taisablog

taisa's engineer blog

スクリーンショット 2017-07-26 21.50.45

投稿日:

-

執筆者:

関連記事

小学校6年間の算数から中学3年間の数学までを復習してみた

はずかしながら小学校算数から中学校数学までを復習してみたのでまとめておきます。 動機 もともとはこちらの「文系エンジニアが機械学習に入門するために小学校の算数から高校数学までを一気に復習してみました。」の記事を見たのがきっかけでした。復習しようにもどうアプローチしたらよいかわからなかったからです(私の場合は機械学習よりかはただの興味という感じです)。もともと高校数学を少しやってみようかと思っていましたが、そもそも高校入ってからは真面目に授業を受けていなかったので高校数学などほとんど覚えていません(高校入るまではそれなりに勉強していましたが..)。それで高校数学をやるとすぐくじけそうなので、中学数学までをやってみることにしました。タイトルに時間があるのも心理的にとっつきやすくてよかったです。 教材 教材は記事にあった以下の教材を使いました。公立高校受験レベルですがとても分かりやすくまとまっていてよい本でした。ほとんど通勤時間にみていたのでかかった時間は分かりませんが、小学校算数は6時間もかからず、中学校数学は大体6時間くらいだったかと思います。ただ読んでいるだけだと分かった気になるだけなので、こちらの問題「都道府県別 公立高校入試[問題・正答]」を少し解いたりしました。 小学校6年間の算数が6時間でわかる本 中学3年間の数学を8時間でやり直す本 目次 小学算数 PART1 分数の計算 PART2 少数の計算 PART3 面積図・線分図・方程式 PART4 すばやく計算 PART5 割合 PART6 比 PART7 単位量あたりの大きさ PART8 速さ・時間・道のり PART9 平面図形 PART10 立体図形 PART11 比例・反比例 PART12 場合の数 中学数学 PART1 正の数と負の数 PART2 文字式 PART3 1次方程式 PART4 連立方程式 PART5 因数分解と展開 PART6 平方根 PART7 2次方程式 PART8 確率 PART9 1次関数 PART10 関数y=ax2 PART11 図形 PART12 三平方の定理 おまけ ついでに暗算も少しは早くできるようになりたいということで検索して一番にヒットした「暗算を簡単にする10の方法」も少しやってみました。他にもよい暗算の方法があれば教えてほしいです。 左から右に 細かい文字をシンプルに 分数、少数のきまりを覚えておく 数字の「0」と「5」を利用する 倍数を使いこなす 大まかな数字を出す 数字を”リフレーズ”と”リアレンジ”する 答えが合えばそれでいい 億単位の数字にも計算方法はある チップを計算する簡単な方法 まとめ まだまだ先ですが子供らの高校受験まではある程度教えられるかなという気持ちになりました。ただ実際にはちょっと問題を解いただけなので、またその頃になったら復習しているかもしれません。次は時間を見つけて高校数学で面白そうな分野(機会学習にも役立ちそうな?)を選択してやってみようと思います。

PyLadies Tokyo 3周年記念パーティーでLTしてきた

以前PyLadies Tokyo 3周年記念パーティーに参加してLTしてきたのでその参加メモ。基本的にこれから書く内容は以下の投稿とtogatterにまとまっている内容と似た内容になっているけど記録として書きます。 PyLadies Tokyo – 3周年記念パーティ に参加してきた PyLadies Tokyo – 3周年記念パーティ に参加してきた #pyladiestokyo – massa142’s blog PyLadies Tokyo 3周年記念パーティー Togatterまとめ PyLadies Tokyo 3周年記念パーティー PyLadies Tokyoとは? PyLadies Tokyo は,PyLadies の東京支部です。Pythonが好きな女性同士をつなぐために、よりPythonが好きになってもらえるように、活動しています。初心者の人が参加しやすい入門者向けイベントから熟練者がより楽しめるようなちょっと難易度の高いイベント、みんなでワイワイ発表するLT大会など、様々なテーマで毎月イベントを開催しています。どうぞお気軽にご参加下さい。 https://pyladies-tokyo.connpass.com/event/64367/ 普段は女性Onlyだけど今回は3周年記念イベントということで男性枠を設けてくれている。 PyLadies Tokyo – 3周年記念パーティ (2017/10/15 12:20〜) 参加動機 PyLadies Tokyoのメンバーと一緒にPyCon APAC 2017 in Malaysiaへ行って来たのがきっかけ PyCon APAC 2017 in マレーシア 参加レポ LTスライド PyConをきっかけに英語力を身につける New presentation (2017-10-14 21:18:42) 全体的な感想 この日は翌日にサービスローンチを控えているという状況だった為、会社から直行してLT終わって直帰するという非常に残念な状況だった。前半のLTしか聞けなかったけど、それでもLTは全部おもしろくてものすごく楽しめた。(お酒飲めなかったし食事もほとんどできなかったけど)スポンサーのRettyさん、Google Cloud Platformさんありがとうございました。

