taisablog

taisa's engineer blog

R

投稿日:

-

執筆者:

関連記事

スクラムの取り組み紹介

スクラムを初めて約3ヶ月がたったので取り組み内容を簡単にまとめてみました。 参考にした文献 SCRUM BOOT CAMP THE BOOK Amazonより スクラム実践入門 ── 成果を生み出すアジャイルな開発プロセス (WEB+DB PRESS plus) Amazonより ジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメント Speakerdeck:スクラムの取り組み 参考書籍 SCRUM BOOT CAMP THE BOOK Amazonより スクラム実践入門 ── 成果を生み出すアジャイルな開発プロセス (WEB+DB PRESS plus) Amazonより ジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメント

Rust+WebAssembly で Hello, World!

以前 Rust をはじめてみよう!という記事を書いた。今回は Rust + WebAssembly を使って Hello, World!の出力をやってみた。 WebAssembly について まず WebAssembly とは何か。本家サイトの Overview をみてみる。ここにある通り、WebAssembly(WASM)は C/C++/Rust などの高級言語を使って開発をしバイナリ形式で動かすことができる。その為 Web 上で高速に動かすことができる。とりわけゲームなどの実行速度が求められるような分野で有効になる。Chrome、Firefox、Safari、Edgeで利用が可能。 WebAssembly (abbreviated Wasm) is a binary instruction format for a stack-based virtual machine. Wasm is designed as a portable target for compilation of high-level languages like C/C++/Rust, enabling deployment on the web for client and server applications. https://webassembly.org/ よくデモに出てくる Unity を使った動画 https://webassembly.org/demo/Tanks/ Youtube動画 再生回数が一番多い動画をあげておく。2018年2月の動画ですごく分かりやすく説明されている。 Rust+WebAssembly のドキュメント https://rustwasm.github.io https://github.com/rustwasm ここからは以下の記事を実際にやってみる。実際にほぼそのまま実行しているだけなので以下についてはリンクをチェックするだけでも良いです。 https://rustwasm.github.io/book/game-of-life/hello-world.html 事前準備 参考URL:https://rustwasm.github.io/book/game-of-life/setup.html rustup を使って rust をインストールする curl https://sh.rustup.rs -sSf | sh source $HOME/.cargo/env source $HOME/.cargo/envは .zshrc などに記述しておくとよい wasm-pack インストール wasm-pack を使うとビルド・テスト・公開などが簡単にできる curl https://rustwasm.github.io/wasm-pack/installer/init.sh -sSf | sh cargo-generate インストール cargo-generate を入れるとcargo …

Nuxt.js v2.9のリリース情報とDiff

2019年8月20日にNuxt.jsのバージョンが2.8.1から2.9へがリリースされました。2019年9月19日時点ではバージョン2.9.2まであがっています。本投稿ではリリース内容と変更点が見れるように2.8.1から2.9.1のソースのDiffと変更されたファイル一覧を載せておきます。変更ファイル数は、examplesやtestを除くと約142ファイルでした。またバージョンが上がっただけ、関数にスペースが追加されただけのファイルも多く、それを除くともっと少なくなります。本リリースでの大きな変更はImportant Notesの中でもTypescript関連の変更が個人的には大きいと思います。Nuxt Typescriptの導入やMigrationはリリースノートにあるページの Setup、Migration from Nuxt 2.8 を見れば簡単に行えます。(本記事の一番下でも試しにやってみました。) リリースノート nuxtjs.orgDue to a known problem (webpack/webpack#8656, #4869, #4839) users of npm should either remove package-lock.json and reinstall before upgrade or use npm update acorn –depth 20 && npm dedupe after upgrading to 2.4.0. users should have no problems but removing yarn.lock still recommended before the upgrade process. Diff v2.8.1からv2.9.2のDiffをつくってみました。 v2.9.2 diff by taisa831 · Pull Request #1 · taisa831/nuxt.jsTypes of changes Bug fix (a non-breaking change which fixes an issue) New feature (a non-breaking change which adds functionality) Breaking change (fix or feature that would cause existing functionality to change) Description …

