taisablog

taisa's engineer blog

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-20-19-38-07

投稿日:

-

執筆者:

関連記事

no image

2016年の振り返り

2017年になってもう3ヶ月が過ぎようとしているけど、今年初投稿なので今更ながら2016年の振り返りをする。 2016年前半 2016年前半はWeb業界に来て初めてWebサービスの受託開発をした。5年前にSIerからWeb業界に来て以来初めての受託開発だった。プロジェクト前半は若手エンジニア2人いたが、色々な都合により後半は自分1人になりそこからは1人最後までやることになった。 SIerにいた頃、小さめのプロジェクトであれば自分一人でやることはあったが、今回のような大きめのプロジェクトで0→1のサービス開発をマネージメントしながら開発するというのは初めてだった。ローンチ後は何事もなく稼働しているのでよくやったと思えたもののWebサービスの受託開発の難しさを思い知った。 Laravelについて 開発はPHP+Laravelを使った。初めて使ったフレームワークだったが、日本語ドキュメントがしっかりしているのでほぼそれだけで開発を進めることができた。 https://readouble.com/laravel/5.1/ja/installation.html 主なプラグインは以下を使った。 laravel-debugbar laravel-ide-helper Intellij Laravel-Plugin 2016年後半 サービス開発に戻り、戻ってからは主に以下のことをやった。 決済システム導入 CI環境の再整備 ステージング環境の整備と追加 PHPUnit+Phakeによるユニットテストの本格導入 サーバのオートスケール 決済システム導入 これは、受託開発が都合により伸びた為、設計までして他のメンバーに引き継ぐすることになってしまったが、その後、また引き継ぎ開発を進めていった。「決済」といったシステムを扱ったことで良い経験ができたように思う。 CI環境の再整備 サービスの拡大、人の入れ替わり、増加により以前自分で立てたJenkinsのCI環境が整備されずひどい状況になりつつあったので整備した。Jenkins2へのバージョンアップもこのタイミングで行った。 ステージング環境の整備と追加 人員に対してステージング環境があきらかに枯渇していたので再整備と追加をした。具体的にはシステムだけでなく運用者もリリース前テストで利用する為、ステージング環境利用待ちのようなものが発生している状況だった。また、いくつかのサービスがつながっていることもあり環境がブラックボックス化していたのを再構築しドキュメント化しつつ環境を増やした。テスト環境大事。 PHPUnit+Phakeによるユニットテストの本格導入 UnitTestも以前は書くよう推奨していたが形骸化している状況だった。また、新卒メンバーが入ってそもそもテストが書けないメンバーもいる状況だった。これに対して、ハンズオンを開催しある程度書けるところまで持っていき、それ以降はプロダクト開発時にフォローするという形で最終的にはメンバー全員が必ずUnitTestを書くというところまで持っていくことができた。また、テストが増える従って、修正時の確認コストが減り品質が上がってきている実感が得られた。 サーバのオートスケール アクセスが増え、ときに突発的に高負荷が来るという事象が増えてきて、その度にサーバをたて、デプロイスクリプトに新しいサーバを追加しデプロイするということをやっていた。それもいい加減面倒だし事前アナウンスがなければ対応ができないので、常にS3に最新ソースを配置しておき、あとは負荷検知により自動的にサーバを増やすという仕組みを導入した。 社外活動とアウトプット 2015年末に子供が生まれたことと2016年の前半の受託開発に忙殺されたことで全くできなかった。2017年は落ち着いて来たこともあり活動を増やす予定。 まとめ 2016年後半の取り組みに関しては、2017年から始めるスクラムの取り組みの為の下準備という意味合いもあり、テストや環境系の整備をメインに行った。これにより2017年からの取り組みをスムーズに始められたと思う。

no image

2020年の抱負

気づけば長年PHPの環境にいましたが、昨年あらたな環境で開発できるようになったのでこれらを軸にビジネスにつなげていきたいと思います。 毎年書いていますが、自分は積んでるエンジンが小さい上に車体も故障気味なので多くのことはできないですが、できる限り工夫してやっていきます。 GolangVueJSReactTypeScriptAWSPython (Flask)執筆ブログ継続 中長期的な話 3~5年スパンで中長期的なことを考えてやりたいこと・やらないことを決めて微調整しながらコツコツやっていますが、昨年環境が変わったこともありあらためて少し考え直しました。 楽しく仕事をする 今がめちゃくちゃ楽しいのでこれを維持したいのが本音です。ビジネスが広がりつつこれを維持しつつ更によくすることに注力します。 良いプロダクト良いメンバー良い技術スタック これが自分の意識する3本柱です。どれがかけてもだめなのでこれらをどうするかを考えて行動します。 生活面 体力の衰え、太りやすさを感じる年齢にもなってきたので昨年末から下記をするようになりました。これらをスモールスタートで継続します。 腕立て・スクワット・プランクランニング家で飲みすぎない家でタバコをなるべく吸わない ブログ書くネタが沢山できて嬉しい限り。そして何より「家内安全」「健康第一」で!

