taisablog

taisa's engineer blog

未分類

2019年前半の振り返り

投稿日:

2019年が半年を過ぎたので振り返ります。

2019年の抱負

本業頑張るのはもとより、2019年の抱負がある程度固まってきたので書いておきます。 これまでAWSを自分で多く触るケースはあまりありませんでしたが、GCPを使うケースが増えてきたので今年からはAWSではなくGCPをたくさん触っていこうと思います。 …

Google Cloud Platformを使う

Firebaseを触る機会があって、FirestoreCloud Functionsを扱いました。あとGCEに migro instance を使って sandbox ページ( http://sandbox.taisablog.com/)を立ててみたりしました。 FirebaseGCEもかなりいい感じなので今後は個人でちょくちょく使っていくと思います。

数学をやる

間に合わせ程度に以下の投稿にある内容をやりました。次はまたしばらく必要になりそうなタイミングになったら進めてみようと思います。

宅建をとる

いろいろと調べたり少しやってみたりしたところ、以下をやればなんとか合格できる気がしましたが状況が変わってきたので受験するのはやめました。

  • 宅建みやざき塾でテキストを購入(テキストだけの購入は不可)
  • 何回か講義を受ける
  • 3月頃にはじめて10月に向けて通勤時間などを活用して約300時間くらい費やす
  • 直前に対策講義を受ける

体力をつける

相変わらず走れていませんが軽い筋トレをしつつ体重は4キロ程減らせました。あと3キロ減が目標です。

ブログ記事

1月から6月末までで11記事でした。年間月2記事で24記事を目安にしているので1記事程足りないペースでした。

7月の記事

目標の見直し

2019年後半は以下をがっちり身に着けることを目標にします。目標の詳細については違うタイミングで少しブレイクダウンする予定です。

技術系

  • JavaScript(Vue.js)
  • Go
  • CSS / Stylus
  • AWS

その他

  • 健康体を維持する / 体力をつける

-未分類
-

執筆者:

関連記事

no image

2016年の振り返り

2017年になってもう3ヶ月が過ぎようとしているけど、今年初投稿なので今更ながら2016年の振り返りをする。 2016年前半 2016年前半はWeb業界に来て初めてWebサービスの受託開発をした。5年前にSIerからWeb業界に来て以来初めての受託開発だった。プロジェクト前半は若手エンジニア2人いたが、色々な都合により後半は自分1人になりそこからは1人最後までやることになった。 SIerにいた頃、小さめのプロジェクトであれば自分一人でやることはあったが、今回のような大きめのプロジェクトで0→1のサービス開発をマネージメントしながら開発するというのは初めてだった。ローンチ後は何事もなく稼働しているのでよくやったと思えたもののWebサービスの受託開発の難しさを思い知った。 Laravelについて 開発はPHP+Laravelを使った。初めて使ったフレームワークだったが、日本語ドキュメントがしっかりしているのでほぼそれだけで開発を進めることができた。 https://readouble.com/laravel/5.1/ja/installation.html 主なプラグインは以下を使った。 laravel-debugbar laravel-ide-helper Intellij Laravel-Plugin 2016年後半 サービス開発に戻り、戻ってからは主に以下のことをやった。 決済システム導入 CI環境の再整備 ステージング環境の整備と追加 PHPUnit+Phakeによるユニットテストの本格導入 サーバのオートスケール 決済システム導入 これは、受託開発が都合により伸びた為、設計までして他のメンバーに引き継ぐすることになってしまったが、その後、また引き継ぎ開発を進めていった。「決済」といったシステムを扱ったことで良い経験ができたように思う。 CI環境の再整備 サービスの拡大、人の入れ替わり、増加により以前自分で立てたJenkinsのCI環境が整備されずひどい状況になりつつあったので整備した。Jenkins2へのバージョンアップもこのタイミングで行った。 ステージング環境の整備と追加 人員に対してステージング環境があきらかに枯渇していたので再整備と追加をした。具体的にはシステムだけでなく運用者もリリース前テストで利用する為、ステージング環境利用待ちのようなものが発生している状況だった。また、いくつかのサービスがつながっていることもあり環境がブラックボックス化していたのを再構築しドキュメント化しつつ環境を増やした。テスト環境大事。 PHPUnit+Phakeによるユニットテストの本格導入 UnitTestも以前は書くよう推奨していたが形骸化している状況だった。また、新卒メンバーが入ってそもそもテストが書けないメンバーもいる状況だった。これに対して、ハンズオンを開催しある程度書けるところまで持っていき、それ以降はプロダクト開発時にフォローするという形で最終的にはメンバー全員が必ずUnitTestを書くというところまで持っていくことができた。また、テストが増える従って、修正時の確認コストが減り品質が上がってきている実感が得られた。 サーバのオートスケール アクセスが増え、ときに突発的に高負荷が来るという事象が増えてきて、その度にサーバをたて、デプロイスクリプトに新しいサーバを追加しデプロイするということをやっていた。それもいい加減面倒だし事前アナウンスがなければ対応ができないので、常にS3に最新ソースを配置しておき、あとは負荷検知により自動的にサーバを増やすという仕組みを導入した。 社外活動とアウトプット 2015年末に子供が生まれたことと2016年の前半の受託開発に忙殺されたことで全くできなかった。2017年は落ち着いて来たこともあり活動を増やす予定。 まとめ 2016年後半の取り組みに関しては、2017年から始めるスクラムの取り組みの為の下準備という意味合いもあり、テストや環境系の整備をメインに行った。これにより2017年からの取り組みをスムーズに始められたと思う。

