taisablog

taisa's engineer blog

phpunit

投稿日:

-

執筆者:


comment

Your email address will not be published.

関連記事

no image

Vue.js+TypeScriptで外部APIを使ったTODOリストを作ってみた

Vue.jsで外部APIを使ったTODOリストを作ってみた に続き、それのTypeScript版を作ってみました。TODOリスト用のAPIは以前書いたこちらのAPI「Go言語 GORM+GinでTODOリストのAPIを作ってみた」を利用します。CORSを全て許可しているのでどこからでも叩けるようになっています。TypeScriptを書くのは今回が初めてなので、誤っている箇所やもっとよい書き方などがあれば指摘して頂ければと思います。 できたもの できたものはこちらです。http://vuejs-ts.taisablog.com/todo <div class=”graybox”> <div class=”clearfix”><figure><a href=”http://52.196.213.4/wp-content/uploads/2019/08/063dff08aea69d0ee7c6cea19de29030.png”><img class=”alignleft size-full wp-image-1684″ src=”http://52.196.213.4/wp-content/uploads/2019/08/063dff08aea69d0ee7c6cea19de29030.png” alt=”” width=”600″></a></figure></div> </div> APIのエンドポイント APIのエンドポイントは以下としました。 URL http://gin.taisablog.com/api/v1/ GET /todo // 一覧表示 POST /todo // 新規作成 GET /todo/:id // 編集画面表示 PUT /todo/:id // 編集(今回未使用) DELETE /todo/:id // 削除 プロジェクト作成 vue-cliを使ってプロジェクト作成をしました。プロジェクト作成のコマンドを打つと、色々と聞かれますが、TypeScriptを利用する為にManually select featuresを選択し、TypeScriptをONにします。ここではRouterもONにしました。 % npm install -g @vue/cli % vue create my-project default (babel, eslint) ❯ Manually select features vue-cliでできたプロジェクトのsrc配下の構成は以下となっています。今回はそこにTodo.vueとTodoList.vueを追加して実装しました。views配下で実装するだけでも大丈夫ですが、今回はあえてviews/Todo.vueからTodoList.vueコンポーネントを呼び出す形としました。 . ├── App.vue ├── assets │   └── logo.png ├── components │   ├── HelloWorld.vue │   └── TodoList.vue ← 新規追加 ├── main.ts ├── router.ts ├── shims-tsx.d.ts ├── shims-vue.d.ts └── views ├── About.vue ├── Home.vue └── Todo.vue ← 新規追加 views/Todo.vue TodoList.vueコンポーネントを呼び出します。 …

Vue.jsで外部APIを使ったTODOリストを作ってみた

APIを使ったTODOリストをVue.jsで作ってみました。TODOリスト用のAPIは以前書いたこちらのAPI「Go言語 GORM+GinでTODOリストのAPIを作ってみた」を利用します。CORSを全て許可しているのでどこからでも叩けるようになっています。 できたもの できたものはこちらです。http://vuejs.taisablog.com/todo APIのエンドポイント APIのエンドポイントは以下としました。 URL http://gin.taisablog.com/api/v1/ GET /todo // 一覧表示 POST /todo // 新規作成 GET /todo/:id // 編集画面表示 PUT /todo/:id // 編集(今回未使用) DELETE /todo/:id // 削除 TODOリストの処理 プロジェクトはvue-cliで作成し、APIはaxiosを利用しました。componentsにTodo.vueファイルを作成しそこにすべての処理を書いています。 インポート import axios from ‘axios’ const NOT_STARTED = 1 // 未対応 const STARTED = 2 // 対応中 const FINISHED = 3 // 完了 data function name: “Todo”, data() { return { todoList: [], inputField: ”, isActive: false, baseUrl: ‘http://gin.taisablog.com/api/v1/’ } }, created function created() { this.getTodo() }, methods : 一覧を取得する async getTodo() { try { let response = await axios.get(this.baseUrl + ‘todo’) this.todoList = response.data } catch (e) { console.log(e) …

Rust+WebAssembly で Hello, World!