no image

平成最後にEvernoteの昔のエモい感じのメモ達を供養する

今年、持ってる本をすべてリサイクルに出した。そして今や自分の荷物はほとんどないと言っていいくらい無くなった。情報も整理したくなったのでとりあえずEvernoteに残ってるよくわからないメモ達も消してみた。すると昔悶々としてたんだな〜みたいなメモが見つかった。折角だからそんな昔のエモい感じのメモ達をさらしてから削除する。 SI会社に残らない理由 近い将来移民が大量に入ってくる その頃には課長または部長になっている程度 エンジニアとして対応できるようになってたい 求心力がない 名前だけでかくて組織が時代についていけていない 40代以上の人間がぎりぎり、50代以上の人間は定年を待つばかり 使えない派遣が集まる 会社自体に魅力がない 優秀な人材は入ってこないし出ていく 君がオヤジになる前に 一週間に一本アプリリリース モテル 家を持つリスク 結婚するリスク オヤジ化が加速する 子供にいい思いをさせることはそこまで必要か 狭い家に住んでいた時代も経験していてよいのでは? そのような体験が逆にうらやましかったこともある。 情報量 突き抜けること 保険には入らない 何十年先のことを憂う必要があるのか 気持ち悪い昔からの風習がある 昔の美徳は今の美徳ではない 英語はのりで 君がオヤジになる前に 「君がオヤジになる前に」という本を読んだ時のメモとその時に感じがことが書いてあると思われる 『今はまだ』という呪文 起業時代 今はまだ実力がないから というがその気になれば実は一週間または一ヶ月死ぬ気でやればそれなりに戦える実力がつくのではないか そういう人間に限って本を買って終了ということがほとんど 何年かすればそれなりにできる自分になっていると思い込んでいる SIer時代 同様に人材派遣をするSE業界でも、 今はまだ我慢してやってくれ。 そのうち景気が上向きになるときを待つ 今はまだ動き時でない ではいつなのか? 周囲の人たち、親 今はまだやめとけ とりあえず大手に入っておけ 『今はまだ』と『とりあえず』のダブルパンチ とりあえずといって何十年も経過していくのが目に見えている そしてかぶせるようにサラリーマンは我慢だと 戦わない人が多すぎる Noと言えない日本人ニアルイコール ただNoと言う必要があるのではなく、交渉しよう、戦おう 日本の政治も同様 いいカッコしいはやめよう どうせいいカッコするのであれば我慢はやめよう、戦う姿を見せよう 部下に迷惑がかかる さされそうになったら必死で抵抗するだろう 上司だろうが客であろうが頭が上がらない人であろうと関係ない 交渉しよう 交渉することを楽しもう 恋愛もそう 後からでは遅い、そのとき戦わなくては その為に準備している必要があるだろう また、急に戦場にたたされ先制攻撃を受けてしまったら 一旦保留して戦略を練ろう 体制を整えよう 少しだけでも有利にしよう 常に先制攻撃ができるようにしよう リスクを回避しよう 最悪の事態を避けよう アラームをあげよう 人生の命題 世界中でアプリケーションを作る 世界をアプリケーションを作りしながらまわる 超解釈 変化に対応していく対応力 対応していくしかない 変化は能力のあるひとがやるのさ 他にはないものをつくる もしくは他にあるもののコピーをつくる 無題ノート ふけとか、衰えとか、関係、かいもん、ねー! いずれのメモも平成22年〜26年くらいに書かれたメモだった。 平成最後にこれらのメモ達をここに供養します。