no image

2017年の振り返り ~活動報告~

2017年のインプットとアウトプットを整理しながら振り返る。 読書 大体以下の本を読んだ。今年は書評ブログも書こう。 SCRUM BOOT CAMP THE BOOK ジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメント スクラム実践入門 ── 成果を生み出すアジャイルな開発プロセス (WEB+DB PRESS plus) JavaScript: The Good Parts ―「良いパーツ」によるベストプラクティス JavaScriptパターン ―優れたアプリケーションのための作法 JavaScript Ninjaの極意 まつもとゆきひろ 言語のしくみ ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装 ゼロからはじめるデータサイエンス ―Pythonで学ぶ基本と実践 Real World HTTP ―歴史とコードに学ぶインターネットとウェブ技術 みんなのGo言語[現場で使える実践テクニック] SQLアンチパターン ブログ 合計17本書いた。1、2月は外したけど概ね月1ペースは保てたのでよかった。今年も最低同じペースか月2本ペースで書きたい。 外部LT そもそも外部でLTをすることが目標だったからできてよかった。実際にはもう一つやったけど SlideShip じゃなかったから資料がみれなくなった。SlideShip最高! コミュニティ活動 PyCon JP 2017 in Tokyo スタッフ 去年活動できなくて残念だったから今年はコミットできたし当日参加もできたから最高だった。 カンファレンス参加 PyCon APAC 2017 – PyCon in Malaysia and python in general AWS Summit Tokyo 2017 Day2、Day3 PyCon APAC は行きたくて行けてなかったイベントだったから行けて本当によかった。 今年もなんとか参加したい。 英語 Talk Python To Me DMM英会話 海外ドラマ・映画 Walking Dead メンタリスト プリズン・ブレイク なんとか英語に触れられた一年になった。今年はもう少し比重を多くする予定。 ライブ Perfume FES!! 2017 Perfume×電気グルーヴ@幕張 5th ANNIVERSARY SILENT SIREN LIVE TOUR 2017 『新世界』@武道館 Яealライブ@渋谷www SILENT …

no image

申告と節税について整理した。税率?青色?白色?扶養控除?など

フリーランスではないけど確定申告する機会があったりと税金のことを考える機会が増えたので大分昔に買った「フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。」という本を読み返しました。かなり昔の本ですが大きくは変わっていないと思うのでまだ大丈夫かなと思っています。ただ間違いがある可能性もあるのでその点はご注意ください。指摘も大歓迎です。税金については、その時理解した気になってもすぐ忘れてしまうので大事なところだけメモとして残しておきます。 フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。 Amazonより 最終的な納税額はどのように決まるか 最終的な納税額は次のように決まります。 年の稼ぎ 売上(収入)- 経費 = 所得 税金の対象 所得 – 各種控除 = 課税所得 最終的な税額 課税所得 × 所得税率 = 納付税額 所得税の速算表 課税される所得金額 税率 控除 以下 超 195万円 5% 0 195万円 330万円 10% 97,500円 330万円 695万円 20% 427,500円 695万円 900万円 23% 636,500円 900万円 1800万円 33% 1,536,000円 1800万円 40% 2,796,000円 ここで初めて知ったのが、所得に応じて税率はあがっていきますが、限度額を超えた分だけがその税率で納税する対象になるという仕組みでした。つまりそれが「控除」に該当するもの。少し控除はあるものの課税所得の限度額を超えたら全ての所得がその税率で計算されると思ってました。どういうことか具体例をあげてみます。 課税される所得金額が200万円の場合 5%までの金額を計算 195万円 × 5% = 97,500円 10%になった分の金額を計算 5万円 × 10% = 5,000円 5%までのと10%分の金額を足す 97,500円 + 5,000円 = 102,500円 所得金額が200万円の場合は、195万円を超えた5万円分んだけ税率が10%になり、納税額は102,500円となります。これは単純に以下のように控除額を引く計算方法でやっても同じ結果となります。 単純に計算して後から控除額を引く 200万円 × 10% – 97,500 = 102,500円 じゃあ税率があがった場合はどうなるの?というのが疑問になったので同じように計算してみました。 課税される所得金額が340万円の場合 順番に計算した場合(10%の控除額を引く) 330万円 × 10% + 10万円 * 20% – 97,500円 = 252,500円 単純に計算して後から控除額を引いた場合 340万円 × 20% – 427,500円 = …

