taisablog

taisa's engineer blog

36970808791_815b5688b8_k

投稿日:

-

執筆者:

関連記事

no image

2020年の抱負

気づけば長年PHPの環境にいましたが、昨年あらたな環境で開発できるようになったのでこれらを軸にビジネスにつなげていきたいと思います。 毎年書いていますが、自分は積んでるエンジンが小さい上に車体も故障気味なので多くのことはできないですが、できる限り工夫してやっていきます。 GolangVueJSReactTypeScriptAWSPython (Flask)執筆ブログ継続 中長期的な話 3~5年スパンで中長期的なことを考えてやりたいこと・やらないことを決めて微調整しながらコツコツやっていますが、昨年環境が変わったこともありあらためて少し考え直しました。 楽しく仕事をする 今がめちゃくちゃ楽しいのでこれを維持したいのが本音です。ビジネスが広がりつつこれを維持しつつ更によくすることに注力します。 良いプロダクト良いメンバー良い技術スタック これが自分の意識する3本柱です。どれがかけてもだめなのでこれらをどうするかを考えて行動します。 生活面 体力の衰え、太りやすさを感じる年齢にもなってきたので昨年末から下記をするようになりました。これらをスモールスタートで継続します。 腕立て・スクワット・プランクランニング家で飲みすぎない家でタバコをなるべく吸わない ブログ書くネタが沢山できて嬉しい限り。そして何より「家内安全」「健康第一」で!

「slideship Tech Dive vol.1 フロントエンド特集」でLTしてきた

connpassリンク slideship Tech Dive v1.0 #React / ReactVR / #VueJs Webフロントエンド特集 「slideship Tech Dive v1.0 #React / ReactVR / #VueJs Webフロントエンド特集」でLTしてきた。タイムテーブルは、メインセッションがVue、ReactVR、React SPAになっていてその後LT4本で親睦会という構成。自分は「フロントエンド速習コース」というタイトルでLTをさせてもらった。 slideshipって何? markdownで手軽にスライドがつくれちゃうサービスでコードシンタックスハイライトを自動でやってくれたりPDFに変換してくれたりする。今回LTするにあたって前日までラフなマークダウン文章しかなかったけど早くスライド作らなきゃっていう焦りがなかったので気分的に非常に楽だった。 slideship.com トークスライド (すべてslideshipでできてる) Vue.js 効果的だった事例から見る利点と特徴 橋本 安司さん @yellow844 これが大事↓ 「単一ファイルコンポーネントで『テンプレート、ロジック、スタイル』の関心を分離させる記述になっており、ファイル分割してより疎な状態に出来る。更にテンプレートやスタイルのテンプレート言語・CSSプリプロセッサを選択できる。」 ReactVR でつくるサーバ連動型インタラクティブ VR 原 一浩さん @kara_d 「s7は爆発の危険がある」に笑った。 React SPA における OGP への挑戦 池内 孝啓 @iktakahiro サーバサイドレンダリングはしないぞ!っていうこだわりが感じられた LT PATENTS問題とfast-asyncについて 石井 直矢さん @kaidempa OSSのライセンスのお話 フロントエンド速習コース @taisa831 3ヶ月でフロントエンドを一気にキャッチアップした時にやったことを紹介した。 書籍プレゼント企画 サーバーレスシングルページアプリケーション ―S3、AWS Lambda、API Gateway、DynamoDB、Cognitoで構築するスケーラブルなWebサービス こちらの書籍の監訳者の吉田 真吾さん @yoshidashingo じゃんけん大会で書籍はゲットできなかったけどこの書籍はオライリーの電子版で購入した。タイトル見て発売したら速攻買おうと思ってたけどReal World Httpに先に手出してたので買えてなかった。 RxJSコトハジメ @massa142 RxJS良さそう。マーブルテスト楽しそう。 勉強会風景 まとめ ちょうどフロントエンドのキャッチアップをしていたのでとても良い機会になった。トーク内容もいろいろあってとても楽しめ。次回も楽しみ。

no image

2018年の英語振り返り

毎年英語力向上を目指して何かしらやったりやめたりしていますが、今年の英語はどうだったかなと振り返ってみます。そもそも海外で働く予定もなく日々英語でコミュニケーションを取るという状況にはすぐにはならないのでゆるゆるとやっています。とはいえ年1で海外に行った時に簡単なコミュニケーションくらいはできるようになりたいというのが今年の目標でした。 PyCon APAC 2018の参加の為シンガポールへ 今年は5月にシンガポールへ行きました。PyCon APACへの参加は去年のマレーシアに続き二年目です。マレーシアに行った時はひたすら英語を聞き続けるのに疲れ果て、コミュニケーションもままならなかったのですが、今年は比較的余裕を持って聞いたりコミュニケーションをすることができた気がします。ただそれは話している人の英語の癖がたまたま少なかったからとかそういうのもあったかもしれないのでなんとも言えません。それでも今年は gihyo.jp に参加レポートを寄稿することができたのはよかったです。 「PyCon APAC 2018 in Singapore」参加レポート 2018年5月31日(木)~6月2日(土)にかけて行われた「PyCon APAC 2018 in Singapore」。後半の2日間に行われたカンファレンスデイの様子やセッション以外の現地滞在の様子などを,当日参加したメンバーが2回にわたってお届けします。 DMM英会話 DMM英会話は、去年マレーシア行った後に来年のシンガポールに向けてと思いはじめました。はじめは普段できない英語でのコミュニケーションができるというのがあって、ある程度時間をさいてやってましたが、通勤時間が長い、仕事がある程度忙しくなる、子供が2人になるというのがありシンガポール行った後に退会しました。ただそのおかげもあってか上記の通りシンガポールには比較的リラックスして望むことができました。 Podcast 今年もPodcastは「Talk Python To Me」だけ通勤中にだらだらと聞いていました。ここはスクリプトを全文公開してくれるので嬉しいです。来年は他の技術系Podcastも聞いてみようと思っています。 Talk Python To Me Podcast Talk Python To Me is a podcast for developers who are passionate about Python. Learn about the language and related technologies. 語彙力 語彙力アップにはDuo 3.0を選びました。同期としてはCDがついてて例文を移動中に聞き流すことができるから。これまで色々試してみたけど単語帳で単語を覚えるのは日常的に英語を使わない人間にとっては厳しいものがあるのがわかったのでこれもだらだら聞き流せるものをチョイスしました。 DUO 3.0 / CD復習用 英語ブログ コミュニケーションをする機会がなくインプットばかりになってしまうので書くことで英語に慣れる為に英語でちょっとしたことを書くことをはじめました。これはほとんど書けていないので来年はもうちょっと書いていこうと思います。 たいさのライフログ – taisa’s life log I’m Masaki Sato. 34 years old.I’m a engineer of cocolive.inc for about 4 years. It&#8217 … まとめ 英語を使わない環境で英語を頑張るってのは無理があることがここ数年で分かってきたので、なんとなくモチベーションが湧いた時に少しずつ楽しみながらやっていき来たる将来に向けての準備をしていけたらなと思っています。