「はじめてのフロントエンド開発」という共著本を出版しました

『React,Angular,Vue.js,React Nativeを使って学ぶ はじめてのフロントエンド開発』という共著本を2018年5月9日に出版しました。 React、Angular、Vue.js、React Nativeを使って学ぶ はじめてのフロントエンド開発 Amazonより 自分はこの中の第3章の環境構築を担当しています。お陰様で現在まで売れ行きは好調ですが、一方で誤植もいくつか見つかっていますので誤植情報についてもこの投稿でお知らせします。また、表紙をパッと見ただけでは分からない本書の内容についてや去年最新JavaScriptフロントエンドをキャッチアップした経緯などを書いていきます。 どんな本か 「どんな本か」については共著者である新井正貴の投稿にまとめられているので確認してみてください。 「はじめてのフロントエンド開発」という本を書きました – massa142’s blog 共著者として参加していた書籍『React,Angular,Vue.js,React Nativeを使って学ぶ はじめてのフロントエンド開発』が、2018/5/9に 技術評論社 さまより発売となりました。 React、Angular、Vue.js、React Nativeそれぞれが、同じサーバの APIを参照し、同様の機能を持ったアプリケーションとして作成します。 どんな本か こんな方におすすめ 書いたきっかけ パンダの由来 サポートリポジトリ 本書の内容について 書籍タイトルは『React,Angular,Vue.js,React Nativeを使って学ぶ はじめてのフロントエンド開発』ですが、タイトルに出てくるワードの他にも『フロントエンドの最新動向』『環境構築』『ES2015』『TypeScript』『Firebase』についても書かれています。 表紙をパット見ただけでは内容が分からないところもあると思うので、本書がどのような内容かを簡単にまとめてみます。 アウトライン Part1:JavaScriptフロントエンドフレームワーク最新動向 第1章:JavaScriptフロントフレームワークの興隆 第2章:SPA、PWA – フロントエンド実装技術の最新トピック Part2:フロントエンドJavaScript開発のための基礎知識と環境構築 第3章:フロントエンドJavaScript開発のための環境構築 第4章:フロントエンドJavaScript開発のための基礎知識 第5章:フロントエンドJavaScript開発のためのサーバ構築 Part3:Slackライクなサンプルで比べて学ぶ React/Angular/Vue.js 第6章:React入門 & 徹底活用 第7章:Angular入門 & 徹底活用 第8章:Vue.js入門 & 徹底活用 Part4:Slackライクなサンプルで学ぶ React Native 第9章:React Native 入門 & 徹底活用 大きな流れ まずPart1で「JavaScriptフロントエンドの最新動向」を解説し、Part2で「環境構築」「ES2015」「TypeScript」「FirebaseによるAPIサーバの構築」などフロントエンド開発の事前準備をします。 Part3、4では「React」「Angular」「Vue.js」「React Native」それぞれの章の最初の入門で基礎知識を解説した後、同一のAPIを利用しSlackライクなサンプルアプリを作ります。それぞれが同一APIを使って同じアプリケーションをつくることでそれぞれの特徴を掴めるような構成になっています。 各Partについて Part 1:JavaScriptフロントエンドフレームワーク最新動向 第1章では「React」「Angular」「Vue.js」「React Native」に関する解説や比較をしています。また本書で扱うフレームワーク/ライブラリ以外(Polymer、Ember.js、Riot.js、Vanilla.js、Native Script、Weex、A-Frame、React VR)についてもそれぞれジャンル分けしながら取り上げて解説しています。 第2章では「SPA」「PWA」に関連する技術的な内容(クライアントサイドルーティング、CSS in JS、コンポーネント指向、SSRとプリレンダリング、バーチャルDOM、MVCとMVPとMVVM、Flux、PWA、Electron など)を取り上げて解説しています。 Part1を読むことで最新のJavaScriptフレームワークの動向を掴みつつ、フロントエンドに関する技術的な面を把握することができると思います。 Part 2:フロントエンドJavaScript開発のための基礎知識と環境構築 第3章では「node.jsのインストール」から「npm」「package.json」「webpack」「IDE(VS Code)」まで、開発に必要な環境構築について取り上げて解説しています。既に環境がある人にとっては飛ばしても良い内容ですが、一方で環境構築周りで躓く人も一定数いると思うので、その場合はこの章を進めていけば開発環境を構築することができます。 第4章では「ES2015」「TypeScript」について解説しています。第5章では「Firebase」を使って以降の章で利用するAPIサーバの立ち上げについて解説しています。 Part 3:Slackライクなサンプルで比べて学ぶ React/Angular/Vue.js、Part 4:Slackライクなサンプルで学ぶ React Native 第6、7、8、9章では、それぞれの章において各フレームワーク/ライブラリへの入門をした後サンプルアプリを作るという流れになります。 本書は(特にPart 3とPart 4)は、ただ読み進めるよりも実際にコードを書いて動かしてみてほしいというのが思いとしてあります。 中には「はじめての」というタイトルの割には敷居が高いと感じる人もいるかもしれませんが、とにかく書いて動かしてみて比較してみてほしいです。 誤植情報 誤植情報については以下のページにまとめていて、随時更新していますので何かあったらTweetしたりissuesにあげたりしてもらえると助かります。 okachijs/jsframeworkbook Contribute to jsframeworkbook development …

