taisablog

taisa's engineer blog

デベロッパー月次LT.013

投稿日:

-

執筆者:

関連記事

no image

Vue.js+TypeScriptで外部APIを使ったTODOリストを作ってみた

Vue.jsで外部APIを使ったTODOリストを作ってみた に続き、それのTypeScript版を作ってみました。TODOリスト用のAPIは以前書いたこちらのAPI「Go言語 GORM+GinでTODOリストのAPIを作ってみた」を利用します。CORSを全て許可しているのでどこからでも叩けるようになっています。TypeScriptを書くのは今回が初めてなので、誤っている箇所やもっとよい書き方などがあれば指摘して頂ければと思います。 できたもの できたものはこちらです。http://vuejs-ts.taisablog.com/todo <div class=”graybox”> <div class=”clearfix”><figure><a href=”http://52.196.213.4/wp-content/uploads/2019/08/063dff08aea69d0ee7c6cea19de29030.png”><img class=”alignleft size-full wp-image-1684″ src=”http://52.196.213.4/wp-content/uploads/2019/08/063dff08aea69d0ee7c6cea19de29030.png” alt=”” width=”600″></a></figure></div> </div> APIのエンドポイント APIのエンドポイントは以下としました。 URL http://gin.taisablog.com/api/v1/ GET /todo // 一覧表示 POST /todo // 新規作成 GET /todo/:id // 編集画面表示 PUT /todo/:id // 編集(今回未使用) DELETE /todo/:id // 削除 プロジェクト作成 vue-cliを使ってプロジェクト作成をしました。プロジェクト作成のコマンドを打つと、色々と聞かれますが、TypeScriptを利用する為にManually select featuresを選択し、TypeScriptをONにします。ここではRouterもONにしました。 % npm install -g @vue/cli % vue create my-project default (babel, eslint) ❯ Manually select features vue-cliでできたプロジェクトのsrc配下の構成は以下となっています。今回はそこにTodo.vueとTodoList.vueを追加して実装しました。views配下で実装するだけでも大丈夫ですが、今回はあえてviews/Todo.vueからTodoList.vueコンポーネントを呼び出す形としました。 . ├── App.vue ├── assets │   └── logo.png ├── components │   ├── HelloWorld.vue │   └── TodoList.vue ← 新規追加 ├── main.ts ├── router.ts ├── shims-tsx.d.ts ├── shims-vue.d.ts └── views ├── About.vue ├── Home.vue └── Todo.vue ← 新規追加 views/Todo.vue TodoList.vueコンポーネントを呼び出します。 …

Golang 1.13 released! The difference from 1.12 to 1.13

Golang 1.13 was released in 3 September 2019. This post has difference from 1.12 to 1.13. I check the changes at the release notes and difference of src. Release Notes Go 1.13 Release Notes The latest Go release, version 1.13, arrives six months after Go 1.12. Most of its changes are in the implementation of the toolchain, runtime, and libraries. As always, the release maintains the Go 1 promise of compatibility. We expect almost all Go programs to continue to compile and run as before. Diff on GitHub Release branch.go1.13 by taisa831 · Pull Request #1 · taisa831/go This PR …