node-nightlyを使ってwebpackをデバッグする

webpackに限らずだけどnode-nightlyを使うと簡単にデバッグすることができる Debugging When contributing to the core repo, writing a loader/plugin, or even just working on complex project, debugging tools can be central to your workflow. Whether the problem is slow performance on a large project or an unhelpful traceback, the following utilities can make figuring it out less painful. node-nightlyをインストールする インストール後一度初期化を行う npm i -g node-nightly // 初期化 node-nightly webpackの実行環境をつくる デバッグする為にwebpackの実行環境をつくる npm initしてwebpackをディレクトリ配下にインストールする npm init npm i -D webpack //バージョンは4.12.1 npx webpack –version 4.12.1 webpack-cliをインストールする。ここではグローバルインストールとしている。 npm i -g webpack-cli //バージョンは3.0.8 webpack-cli –version 3.0.8 webpack.[prod].jsをコマンドラインから作成する webpack-cli init 以下のように聞かれるので好みの設定をする(今回はデフォルトを利用) ℹ INFO For more information and a detailed description of each question, have …

Golang 1.13 released! The difference from 1.12 to 1.13

Golang 1.13 was released in 3 September 2019. This post has difference from 1.12 to 1.13. I check the changes at the release notes and difference of src. Release Notes Go 1.13 Release Notes The latest Go release, version 1.13, arrives six months after Go 1.12. Most of its changes are in the implementation of the toolchain, runtime, and libraries. As always, the release maintains the Go 1 promise of compatibility. We expect almost all Go programs to continue to compile and run as before. Diff on GitHub Release branch.go1.13 by taisa831 · Pull Request #1 · taisa831/go This PR …

Go言語 GORM+GinでTODOリストのAPIを作ってみた

前回の「Go言語 GORM+GinでTODOリストを作ってみた」に続いて「GORM+Gin」でTODOリストのAPIを作ってみました。ソースコードは前回からの差分だけを記載しています。できたものは下記URLから確認できます。 http://sandbox.taisablog.com/api/v1/ GinのGithub 事前情報 Webフレームワーク:Gin (https://github.com/gin-gonic/gin) ORM:GORM (https://gorm.io/docs) DB:MySQL ルーティングは今回はAPIなので以下としました。モデルをtasksにすればよかったと思いましたが一旦このままにしておきます。 [GIN-debug] GET /todo –> main.main.func1 (3 handlers) // 一覧表示 [GIN-debug] POST /todo –> main.main.func2 (3 handlers) // 新規作成 [GIN-debug] GET /todo/:id –> main.main.func3 (3 handlers) // 編集画面表示 [GIN-debug] PUT /todo/:id –> main.main.func4 (3 handlers) // 編集 [GIN-debug] DELETE /todo/:id –> main.main.func5 (3 handlers) // 削除 ディレクトリ構成 . ├── api │   └── v1 │   └── todo.go ├── controllers │   └── todo.go ├── db │   └── db.go ├── main.go ├── models │   └── todo.go ├── router    └── router.go router.go router.goにr.Group(“/api/v1”)のAPI用のグループを追加してルーティングを追加しました。 package router import ( “github.com/gin-contrib/cors” “github.com/gin-gonic/gin” “github.com/jinzhu/gorm” v1 “github.com/taisa831/sandbox-gin/api/v1” “github.com/taisa831/sandbox-gin/controllers” …