taisablog

taisa's engineer blog

スクリーンショット 2017-07-26 21.51.01

投稿日:

-

執筆者:

関連記事

no image

AWS LightsailでVirtual Hostするメモ

AWS Lightsailにwordpressを移行して、LightsailでVirtual Hostを利用したいと思ったけど、bitnami、Apacheということでどこになにがあるかわからず調べたのでメモ。 bitnamiのApache設定 /opt/bitnami/apache2/conf/bitnami/bitnami.conf この中で bitnami-apps-vhost.conf が Include されている Include “/opt/bitnami/apps/wordpress/conf/httpd-vhosts.conf” /opt/bitnami/apache2/conf/bitnami/bitnami-apps-vhosts.conf には wordpress の httpd-vhosts.conf が Include されている Include “/opt/bitnami/apps/wordpress/conf/httpd-vhosts.conf” wordpressのprefixにはDocumentRootが記述されている Include “/opt/bitnami/apps/wordpress/conf/httpd-vhosts.conf” /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/sampleのようにhtdocsの配下にディレクトリを作成してindex.htmlを置き、sample.taisablog.com ドメインにDNS設定を追加してあげればとりあえず、VirtualHostが追加できる <VirtualHost *:80> ServerName sample.taisablog.com DocumentRoot “/opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/sample” Include “/opt/bitnami/apps/wordpress/conf/httpd-app.conf” </VirtualHost> Apache再起動 sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart apache

PHPUnitの使い方を仕組みから理解する

ここ数年仕事ではPHPを使って開発をしていますが、最近品質について考える機会が増えたこともあり、これを機にPHPUnitと周辺のモジュールの仕組みを理解してより楽にテストができるようにしたいと思います。 PHPUnitは? Sebastian Bergmann Created PHPUnit. Co-Founded thePHP.cc. Helps PHP developers build better software. PHPUnitの作者は、Sebastian Bergmannという方でthePHP.ccのファウンダーのようです。関連情報は以下にて確認してみてください。 TwitterアカウントPHPUnit GithubPHPUnitマニュアル PHPUnitの構成 PHPUnitは以下のような構成になっています。 phpunit php-code-coverage php-file-iterator php-text-template php-timer php-token-stream phpunit phpunit-mock-objects これらはGitHub上ではそれぞれ別々のリポジトリに分かれていますが、phpunitが本体でそれ以外はデフォルトの関連ライブラリという位置づけになるかと思います。 PHPUnitのsrc構成 モックオブジェクトなどを除いたphpunitだけのパッケージとクラス構成を見てみるとこんな感じになります。 ├── Exception.php ├── Extensions │   ├── GroupTestSuite.php │   ├── PhptTestCase.php │   ├── PhptTestSuite.php │   ├── RepeatedTest.php │   ├── TestDecorator.php │   └── TicketListener.php ├── ForwardCompatibility │   └── TestCase.php ├── Framework │   ├── Assert │   │   └── Functions.php │   ├── Assert.php │   ├── AssertionFailedError.php │   ├── BaseTestListener.php │   ├── CodeCoverageException.php │   ├── Constraint │   │   ├── And.php │   │   ├── ArrayHasKey.php │   │   ├── ArraySubset.php │   │   ├── Attribute.php │   │   …

