taisablog

taisa's engineer blog

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-20-20-35-31

投稿日:

-

執筆者:

関連記事

PHPUnitのモックオブジェクトの使い方を仕組みから理解する

前回はPHPUnitのメイン処理を確認しました。今回はPHPUnitデフォルトのモックオブジェクトの仕組みを確認してみます。公式ドキュメントでは、第9章 テストダブルが該当箇所となります。 PHPUnitのモックオブジェクトについて PHPUnitは以下のような構成ですが、その中の「phpunit-mock-objects」がPHPUnitデフォルトのモックライブラリとなります。 phpunitphp-code-coveragephp-file-iteratorphp-text-templatephp-timerphp-token-streamphpunitphpunit-mock-objects ← これ 構成 PHPUnitモックオブジェクトのファイル構成は以下の通りです。 ├── Builder │   ├── Identity.php │   ├── InvocationMocker.php │   ├── Match.php │   ├── MethodNameMatch.php │   ├── Namespace.php │   ├── ParametersMatch.php │   └── Stub.php ├── Exception │   ├── BadMethodCallException.php │   ├── Exception.php │   └── RuntimeException.php ├── Generator │   ├── deprecation.tpl.dist │   ├── 省略… ├── Generator.php ├── Invocation │   ├── Object.php │   └── Static.php ├── Invocation.php ├── InvocationMocker.php ├── Invokable.php ├── Matcher │   ├── AnyInvokedCount.php │   ├── AnyParameters.php │   ├── ConsecutiveParameters.php │   ├── Invocation.php │   ├── InvokedAtIndex.php │   ├── InvokedAtLeastCount.php │   ├── InvokedAtLeastOnce.php │   ├── InvokedAtMostCount.php │   ├── InvokedCount.php │   ├── InvokedRecorder.php │   …

PHPによるDBUnit超入門

例えば簡単なWebサービスでMVCのフレームワークを使っていてビジネスロジックを書く用にコントローラとモデルの間にサービス層を追加して開発している場合、コントローラやサービスはモックを駆使しながらテストを書いていくことができます。ただ、例えばフレームワークをバージョンアップしたい、PHPをバージョンアップしたいなどの場合に既存のモデル層に影響がないかをテストで確認したいなんてことがあります。そのような場合には、DBUnitを導入してみてもいいかもしれません。ということで本記事ではPHPによるDBUnitの使い方を書いてみます。 事前情報 今phpunit/dbunitをインストールしようとすると以下の文言が出力されます。詳しくはこちらのissueに書いてありますが、どうもSebastianさんはdbunitのメンテナンスをやめるようです。ただそれを受けてforkしたプロジェクトが出てきているようなので大丈夫かと思います。今回はSebastianさんの純正dbunitを使っています。 Package phpunit/dbunit is abandoned, you should avoid using it. No replacement was suggested また、DBUnitに関する詳しい情報はマニュアルにありますのでご確認ください。https://phpunit.de/manual/6.5/ja/database.html#database.implementing-getdataset 作成したサンプルプロジェクト 今回は、dbunitの確認だけをしたいので、dietcakeのmessage-boardというサンプルプロジェクトを利用しました。今回作成したDBUnit用のサンプルプロジェクトは GitHub からダウンロードして確認できます。 git clone git@github.com:taisa831/phpunit-dbunit-sample.git cd phpunit-dbunit-sample composer install # mysqlサーバを立て`app/config/sql/board.sql`を実行する(SQLは下記に記載しています) # テスト実行 ./vendor/bin/phpunit PHPUnit 7.5.8 by Sebastian Bergmann and contributors. ….. 5 / 5 (100%) Time: 207 ms, Memory: 4.00 MB OK (5 tests, 14 assertions) アプリ用のDDLです。開発用DBとは違うのでboard_dbunitというテーブル名にしています。 — — — Create database — CREATE DATABASE IF NOT EXISTS board_dbunit; GRANT SELECT, INSERT, UPDATE, DELETE ON board.* TO board_root@localhost IDENTIFIED BY ‘board_root’; FLUSH PRIVILEGES; — — Create tables — USE board_dbunit; CREATE TABLE IF NOT EXISTS thread ( id INT UNSIGNED …

