだけでも有利にしよう 常に先制攻撃ができるようにしよう リスクを回避しよう 最悪の事態を避けよう アラームをあげよう 人生の命題 世界中でアプリケーションを作る 世界をアプリケーションを作りしながらまわる 超解釈 変化に対応していく対応力 対応していくしかない 変化は能力のあるひとがやるのさ 他にはないものをつくる もしくは他にあるもののコピーをつくる 無題ノート ふけとか、衰えとか、関係、かいもん、ねー! いずれのメモも平成22年〜26年くらいに書かれたメモだった。 平成最後にこれらのメモ達をここに供養します。