「PyCon APAC 2018 in Singapore」参加レポートを寄稿した

PyCon APAC 2018 in Singaporeに参加してgihyo.jpさんにてレポートを寄稿した。 今年のレポートはPyCon JPのスタッフと元スタッフメンバーで書いた。カンファレンスのセッションレポートだけでなくカンファレンス参加に関連するコラムも盛り込んでいてめちゃくちゃ読み応えのある内容になったと思う。 Day1レポート 目次 Day1 PyCon APACとは シンガポールと今年のカンファレンス会場 Keynote ~ Tell me your secrets – Privacy in machine learning systems セッション Build a Data-Driven Web App That Everyone Can Use TeaTeaching Computers ABCs: A Quick Intro to Natural Language Processing Better Care and Feeding of Machine Learning Model コラム APACで発表者をしてみて PyCon APACミーティング 終わりに Day1:プライバシーを機械学習でどう守るか?/機械学習の基礎と応用 こんにちは, taisaです。2018年5月31日(木)~6月2日(土)にかけて行われた「 PyCon APAC 2018 in Singapore 」に参加してきました。本レポートでは最後の2日間に行われたカンファレンスデイの様子やセッション以外の現地滞在の様子などを2回に分けて,当日参加したPyCon JPスタッフや元スタッフのメンバーがお届けします。 PyCon … Day2レポート 目次 Day2 keynote セッション Concurrency vs Parallelism Elements of Programming Interviews in Python Streaming data processing pipelines with Apache Beam in Python, naturally! コラム PyCon APACの開催国となったシンガポールについて 海外カンファレンスに参加してみて 2日目の夜について 終わりに …

no image

2018年の抱負

今年も去年と同様に2018年の抱負を書く。 2018年の抱負 去年と同様にいろんなことはできないので大目標3つ+サブ目標。これ以外にも細かいものはいくつかあるけど別途まとめる。 CTOとして 機械学習 英会話 サブ目標 引き続きフロントエンド CTOとして 今年1月から不動産テックのスタートアップカンパニーであるCocolive.Inc(ココリブ)にCTOとしてジョインした。エンジニアとして長年やってきたけどCTOははじめて。そしてスタートアップながら良いエンジニアが5人集まったという好状況なのでこれまでのチームビルディングの経験を活かしつつ会社を成長させていきたい。自分個人の目標は昔から「日本のエンジニアの地位をあげる・世界に通用する」であるのでこれはぶれないようにする。また合わせて決めていることは「選択と集中」をすること。限りあるリソースの中でできることできないこと、やるべきことやらないことを見定めて1年やる。あとは楽しむこと。 機械学習 今年技術的には一番力を入れる予定。個人的な興味と現在のサービスの性質上なんらかの形で機械学習が導入できると大きなメリットが見込めることから本格的にスタートすることにした。 機械学習の勉強会を開催する 機械学習の話をいろんな人とする プロダクトに導入する 英会話 これまでほそぼそとやっていたけど実践では全然だめという状況なのでこれをなんとか打開したい。今年は1年間継続して実践メインで徐々に英語慣れしていく。去年はPyCon APAC in マレーシアに参加したけど今年は5月末にシンガポールで開催されるということでここを一つのターゲットとしてやる。 コミュニケーションがとれること サブ目標 いくつもやりたいことをこなすなんてことは自分にはできない。けどサブとしてでもやりたいもの。 フロントエンド 去年はサブでなくもはやメインとして活動できてなおかつ執筆もできたので結果的にすごいよかった。JSはやればやるほど面白いので引き続きやる。 VueJSの深掘り Reactの深掘り CSSやる コードリーディング 今年の抱負のまとめ なにはともあれ健康で楽しく仕事ができていることがなによりなので毎日「今日も生き抜こう©」とつぶやきながらマイペースにやっていく