Rust+WebAssembly で Hello, World!

以前 Rust をはじめてみよう!という記事を書いた。今回は Rust + WebAssembly を使って Hello, World!の出力をやってみた。 WebAssembly について まず WebAssembly とは何か。本家サイトの Overview をみてみる。ここにある通り、WebAssembly(WASM)は C/C++/Rust などの高級言語を使って開発をしバイナリ形式で動かすことができる。その為 Web 上で高速に動かすことができる。とりわけゲームなどの実行速度が求められるような分野で有効になる。Chrome、Firefox、Safari、Edgeで利用が可能。 WebAssembly (abbreviated Wasm) is a binary instruction format for a stack-based virtual machine. Wasm is designed as a portable target for compilation of high-level languages like C/C++/Rust, enabling deployment on the web for client and server applications. https://webassembly.org/ よくデモに出てくる Unity を使った動画 https://webassembly.org/demo/Tanks/ Youtube動画 再生回数が一番多い動画をあげておく。2018年2月の動画ですごく分かりやすく説明されている。 Rust+WebAssembly のドキュメント https://rustwasm.github.io https://github.com/rustwasm ここからは以下の記事を実際にやってみる。実際にほぼそのまま実行しているだけなので以下についてはリンクをチェックするだけでも良いです。 https://rustwasm.github.io/book/game-of-life/hello-world.html 事前準備 参考URL:https://rustwasm.github.io/book/game-of-life/setup.html rustup を使って rust をインストールする curl https://sh.rustup.rs -sSf | sh source $HOME/.cargo/env source $HOME/.cargo/envは .zshrc などに記述しておくとよい wasm-pack インストール wasm-pack を使うとビルド・テスト・公開などが簡単にできる curl https://rustwasm.github.io/wasm-pack/installer/init.sh -sSf | sh cargo-generate インストール cargo-generate を入れるとcargo …

GitLabのprivateなPHPライブラリをcomposer installするには

社内ツールでprivateなリポジトリに置いておきたいけど、いろんなプロジェクトでcomposer installしたいというケースは以外とあるんじゃないかと思います。そういう時は、composer.jsonにrepositoriesを追加して、GitLab(ここではGitLabとしています)のURLを指定するとインストールが可能になります。しかしそのままだとpublicなリポジトリしかだめですが、privateなリポジトリであれば、GitLabからPersonal AcessTokenを取得して、composer config –global –auth gitlab-token.gitlab.com [ACESS_TOKEN]を実行すればcomposer installが可能になります。 { “name”: “taisa831/sample-framework-app”, “license”: “MIT”, “authors”: [ { “name”: “taisa”, “email”: “g5.taisa831@gmail.com” } ], “require”: { “taisa831/sample-framework”: “dev-master” }, “repositories”: [ { “type”: “vcs”, “url”: “git@gitlab.com:taisa831/sample-framework.git” } ] } では、Webフレームワークをprivateなリポジトリに公開して利用するところまでをやってみます。 (今回は便宜上publicにしています) 事前準備 ここではサンプルのWebフレームワーク(実装なし)をプロジェクトにインストールできるようにすることにします。リポジトリは2つで、フレームワークの実態であるsample-frameworkとフレームワークの雛形となるsample-framework-appを用意しておきました。それぞれの構成は以下の通りです。 https://gitlab.com/taisa831/sample-framework.git # フレームワークの実体 . ├── README.md ├── composer.json ├── src ├── tests └── vendor https://gitlab.com/taisa831/sample-framework-app.git # フレームワークの雛形 . ├── README.md ├── composer.json ├── composer.lock ├── config ├── controllers ├── models ├── public │   └── index.php ├── routes ├── tests └── views このsample-framework-appのcomposer.jsonには上記でも記載した内容が書かれています。requireにtaisa831/sample-frameworkを指定し、repositoriesにGitLabのURLを指定することで探してくれるようになります。 { “name”: “taisa831/sample-framework-app”, “license”: “MIT”, “authors”: [ { “name”: “taisa”, “email”: “g5.taisa831@gmail.com” } ], “require”: { …