プログラミング言語の歴史を見える化してみた

「まつもとゆきひろ 言語のしくみ」と「Talk Python #100」のGuidoの回をたまたま同時期に見聞きしたら言語の歴史を調べたくなった。言語は少なからず他の言語から影響を受けたり、他の言語に影響を与えたりしている。ということでその影響関係をwikipediaの情報を元に見える化してみた。 まつもとゆきひろ 言語のしくみ ぐちゃ〜。。。これだけ見ると複雑に絡み合ってよくわからない。ただ見たい言語をクリックするとその言語がフォーカスされどの言語がどの言語に影響を与えどの言語に影響を受けたかが見やすくなる。 使い方 ソースはこちら GitHub taisa831/Langury Contribute to Langury development by creating an account on GitHub. 多重継承が可能なC++で(ただクラスをつくってるだけ)doxygenとgraphvizを使って出力している。 インストール DoxygenとGraphvizをインストールする。 brew install doxygen brew install graphviz Languryをクローンする。 git clone git@github.com:taisa831/Langury.git cd Langury 出力 doxygenコマンドを実行してHTMLを出力して開く。 doxygen open html/index.html select Classes -> Class Hierarchy 対象言語 ここで取り上げた言語はwikipediaの以下を対象にした。 ※一部記載なし。 ※実際とは異なっていたり足りてない箇所があるご注意ください。 各言語について 1950年代:FORTRAN、LISP、ALGOL、COBOL 1960年代:CPL、BASIC、PL/I、BCPL、Simula、LOGO、B 1970年代:Forth、Pascal、C、Prolog、Smalltalk、ML、AWK、Ada 1980年代:C++、Objective-C、Common Lisp、Eiffel、Erlang、Perl 1990年代:Python、Tcl/Tk、Haskell、Visual Basic、Ruby、Lua、Delphi、Java、JavaScript、PHP、OCaml、SuperCollider、R 2000年代:C#、Scala、D、F#、Go 2010年代:Ceylon、Rust、Dart、Elixir、Hack、Swift 1950年代 FORTRAN 1954年にIBMのジョン・バッカスによって考案された。コンピュータにおいて広く使われたプログラミング史上最初の高水準言語。 LISP 1958年にジョン・マッカーシーによってはじめて設計された。高水準プログラミング言語の中ではFORTRANに次いで2番目に古い。LISPの名前は「list processor」に由来している。 ALGOL 1950年代中ごろに開発され、多くの言語に影響を及ぼした。ACMや教科書や学術論文などでアルゴリズム記述のデファクトスタンダードとして30年以上使われ、ほぼ同世代の高水準言語であるFORTRAN、LISP、COBOLに比べて最も成功した。設計者はバウアー、 ルティシュハウザー、 サメルソン、 バッカス、 パリス、 ナウア、 ファン・ワインハールデン、 マッカーシー他。FORTRANで明らかとなった問題を防ぐよう設計された。「ALGOL」は「アルゴリズム言語」を意味する英語「algorithmic language」に由来する。 COBOL 1959年に事務処理用に開発されたプログラミング言語。名前は「Common Business Oriented Language」(共通事務処理用言語)に由来する。 1960年代 CPL CPLはケンブリッジ大学の数学研究所とロンドン大学コンピュータ部の共同プロジェクトとして1960年代に開発された。C言語の遠い祖先となった言語でクリストファー・ストレイチーが関与している。Combined Programming Language「統合プログラミング言語」の意。 BASIC 1964年に米国ダートマス大学にて数学者ジョン・ケメニーとトーマス・カーツにより教育用などを目的としてダートマスBASICが開発された。初心者向けのプログラミング言語として、1970年代以降のコンピュータ(特にパソコン)で広く使われた。Windowsアプリケーションの主力な開発言語であるVisual Basicの文法に影を残している。 PL/I 1964年に生まれ。教育機関、商用、工業で使用され現在も使われている。「programming language one」(ピーエルワン)に由来する。 BCPL Basic Combined Programming Language、Basic-CPLは、1966年にケンブリッジ大学のマーチン・リチャーズが設計した。B言語の基礎で、B言語から派生したC言語は文法的にBCPLの亜種。 Simula オルヨハン・ダールとクリステン・ニガードによってALGOL60を拡張する形で1960年代に開発が始められたシミュレーション用途のプログラミング言語(登場時期は1967年)。世界最初のオブジェクト指向言語であると言われる。 …

