taisablog

taisa's engineer blog

20160623211937

投稿日:

-

執筆者:


comment

Your email address will not be published.

関連記事

no image

2019年 振り返り

2019年の抱負から今年を振り返ってみます。子供らが遊んでいる中で書いているのでかなり雑です。あとできれいにします。 Google Cloud Platformを使う 2018年後半から2019年前半にかけて副業でFirebaseでスマホアプリのサーバサイドをやりました。感じたことはGCPめっちゃいいということ。メインで利用したのはCloudFirestoreとCloud Functionsでしたが他にも色々できるのですごい進化を感じました。 数学をやる 2019年前半に中学レベルの数学までを復習しました。やってみて思ったことは業務で必要にならない限りは継続が難しいことでした。 宅建をとる 以下で書いたので割愛 http://3.115.145.106.xip.io/archives/1629 体力をつける 会社でランニング部があり今年は多少ですが走ることができました。また、久しぶりに筋トレも再開することができました。2020年はこれらの活動を増やして継続していきたいです。 やらなくてよかったこと 何年かやってみてやらなくてよいことが見えてきました。というより実務で必要にならない限り習得が難しいです。重要だしやりたいけどサブでやるには継続が難しく思ったような成長曲線が描けません。逆に英語のリーディングは日常で使うのでそっちに極振りしています。 機会学習数学英語のスピーキング アウトプット ブログ:22記事QIITA:2記事 合計24記事ということで月2記事のペースは維持できました。特別気にしていませんが月間PVも約1万と少しずつ伸びてきていていい感じ。 まとめ ここ数年はテックリード、スクラムマスター、マネージメント業務が多く業務で開発をする機会が減っていましたが、今年の後半は最高の会社・メンバー・プロダクト・技術スタックでいろんなことがとても充実した1年になりました。 VueJSTypeScriptGolangAWSMicro Servicesコーチング