以前 Rust をはじめてみよう!という記事を書いた。今回は Rust + WebAssembly を使って Hello, World!の出力をやってみた。 WebAssembly について まず WebAssembly とは何か。本家サイトの Overview をみてみる。ここにある通り、WebAssembly(WASM)は C/C++/Rust などの高級言語を使って開発をしバイナリ形式で動かすことができる。その為 Web 上で高速に動かすことができる。とりわけゲームなどの実行速度が求められるような分野で有効になる。Chrome、Firefox、Safari、Edgeで利用が可能。 WebAssembly (abbreviated Wasm) is a binary instruction format for a stack-based virtual machine. Wasm is designed as a portable target for compilation of high-level languages like C/C++/Rust, enabling deployment on the web for client and server applications. https://webassembly.org/ よくデモに出てくる Unity を使った動画 https://webassembly.org/demo/Tanks/ Youtube動画 再生回数が一番多い動画をあげておく。2018年2月の動画ですごく分かりやすく説明されている。 Rust+WebAssembly のドキュメント https://rustwasm.github.io https://github.com/rustwasm ここからは以下の記事を実際にやってみる。実際にほぼそのまま実行しているだけなので以下についてはリンクをチェックするだけでも良いです。 https://rustwasm.github.io/book/game-of-life/hello-world.html 事前準備 参考URL:https://rustwasm.github.io/book/game-of-life/setup.html rustup を使って rust をインストールする curl https://sh.rustup.rs -sSf | sh source $HOME/.cargo/env source $HOME/.cargo/envは .zshrc などに記述しておくとよい wasm-pack インストール wasm-pack を使うとビルド・テスト・公開などが簡単にできる curl https://rustwasm.github.io/wasm-pack/installer/init.sh -sSf | sh cargo-generate インストール cargo-generate を入れるとcargo …

no image

【3分で作れる】Goのコマンドラインツール by Cobra

同僚のおすすめでコマンドラインツール作成にCobraを使いました。ものすごく簡単につくれるのですが、それでも少しハマったところがあったので、コマンドラインツールを作るまでの流れを書いておきます。 前提 go version go1.14.2 darwin/amd64利用ライブラリ:https://github.com/spf13/cobra本記事のサンプルコード:https://github.com/taisa831/sandbox-cobra Index 雛形を作成するコマンドを追加するコンフィグを追加するサブコマンドを追加するまとめ 雛形を作成する 雛形作成にはgeneratorを使います。go getしてcobraコマンドを利用可能にします。 go get -u github.com/spf13/cobra/cobra cobraコマンドを実行すると以下のようなusageが表示されます。 $ cobra Cobra is a CLI library for Go that empowers applications. This application is a tool to generate the needed files to quickly create a Cobra application. Usage: cobra [command] Available Commands: add Add a command to a Cobra Application help Help about any command init Initialize a Cobra Application Flags: -a, –author string author name for copyright attribution (default “YOUR NAME”) –config string config file (default is $HOME/.cobra.yaml) -h, –help help for cobra -l, –license string name of license for the project …

node-nightlyを使ってwebpackをデバッグする

webpackに限らずだけどnode-nightlyを使うと簡単にデバッグすることができる Debugging When contributing to the core repo, writing a loader/plugin, or even just working on complex project, debugging tools can be central to your workflow. Whether the problem is slow performance on a large project or an unhelpful traceback, the following utilities can make figuring it out less painful. node-nightlyをインストールする インストール後一度初期化を行う npm i -g node-nightly // 初期化 node-nightly webpackの実行環境をつくる デバッグする為にwebpackの実行環境をつくる npm initしてwebpackをディレクトリ配下にインストールする npm init npm i -D webpack //バージョンは4.12.1 npx webpack –version 4.12.1 webpack-cliをインストールする。ここではグローバルインストールとしている。 npm i -g webpack-cli //バージョンは3.0.8 webpack-cli –version 3.0.8 webpack.[prod].jsをコマンドラインから作成する webpack-cli init 以下のように聞かれるので好みの設定をする(今回はデフォルトを利用) ℹ INFO For more information and a detailed description of each question, have …