PyCon JP 2017にスタッフとして参加してきた

ようやく落ち着いてきたのでだいぶ今更ながらPyCon JP 2017の参加レポートを書く PyCon JP 2017 in Tokyo | Sep 7th – Sep 10th はじめに まずはじめに、自分にとってのPyCon JPを簡単に振り返って見る。最初は2014年に一般参加者として参加したのがはじまりだった。そして翌年はじめてスタッフとしてジョインした。ただこの年は開催数日前にこどもが産まれ、当日の参加はできなかった。そしてその翌年の2016年は絶望的な業務の忙しさによりスタッフになることさえもできずに終わってしまった。そして今年、例年のような忙しさがありつつも無理やり時間を作ってスタッフとして準備・当日参加を果たすことができた。 スタッフとして スタッフとしては今年、2015年と同様にプログラムチームというチームで活動をした。プログラムチームはプログラムといってもPythonを書くわけではなく、スピーカーを募集したり当日のスケジュールを組んだりとカンファレンスのコンテンツを決めていくような活動がメイン。その中で今年はキーノート担当として活動した。今年のキーノートは海外1名・国内1名だったが、それぞれのスピーカーとコミュニケーションができたのは非常に有意義だった。また、今年やりきれなかったこととしては、システムも少し触ろうとしていたけどキャパオーバーにつき並行で進めることは全くできなかった。 参加者として 今年はスタッフとして参加したので、セッションのチェアマンをしたりともろもろやることがあったので基本セッションを見ることはできず、未だ動画でもみることもできておらず、セッションはまだほとんど聞けてないけど「Keynote」「スポンサーブース」、昼休憩にやった「メディア会議」「ジョブフェア」、「Youth Coder」「1日目のParty」「2日目の関係者パーティ」とセッション以外のところだけでもめちゃめちゃ楽しむことができた。特に1日目のPartyは食事豪華で酒の種類も多く、いろんな人と話しすることができてめちゃめちゃ楽しめた。気づけば2014年以降一度も参加できていなかったPyCon JPだったけど、スタッフをはじめて苦節3年、ようやく最初から最後まで参加することができて本当によかった。 来年は 来年はどこまでコミットできるかわからないけどもちろんスタッフとして参加するし、場所はまだ決まっていないけどPyCon APACも必ず参加しようと思う。もはや気づけばこのカンファレンスが1年間のモチベーションの1つにもなっていたりしてコミュニティってすげーとひしひしと感じている次第。 2014年一般参加した時の写真 (この時一緒に参加した人も翌年からスタッフになっている) 当日の写真は以下にまとめて沢山あがっているので大変ありがたい https://www.flickr.com/photos/pyconjp/albums/ 主にPyConについての話をしたPyLadies TokyoでLTした時のスライド

no image

2020年の抱負

気づけば長年PHPの環境にいましたが、昨年あらたな環境で開発できるようになったのでこれらを軸にビジネスにつなげていきたいと思います。 毎年書いていますが、自分は積んでるエンジンが小さい上に車体も故障気味なので多くのことはできないですが、できる限り工夫してやっていきます。 GolangVueJSReactTypeScriptAWSPython (Flask)執筆ブログ継続 中長期的な話 3~5年スパンで中長期的なことを考えてやりたいこと・やらないことを決めて微調整しながらコツコツやっていますが、昨年環境が変わったこともありあらためて少し考え直しました。 楽しく仕事をする 今がめちゃくちゃ楽しいのでこれを維持したいのが本音です。ビジネスが広がりつつこれを維持しつつ更によくすることに注力します。 良いプロダクト良いメンバー良い技術スタック これが自分の意識する3本柱です。どれがかけてもだめなのでこれらをどうするかを考えて行動します。 生活面 体力の衰え、太りやすさを感じる年齢にもなってきたので昨年末から下記をするようになりました。これらをスモールスタートで継続します。 腕立て・スクワット・プランクランニング家で飲みすぎない家でタバコをなるべく吸わない ブログ書くネタが沢山できて嬉しい限り。そして何より「家内安全」「健康第一」で!