「はじめてのフロントエンド開発」という共著本を出版しました

『React,Angular,Vue.js,React Nativeを使って学ぶ はじめてのフロントエンド開発』という共著本を2018年5月9日に出版しました。 React、Angular、Vue.js、React Nativeを使って学ぶ はじめてのフロントエンド開発 Amazonより 自分はこの中の第3章の環境構築を担当しています。お陰様で現在まで売れ行きは好調ですが、一方で誤植もいくつか見つかっていますので誤植情報についてもこの投稿でお知らせします。また、表紙をパッと見ただけでは分からない本書の内容についてや去年最新JavaScriptフロントエンドをキャッチアップした経緯などを書いていきます。 どんな本か 「どんな本か」については共著者である新井正貴の投稿にまとめられているので確認してみてください。 「はじめてのフロントエンド開発」という本を書きました – massa142’s blog 共著者として参加していた書籍『React,Angular,Vue.js,React Nativeを使って学ぶ はじめてのフロントエンド開発』が、2018/5/9に 技術評論社 さまより発売となりました。 React、Angular、Vue.js、React Nativeそれぞれが、同じサーバの APIを参照し、同様の機能を持ったアプリケーションとして作成します。 どんな本か こんな方におすすめ 書いたきっかけ パンダの由来 サポートリポジトリ 本書の内容について 書籍タイトルは『React,Angular,Vue.js,React Nativeを使って学ぶ はじめてのフロントエンド開発』ですが、タイトルに出てくるワードの他にも『フロントエンドの最新動向』『環境構築』『ES2015』『TypeScript』『Firebase』についても書かれています。 表紙をパット見ただけでは内容が分からないところもあると思うので、本書がどのような内容かを簡単にまとめてみます。 アウトライン Part1:JavaScriptフロントエンドフレームワーク最新動向 第1章:JavaScriptフロントフレームワークの興隆 第2章:SPA、PWA – フロントエンド実装技術の最新トピック Part2:フロントエンドJavaScript開発のための基礎知識と環境構築 第3章:フロントエンドJavaScript開発のための環境構築 第4章:フロントエンドJavaScript開発のための基礎知識 第5章:フロントエンドJavaScript開発のためのサーバ構築 Part3:Slackライクなサンプルで比べて学ぶ React/Angular/Vue.js 第6章:React入門 & 徹底活用 第7章:Angular入門 & 徹底活用 第8章:Vue.js入門 & 徹底活用 Part4:Slackライクなサンプルで学ぶ React Native 第9章:React Native 入門 & 徹底活用 大きな流れ まずPart1で「JavaScriptフロントエンドの最新動向」を解説し、Part2で「環境構築」「ES2015」「TypeScript」「FirebaseによるAPIサーバの構築」などフロントエンド開発の事前準備をします。 Part3、4では「React」「Angular」「Vue.js」「React Native」それぞれの章の最初の入門で基礎知識を解説した後、同一のAPIを利用しSlackライクなサンプルアプリを作ります。それぞれが同一APIを使って同じアプリケーションをつくることでそれぞれの特徴を掴めるような構成になっています。 各Partについて Part 1:JavaScriptフロントエンドフレームワーク最新動向 第1章では「React」「Angular」「Vue.js」「React Native」に関する解説や比較をしています。また本書で扱うフレームワーク/ライブラリ以外(Polymer、Ember.js、Riot.js、Vanilla.js、Native Script、Weex、A-Frame、React VR)についてもそれぞれジャンル分けしながら取り上げて解説しています。 第2章では「SPA」「PWA」に関連する技術的な内容(クライアントサイドルーティング、CSS in JS、コンポーネント指向、SSRとプリレンダリング、バーチャルDOM、MVCとMVPとMVVM、Flux、PWA、Electron など)を取り上げて解説しています。 Part1を読むことで最新のJavaScriptフレームワークの動向を掴みつつ、フロントエンドに関する技術的な面を把握することができると思います。 Part 2:フロントエンドJavaScript開発のための基礎知識と環境構築 第3章では「node.jsのインストール」から「npm」「package.json」「webpack」「IDE(VS Code)」まで、開発に必要な環境構築について取り上げて解説しています。既に環境がある人にとっては飛ばしても良い内容ですが、一方で環境構築周りで躓く人も一定数いると思うので、その場合はこの章を進めていけば開発環境を構築することができます。 第4章では「ES2015」「TypeScript」について解説しています。第5章では「Firebase」を使って以降の章で利用するAPIサーバの立ち上げについて解説しています。 Part 3:Slackライクなサンプルで比べて学ぶ React/Angular/Vue.js、Part 4:Slackライクなサンプルで学ぶ React Native 第6、7、8、9章では、それぞれの章において各フレームワーク/ライブラリへの入門をした後サンプルアプリを作るという流れになります。 本書は(特にPart 3とPart 4)は、ただ読み進めるよりも実際にコードを書いて動かしてみてほしいというのが思いとしてあります。 中には「はじめての」というタイトルの割には敷居が高いと感じる人もいるかもしれませんが、とにかく書いて動かしてみて比較してみてほしいです。 誤植情報 誤植情報については以下のページにまとめていて、随時更新していますので何かあったらTweetしたりissuesにあげたりしてもらえると助かります。 okachijs/jsframeworkbook Contribute to jsframeworkbook development …