no image

2017年の抱負

2017年になって1Qが終わろうとしているけど、年末に考えた2017年の抱負を書こうと思う。 2017年の抱負 いろんなことはできないので3つ+サブ目標で考えた。 生産性ビックデータビジネス・インテリジェンスサブ目標 フロントエンド 英語 生産性 これまでも開発の生産性を意識した活動をしてきたが、全員の開発効率アップ、品質アップのような守備的な活動が多かった。けど今年はスクラム体制にして攻撃的な面も加えていきたいと思う。 去年までの振り返り 去年までは2人1組のような小さなチームで開発し、できたらリリースするというサイクルで開発していたが、以下の問題が細かく積み重なってきていた。(サービスの規模がそういった状況に陥る状況にまで成長したとも言える。) マネージャーの管理コストが高い要件定義して開発に仕事を振る側の負担が大きい開発者が指示待ちになる開発した機能が属人的になる開発メンバーが他のメンバーが何をしているか把握できない(チーム感がない)開発・営業・運用で足並みを揃えるのが難しい これらの問題を一気に解決する為に2017年からはスクラム体制で開発を進めることした。 スクラムのチーム構成 最初のスクラムチームの構成は以下の7人体制 プロダクトオーナースクラムマスター(自分)開発チーム デザイナー兼コーダー 中堅エンジニア 2~3年目のベトナムメンバー(2人) 新卒エンジニア スクラムを始めるあたり読んだ資料と書籍 Wikipedia まず最初に見たのがWikipedia。スクラム自体はある程度決まった型があるので、ここを見るだけでも大体の流れを確認することができた。また、スクラムガイドがリンクされているので合わせて読んだ(こちらも17ページ程)。 SCRUM BOOT CAMP THE BOOK 次に読んだのがこちらSCRUM BOOT CAMP THE BOOKこの本はスクラムについての概要はわかったけど実際どんな風に進めたらよいかが分からないという方におすすめ。実際の流れを漫画を交えて説明してるので読みやすいし一連のスクラムの流れがわかる。個人的にはスクラムガイドとこの本を読めばスクラムを開始できると思う。 スクラム実践入門 他の書籍も一応見ておこうと思って呼んだのがこちらスクラム実践入門 ── 成果を生み出すアジャイルな開発プロセス (WEB+DB PRESS plus)この本ではいくつかの企業の事例が紹介されている。スクラムを始めるきっかけなどが書かれているので事例を見てみたいという方には良いと思う。 Joy,Inc. ジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメント この本は直接スクラムには関係ないけど、おもしろい取り組みをしていて、開発の生産性をあげたいという意味で参考になっておもしろかった。スクラムを始めるにあたって読んでおいてよかったなという一冊。 ビックデータ 2つ目の目標はビックデータを本格的に扱うこと。数年前にバズワードになったけど、本格的にあたり前のように活用されるのがこれからだと思う。データがたまり、インフラが整いデータを安価で扱いやすい状況になってきている。ビックデータといっても様々な文脈があるが、個人的な活動の目標としては「GoogleBigQuery」、「AWS」を触りつつ手元にあるデータをいろんな形でこねくり回せる状態にする。というのを目安に進めていく。 ビジネス・インテリジェンス 3つ目もビックデータの文脈だが、データから有効な示唆出しをすることが一つのゴールになるのでそこを見失わないようにしたい。いろいろ触って「データサイエンティスト」の雰囲気がなんとなくつかめてきた。という状態にしたい。 サブ目標 いくつもやりたいことをこなすなんてことは自分にはできない。けどサブとしてでもやりたいと思ってるのが以下の2点。 フロントエンド jQuery脱却して一気にモダン化させたい(楽に開発をしたい) 英語 英語の勉強をするというよりは英語を使う環境に身をおける状態にする英語の技術系podcastを聞く 今年の抱負のまとめ 生産性を最大化しつつデータをこねくり回せるようにするできればフロントを最適化して英語も多少はコミュニケーションがとれるようにする

スクラムの取り組み紹介

スクラムを初めて約3ヶ月がたったので取り組み内容を簡単にまとめてみました。 参考にした文献 SCRUM BOOT CAMP THE BOOK Amazonより スクラム実践入門 ── 成果を生み出すアジャイルな開発プロセス (WEB+DB PRESS plus) Amazonより ジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメント Speakerdeck:スクラムの取り組み 参考書籍 SCRUM BOOT CAMP THE BOOK Amazonより スクラム実践入門 ── 成果を生み出すアジャイルな開発プロセス (WEB+DB PRESS plus) Amazonより ジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメント

PyCon APAC 2017 in マレーシア 参加レポ

PyCon APAC 2017に参加してきたのでその参加レポ。自分にとっては初めての海外カンファレンスだったのでとても有意義な旅行になった。 PyCon APACって? 毎年開催されているアジア太平洋のPythonカンファレンスで去年は韓国だったが、今年はマレーシアのクアラルンプールで開催された。 PyCon APAC 2017 クアラルンプールへ 前日の朝に到着 クアラルンプール着いた (@ Kuala Lumpur International Airport 2 (KLIA2) – @my_airports) https://t.co/JIqLhzUfdR pic.twitter.com/upaHiQ6QPT — たいさ (@taisa831) 2017年8月24日 とりあえずチェックインまで軽く街を散策 夜 PyConAPACに参加している日本メンバーで食事会をした。マレーシアはご飯おいしいしツインタワーすごいしでとてもよいところだった。 PyCon APAC 2017 in マレーシア 前夜祭楽しかった。飯うまだしツインタワー凄いしいいところ。 たいささん(@taisa831)がシェアした投稿 – 2017 8月 25 8:02午後 PDT カンファレンス初日 キーノート スピーカーはLuis Miguel Sanchez キーノート始まった #pyconapac pic.twitter.com/eeselKrgZB — たいさ (@taisa831) 2017年8月26日 Tea Break 30分のTea Break。Tea Breakといいつつ食事も提供された。 ティーブレイク pic.twitter.com/QylXOliBqZ — たいさ (@taisa831) 2017年8月26日 Understanding The World With The Help Of Python Understanding The World With The Help Of Python pic.twitter.com/68QWCaCREZ — たいさ (@taisa831) 2017年8月26日 Data Mining of News (Intermediate) Data Mining of News pic.twitter.com/2I6CdLHgjs — たいさ (@taisa831) …