私はこうしてGoogleに入社/退社しました系記事まとめ

  ここ最近少しブームになっていた、「私はこうしてGoogleに入社/退社しました」系の投稿が、どれも興味深い内容だったので、あとから見返しやすいようにまとめてみました。 記事一覧 Google退職します|eqsan|note2019/3/15が最終出社日でした。インターン期間も含めると4年ちょっと勤めたことになります。 ちょうど昇進してプロジェクトも一区切りついたタイミングで他にすごくやりたいことができたので転職という形です。 素晴らしい環境なのに情報が少なくて、入ると良さそうなのに敬遠している人を何度か見たので、この記事が参考になれば幸いです。辞める人が言うのも変な話ですが。 … 私はこうやってGoogleに入った (ソフトウェアエンジニア、中途採用編)( 人にお願いするだけじゃなくて自分も貢献しろよということで昔話を書いてみました。 kazawa フォーマット に従っています。) 学生時代 … 私はこうやって(12年前) Google に入った書け、という天の声 が聞こえたので書いてます。 私は修士まで物理学を専攻していて、情報系の勉強は特にしていませんでした。ただ、実験結果をまとめるために awk を使ったり(256倍本とか知っています?)、シミュレーションをするために Fortran 書いたり(関数名の長さに制限ありました)はしていました。 … 私はこうして Google に入った (SWE・新卒編) – ふしみのブログ最近、 Google や大学が開催しているキャリアイベントなどに参加する機会がおおかったので、そこで話したことをまとめて書いてみました。2017年4月入社なので、現在2年目が終わろうとしているところです。 なるべく汎用的に、具体的な対策を中心に書いたので、他の 外資 系企業の採用面接にも役立つかもしれません。参考にしていただければ幸いです。 こうしてGoogleに入社した(kumagi編) – Software Transactional MemoTL;DR AtCoder やろうぜ Google の(僕から見て)偉い人が立て続けにブログを書いており ここ数件の僕のブログへの反響を読んでも「Googlerだから特別」みたいな意見が散見され、入社へのハードルが変に高く見られてしまっている気がするので、僕が Google に入社する準備として取り組んでいた事とそのレベルを紹介する。程度の低さに安心して欲しい。 英語 … こうしてGoogleに落ちた – Easy to typeTL;DR Leetcodeをもっとやる必要がありました Googleの社員が選考過程についてブログを書いています。ちょっと前にNTTブームを引き起こした id:kumagi さんとか。 ところで、僕も Google … 私はこうやってGoogleに入った(新卒ソフトウェアエンジニア) – n-yoda’s blog長い記事を書く人が多いので短くて簡潔なものをと思って書きました、が、思ったより長くなりました。 小さい頃からやっていたところが強みです。周りに聞ける人が一人もいなかったので ググる のが得意。大学で習う以上の強そうな知識とかはあまり無いです。 研究室の先輩方がホームページに載せているものを参考にして書きました。 何もしませんでしたが、何度かやった TopCoder は多分役に立ちました。 TOEFL ITP 547/677点。 私はこうやってGoogleに入りました(Reiko編)プログラミングスキルは? プログラミングは仕事用のコードを自己流で書きちらかしてるだけだったのでコーティングには全く自信がなく、そのリクルーターさんからいくつか資料が送られてきたので、参考にして勉強しました。Cracking the Coding Interview、プログラミングコンテストチャレンジブック、あといくつかアルゴリズムの本(思い出したら書きます)などをやりました。 … Google に入るまでの話Google に入るまでの話. GitHub Gist: instantly share code, notes, and snippets. いかにしてわたしは Google に入社し、そして退職したか – The Decisive Strike長山です。2019 …

FlaskをBottleと比較した雑感

以前Bottleのソースをチェックしてみた流れでFlaskも見てみた。結論から言うとBottleと大して変わらん。もちろんFlaskのほうがコード量が多く多少リッチではあるもののざっくり機能ベースで言うと大して変わらんのです。そもそも両方ともマイクロWebフレームワークが売りなので当たり前といえば当たり前ですが、歴史的にもBottleが2009年リリースでFlaskが2010年4月1日(エイプリルフールのネタとして)リリースと、名前もBottleに対抗してFlask(フラスコ)という名前をつけたということなので、もともとがBottleっぽいフレームワークを遊びで作ってみたという感じなんだと思います。それっぽいことはwikiに書かれています。 [Bottle Wiki](https://en.wikipedia.org/wiki/Bottle_(web_framework)Flask Wiki クラス構成に関しては以下にある通りで、Bottleが1ファイル構成でFlaskは機能にファイルが分かれてる構成という違いはあるものの、機能自体にほとんど違いはありません。ただFlaskはBlueprintという大規模アプリ対応の機能があります。なお、使い方については公式ドキュメントとサンプルコードも複数用意されているのでアプリの構成や使い方が確認しやすいです。