no image

2017年の振り返り

2017年も残りわずかとなったので年を越してしまう前に振り返る。結論から言うと今年は近年稀に見るいい年になった。というのも今年立てた目標や中長期的に立てていた目標を達成することができたから。今年立てた目標はこちら。これらの内容について簡単に振り返る。 2017年の抱負 2017年になって1Qが終わろうとしているけど、年末に考えた2017年の抱負を書こうと思う。 2017年の抱負 いろんなことはできないので3つ+サブ目標で考えた。 生産性 ビックデータ ビジネス・インテリジェンス サブ目標 フロントエンド 英語 生産性 これまでも開発の生産性を意識した活動をしてきたが、全員の開発効率アップ、品質アップのような守備的な活動が多かった。けど今年はスクラム体制にして攻撃的な面も加えていきたいと思う。 去年までの振り返り 去年までは2人1組のような小さなチームで開発し、できたらリリースするというサイクルで開発していたが、以下の問題が細かく積み重なってきていた。(サービスの規模がそういった状況に陥る状況にまで成長したとも言える。) マネージャーの管理コストが高い 要件定義して開発に仕事を振る側の負担が大きい 開発者が指示待ちになる 開発した機能が属人的になる 開発メンバーが他のメンバーが何をしているか把握できない(チーム感がない) 開発・営業・運用で足並みを揃えるのが難しい これらの問題を一気に解決する為に2017年からはスクラム体制で開発を進めることした。 スクラムのチーム構成 最初のスクラムチームの構成は以下の7人体制 プロダクトオーナー スクラムマスター(自分) 開発チーム デザイナー兼コーダー 中堅エンジニア 2~3年目のベトナムメンバー(2人) 新卒エンジニア スクラムを始めるあたり読んだ資料と書籍 Wikipedia まず最初に見たのがWikipedia。スクラム自体はある程度決まった型があるので、ここを見るだけでも大体の流れを確認することができた。また、スクラムガイドがリンクされているので合わせて読んだ(こちらも17ページ程)。 SCRUM BOOT CAMP THE BOOK 次に読んだのがこちら この本はスクラムについての概要はわかったけど実際どんな風に進めたらよいかが分からないという方におすすめ。実際の流れを漫画を交えて説明してるので読みやすいし一連のスクラムの流れがわかる。個人的にはスクラムガイドとこの本を読めばスクラムを開始できると思う。 スクラム実践入門 他の書籍も一応見ておこうと思って呼んだのがこちら 生産性 今年の大きな目標の柱として、生産性というのをあげていた。これまでも意識していたことではあるが今年は具体的にスクラムという取り組みを取り入れて実践した。生産性を意識する背景は、主に人口減少・人手不足などがある。とにかく時間をかけて仕事すれば結果がついてくるという時代ではなくなっている今、あたらめて生産性を意識して仕事することにした。結果的にはスクラムマスターとして約1年間スクラム開発をし、一定の成果を出すことができたと思う。スクラムがどんなものか、スクラムを導入するとどんな結果が得られるかが把握できたのでこれからに生かせる経験をすることができた。 ビッグデータ ビッグデータに関する知見はほぼ皆無に等しかったが、今年はAWSを利用してビッグデータに関するサービスをやろうと考えていた。そんな折ちょうどその文脈で新規サービスを立ち上げることになり約5ヶ月位かけてスクラム体制で開発をした。ビッグデータに関しては、AWSサミットに参加したことでどのようなアーキテクチャにすればよいかが考えられたのが大きかった。具体的にはデータレイクという手法を取り入れた。サービスについてもスクラム体制がなんとか機能してスケジュールを大きくはずすことはなかった。実際ビッグデータに関してはデータがたくさんたまるというところまではいけなかったが、それでも1年前にはまったくなかった経験と知見を得ることができた。 ビジネス・インテリジェンス ビジネス・インテリジェンスに関しては、ビッグデータとほぼ同様の文脈なので特記することはないが、ただビッグデータを扱うだけでなくしっかり示唆を出せるものをつくることができた。ただ、機械学習やデータサイエンスといったことを取り入れるところまでは至らなかったのでこれらは来年の主軸の目標にする。 フロントエンド フロントエンドは、今年ようやく本格的にモダンな技術を取り入れることを決意してチーム一丸となって脱jQueryを果たした。業務外でVueJS、React、Angularの勉強会などを行い最終的にはVueJSを採用した。VueJSでやったことをすべてjQueryでやってたらめっちゃ大変な上にサービスの更新も大変だっただろうと思う。本当に導入できてよかった。 英語 英語までは絶対手が回らないだろうと思ってサブ目標にしていたが、案の定英語は他と比べると一番手をつけることができなかった。ただ、2017年の目標は以下の2つだったのでこれについてはしっかり達成することができた。そして2018年は2017年よりも時間を割いて、英語を少しでも楽に使えるようにしたいと考えている。 英語の勉強をするというよりは英語を使う環境に身をおける状態にする 英語の技術系podcastを聞く まとめ ここに書いていない中長期的に立てていた目標も今年で達成することができたので総じて2017年は良い年になった。無理に目標を立てすぎないというのがよかったのだと思う。自分の体調やキャパを考えるとできることはどうしても限られてしまうのでその中でできることを来年も考えてやっていこうと思う。