PHPライブラリをPackagistに登録する方法

PHPのライブラリをPackagistに登録する方法を書いておきます。PackagistはPHPのパッケージリポジトリで、登録しておくとcomposerを使ってプロジェクトへインストールすることができます。ここではとあるプロジェクトをPackagistに登録する前提の流れで進めていきます。 Packagistに登録するプロジェクトを作成する 新規でプロジェクトを作成しcomposer initを実行します。 mkdir amazon-photo-formatter cd amazon-photo-formatter composer init composer initを実行すると色々と聞かれるので順番に進めていきます。まずはパッケージ名が聞かれます。<vendor>にはGitHubのアカウント名を指定し、<name>にはライブラリ名を記載します。ここではtaisa831/amazon-photo-formatterと記載しました。 Package name (/) [taisa831/packagist]: Descriptionはライブラリについての説明文なので、Format amazon photo file name to amazon photo’s format.と書きました。その他についてもサジェストされている内容とするか必要な内容を決めて進めていきます。 Description []: Author [Masaki Sato , n to skip]: Minimum Stability []: Package Type (e.g. library, project, metapackage, composer-plugin) []: library License []: MIT 次にこのライブラリが依存しているものがあればこの時点で指定することができます(後から手動で記載することも可能)。ここではphpunitを利用するのでrequire-devでphpunitを指定しました。 Would you like to define your dependencies (require) interactively [yes]? no Would you like to define your dev dependencies (require-dev) interactively [yes]? Search for a package: phpunit Found 15 packages matching phpunit [0] phpunit/phpunit [1] phpunit/phpunit-mock-objects Abandoned. Use instead. [2] phpunit/php-token-stream [3] phpunit/php-timer [4] phpunit/php-text-template [5] phpunit/php-file-iterator [6] phpunit/php-code-coverage [7] …

小学校6年間の算数から中学3年間の数学までを復習してみた

はずかしながら小学校算数から中学校数学までを復習してみたのでまとめておきます。 動機 もともとはこちらの「文系エンジニアが機械学習に入門するために小学校の算数から高校数学までを一気に復習してみました。」の記事を見たのがきっかけでした。復習しようにもどうアプローチしたらよいかわからなかったからです(私の場合は機械学習よりかはただの興味という感じです)。もともと高校数学を少しやってみようかと思っていましたが、そもそも高校入ってからは真面目に授業を受けていなかったので高校数学などほとんど覚えていません(高校入るまではそれなりに勉強していましたが..)。それで高校数学をやるとすぐくじけそうなので、中学数学までをやってみることにしました。タイトルに時間があるのも心理的にとっつきやすくてよかったです。 教材 教材は記事にあった以下の教材を使いました。公立高校受験レベルですがとても分かりやすくまとまっていてよい本でした。ほとんど通勤時間にみていたのでかかった時間は分かりませんが、小学校算数は6時間もかからず、中学校数学は大体6時間くらいだったかと思います。ただ読んでいるだけだと分かった気になるだけなので、こちらの問題「都道府県別 公立高校入試[問題・正答]」を少し解いたりしました。 小学校6年間の算数が6時間でわかる本 中学3年間の数学を8時間でやり直す本 目次 小学算数 PART1 分数の計算 PART2 少数の計算 PART3 面積図・線分図・方程式 PART4 すばやく計算 PART5 割合 PART6 比 PART7 単位量あたりの大きさ PART8 速さ・時間・道のり PART9 平面図形 PART10 立体図形 PART11 比例・反比例 PART12 場合の数 中学数学 PART1 正の数と負の数 PART2 文字式 PART3 1次方程式 PART4 連立方程式 PART5 因数分解と展開 PART6 平方根 PART7 2次方程式 PART8 確率 PART9 1次関数 PART10 関数y=ax2 PART11 図形 PART12 三平方の定理 おまけ ついでに暗算も少しは早くできるようになりたいということで検索して一番にヒットした「暗算を簡単にする10の方法」も少しやってみました。他にもよい暗算の方法があれば教えてほしいです。 左から右に 細かい文字をシンプルに 分数、少数のきまりを覚えておく 数字の「0」と「5」を利用する 倍数を使いこなす 大まかな数字を出す 数字を”リフレーズ”と”リアレンジ”する 答えが合えばそれでいい 億単位の数字にも計算方法はある チップを計算する簡単な方法 まとめ まだまだ先ですが子供らの高校受験まではある程度教えられるかなという気持ちになりました。ただ実際にはちょっと問題を解いただけなので、またその頃になったら復習しているかもしれません。次は時間を見つけて高校数学で面白そうな分野(機会学習にも役立ちそうな?)を選択してやってみようと思います。