no image

2019年前半の振り返り

2019年が半年を過ぎたので振り返ります。 2019年の抱負 本業頑張るのはもとより、2019年の抱負がある程度固まってきたので書いておきます。 これまでAWSを自分で多く触るケースはあまりありませんでしたが、GCPを使うケースが増えてきたので今年からはAWSではなくGCPをたくさん触っていこうと思います。 … Google Cloud Platformを使う Firebaseを触る機会があって、FirestoreやCloud Functionsを扱いました。あとGCEに migro instance を使って sandbox ページ( http://sandbox.taisablog.com/)を立ててみたりしました。 FirebaseもGCEもかなりいい感じなので今後は個人でちょくちょく使っていくと思います。 Firebase Cloud Firestore 使い方の勘ドコロ 数学をやる 間に合わせ程度に以下の投稿にある内容をやりました。次はまたしばらく必要になりそうなタイミングになったら進めてみようと思います。 小学校6年間の算数から中学3年間の数学までを復習してみた 宅建をとる いろいろと調べたり少しやってみたりしたところ、以下をやればなんとか合格できる気がしましたが状況が変わってきたので受験するのはやめました。 宅建みやざき塾でテキストを購入(テキストだけの購入は不可) 何回か講義を受ける 3月頃にはじめて10月に向けて通勤時間などを活用して約300時間くらい費やす 直前に対策講義を受ける 体力をつける 相変わらず走れていませんが軽い筋トレをしつつ体重は4キロ程減らせました。あと3キロ減が目標です。 ブログ記事 1月から6月末までで11記事でした。年間月2記事で24記事を目安にしているので1記事程足りないペースでした。 2018年振り返り、プレイングマネージャーは難しく 2019年の抱負 PHPの empty, isset, is_null の違いをしっかり理解する PHPライブラリをPackagistに登録する方法 GitLabのprivateなPHPライブラリをcomposer installするには C言語初級者がMacのコンソールで実行可能なテトリスを作ってみた PHPによるDBUnit超入門 私はこうしてGoogleに入社/退社しました系記事まとめ 小学校6年間の算数から中学3年間の数学までを復習してみた Firebase Cloud Firestore 使い方の勘ドコロ Go言語 ORMライブラリ GORMの使い方 7月の記事 Go言語 GORM+GinでTODOリストを作ってみた Go言語 GORM+GinでTODOリストのAPIを作ってみた 目標の見直し 2019年後半は以下をがっちり身に着けることを目標にします。目標の詳細については違うタイミングで少しブレイクダウンする予定です。 技術系 JavaScript(Vue.js) Go CSS / Stylus AWS その他 健康体を維持する / 体力をつける