no image

2016年の振り返り

2017年になってもう3ヶ月が過ぎようとしているけど、今年初投稿なので今更ながら2016年の振り返りをする。 2016年前半 2016年前半はWeb業界に来て初めてWebサービスの受託開発をした。5年前にSIerからWeb業界に来て以来初めての受託開発だった。プロジェクト前半は若手エンジニア2人いたが、色々な都合により後半は自分1人になりそこからは1人最後までやることになった。 SIerにいた頃、小さめのプロジェクトであれば自分一人でやることはあったが、今回のような大きめのプロジェクトで0→1のサービス開発をマネージメントしながら開発するというのは初めてだった。ローンチ後は何事もなく稼働しているのでよくやったと思えたもののWebサービスの受託開発の難しさを思い知った。 Laravelについて 開発はPHP+Laravelを使った。初めて使ったフレームワークだったが、日本語ドキュメントがしっかりしているのでほぼそれだけで開発を進めることができた。 https://readouble.com/laravel/5.1/ja/installation.html 主なプラグインは以下を使った。 laravel-debugbar laravel-ide-helper Intellij Laravel-Plugin 2016年後半 サービス開発に戻り、戻ってからは主に以下のことをやった。 決済システム導入 CI環境の再整備 ステージング環境の整備と追加 PHPUnit+Phakeによるユニットテストの本格導入 サーバのオートスケール 決済システム導入 これは、受託開発が都合により伸びた為、設計までして他のメンバーに引き継ぐすることになってしまったが、その後、また引き継ぎ開発を進めていった。「決済」といったシステムを扱ったことで良い経験ができたように思う。 CI環境の再整備 サービスの拡大、人の入れ替わり、増加により以前自分で立てたJenkinsのCI環境が整備されずひどい状況になりつつあったので整備した。Jenkins2へのバージョンアップもこのタイミングで行った。 ステージング環境の整備と追加 人員に対してステージング環境があきらかに枯渇していたので再整備と追加をした。具体的にはシステムだけでなく運用者もリリース前テストで利用する為、ステージング環境利用待ちのようなものが発生している状況だった。また、いくつかのサービスがつながっていることもあり環境がブラックボックス化していたのを再構築しドキュメント化しつつ環境を増やした。テスト環境大事。 PHPUnit+Phakeによるユニットテストの本格導入 UnitTestも以前は書くよう推奨していたが形骸化している状況だった。また、新卒メンバーが入ってそもそもテストが書けないメンバーもいる状況だった。これに対して、ハンズオンを開催しある程度書けるところまで持っていき、それ以降はプロダクト開発時にフォローするという形で最終的にはメンバー全員が必ずUnitTestを書くというところまで持っていくことができた。また、テストが増える従って、修正時の確認コストが減り品質が上がってきている実感が得られた。 サーバのオートスケール アクセスが増え、ときに突発的に高負荷が来るという事象が増えてきて、その度にサーバをたて、デプロイスクリプトに新しいサーバを追加しデプロイするということをやっていた。それもいい加減面倒だし事前アナウンスがなければ対応ができないので、常にS3に最新ソースを配置しておき、あとは負荷検知により自動的にサーバを増やすという仕組みを導入した。 社外活動とアウトプット 2015年末に子供が生まれたことと2016年の前半の受託開発に忙殺されたことで全くできなかった。2017年は落ち着いて来たこともあり活動を増やす予定。 まとめ 2016年後半の取り組みに関しては、2017年から始めるスクラムの取り組みの為の下準備という意味合いもあり、テストや環境系の整備をメインに行った。これにより2017年からの取り組みをスムーズに始められたと思う。