小学校6年間の算数から中学3年間の数学までを復習してみた

はずかしながら小学校算数から中学校数学までを復習してみたのでまとめておきます。 動機 もともとはこちらの「文系エンジニアが機械学習に入門するために小学校の算数から高校数学までを一気に復習してみました。」の記事を見たのがきっかけでした。復習しようにもどうアプローチしたらよいかわからなかったからです(私の場合は機械学習よりかはただの興味という感じです)。もともと高校数学を少しやってみようかと思っていましたが、そもそも高校入ってからは真面目に授業を受けていなかったので高校数学などほとんど覚えていません(高校入るまではそれなりに勉強していましたが..)。それで高校数学をやるとすぐくじけそうなので、中学数学までをやってみることにしました。タイトルに時間があるのも心理的にとっつきやすくてよかったです。 教材 教材は記事にあった以下の教材を使いました。公立高校受験レベルですがとても分かりやすくまとまっていてよい本でした。ほとんど通勤時間にみていたのでかかった時間は分かりませんが、小学校算数は6時間もかからず、中学校数学は大体6時間くらいだったかと思います。ただ読んでいるだけだと分かった気になるだけなので、こちらの問題「都道府県別 公立高校入試[問題・正答]」を少し解いたりしました。 小学校6年間の算数が6時間でわかる本 中学3年間の数学を8時間でやり直す本 目次 小学算数 PART1 分数の計算 PART2 少数の計算 PART3 面積図・線分図・方程式 PART4 すばやく計算 PART5 割合 PART6 比 PART7 単位量あたりの大きさ PART8 速さ・時間・道のり PART9 平面図形 PART10 立体図形 PART11 比例・反比例 PART12 場合の数 中学数学 PART1 正の数と負の数 PART2 文字式 PART3 1次方程式 PART4 連立方程式 PART5 因数分解と展開 PART6 平方根 PART7 2次方程式 PART8 確率 PART9 1次関数 PART10 関数y=ax2 PART11 図形 PART12 三平方の定理 おまけ ついでに暗算も少しは早くできるようになりたいということで検索して一番にヒットした「暗算を簡単にする10の方法」も少しやってみました。他にもよい暗算の方法があれば教えてほしいです。 左から右に 細かい文字をシンプルに 分数、少数のきまりを覚えておく 数字の「0」と「5」を利用する 倍数を使いこなす 大まかな数字を出す 数字を”リフレーズ”と”リアレンジ”する 答えが合えばそれでいい 億単位の数字にも計算方法はある チップを計算する簡単な方法 まとめ まだまだ先ですが子供らの高校受験まではある程度教えられるかなという気持ちになりました。ただ実際にはちょっと問題を解いただけなので、またその頃になったら復習しているかもしれません。次は時間を見つけて高校数学で面白そうな分野(機会学習にも役立ちそうな?)を選択してやってみようと思います。

GitLabのprivateなPHPライブラリをcomposer installするには

社内ツールでprivateなリポジトリに置いておきたいけど、いろんなプロジェクトでcomposer installしたいというケースは以外とあるんじゃないかと思います。そういう時は、composer.jsonにrepositoriesを追加して、GitLab(ここではGitLabとしています)のURLを指定するとインストールが可能になります。しかしそのままだとpublicなリポジトリしかだめですが、privateなリポジトリであれば、GitLabからPersonal AcessTokenを取得して、composer config –global –auth gitlab-token.gitlab.com [ACESS_TOKEN]を実行すればcomposer installが可能になります。 { “name”: “taisa831/sample-framework-app”, “license”: “MIT”, “authors”: [ { “name”: “taisa”, “email”: “g5.taisa831@gmail.com” } ], “require”: { “taisa831/sample-framework”: “dev-master” }, “repositories”: [ { “type”: “vcs”, “url”: “git@gitlab.com:taisa831/sample-framework.git” } ] } では、Webフレームワークをprivateなリポジトリに公開して利用するところまでをやってみます。 (今回は便宜上publicにしています) 事前準備 ここではサンプルのWebフレームワーク(実装なし)をプロジェクトにインストールできるようにすることにします。リポジトリは2つで、フレームワークの実態であるsample-frameworkとフレームワークの雛形となるsample-framework-appを用意しておきました。それぞれの構成は以下の通りです。 https://gitlab.com/taisa831/sample-framework.git # フレームワークの実体 . ├── README.md ├── composer.json ├── src ├── tests └── vendor https://gitlab.com/taisa831/sample-framework-app.git # フレームワークの雛形 . ├── README.md ├── composer.json ├── composer.lock ├── config ├── controllers ├── models ├── public │   └── index.php ├── routes ├── tests └── views このsample-framework-appのcomposer.jsonには上記でも記載した内容が書かれています。requireにtaisa831/sample-frameworkを指定し、repositoriesにGitLabのURLを指定することで探してくれるようになります。 { “name”: “taisa831/sample-framework-app”, “license”: “MIT”, “authors”: [ { “name”: “taisa”, “email”: “g5.taisa831@gmail.com” } ], “require”: { …