taisablog

taisa's engineer blog

20160204171644

投稿日:

-

執筆者:


comment

Your email address will not be published.

関連記事

Gitのソースコードをデバッグする

これまでGitの内側の仕組みなどをチェックしてきて、最近ようやくソースコードをデバッグしてみても処理が追えそうというところまできたので記事にまとめておきます。ただ色々試しながらやった結果なので、もっとよいやり方はあるかもしれません。 emacsとgdbをインストール 今回OSはCentOSを使っていきます。 sudo yum install emacs sudo yum install gdb gitのソースコードをクローンする 今回はGitHubにあるソースコードを利用します。 git clone https://github.com/git/git.git cd git # バージョンを指定してチェックアウトしておきます。 git chekcout -b v2.6.0-rc1 ソースコードをコンパイルする まず必要なライブラリをインストールしてからコンパイルします。 yum install curl-devel expat-devel gettext-devel openssl-devel zlib-devel perl-ExtUtils-MakeMaker make emacsを起動してデバッグをする 環境が整ったので、ここからgdbを起動しgitコマンドのデバッグをしていきます。gdbはそのまま起動しても使えますが、emacsからの方がデバッグしやすいのでemacsからgdbを起動します。 # emacsを起動する emacs -nw # gdbを起動する M-x gdb gdb –annotate=3 git # main関数で止まるようにブレークポイントを指定します (gdb) b main # 実行 (gdb) r デバッガが起動しました。画面上側がコマンドラインで、下側がソースになっています。 # ステップ実行(next) (gdb) n # 変数の内容をチェック (gdb) print argc $1 = 1 # ステップイン(step) (gdb) s # 最後まで実行(continue) (gdb) c gitコマンドを実行した場合、676行目までいき usage と The most commonly used git commands が表示されて終了します。 /* The user didn’t specify a command; give them help */ commit_pager_choice(); …

no image

2017年の振り返り ~活動報告~

2017年のインプットとアウトプットを整理しながら振り返る。 読書 大体以下の本を読んだ。今年は書評ブログも書こう。 SCRUM BOOT CAMP THE BOOK ジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメント スクラム実践入門 ── 成果を生み出すアジャイルな開発プロセス (WEB+DB PRESS plus) JavaScript: The Good Parts ―「良いパーツ」によるベストプラクティス JavaScriptパターン ―優れたアプリケーションのための作法 JavaScript Ninjaの極意 まつもとゆきひろ 言語のしくみ ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装 ゼロからはじめるデータサイエンス ―Pythonで学ぶ基本と実践 Real World HTTP ―歴史とコードに学ぶインターネットとウェブ技術 みんなのGo言語[現場で使える実践テクニック] SQLアンチパターン ブログ 合計17本書いた。1、2月は外したけど概ね月1ペースは保てたのでよかった。今年も最低同じペースか月2本ペースで書きたい。 外部LT そもそも外部でLTをすることが目標だったからできてよかった。実際にはもう一つやったけど SlideShip じゃなかったから資料がみれなくなった。SlideShip最高! コミュニティ活動 PyCon JP 2017 in Tokyo スタッフ 去年活動できなくて残念だったから今年はコミットできたし当日参加もできたから最高だった。 カンファレンス参加 PyCon APAC 2017 – PyCon in Malaysia and python in general AWS Summit Tokyo 2017 Day2、Day3 PyCon APAC は行きたくて行けてなかったイベントだったから行けて本当によかった。 今年もなんとか参加したい。 英語 Talk Python To Me DMM英会話 海外ドラマ・映画 Walking Dead メンタリスト プリズン・ブレイク なんとか英語に触れられた一年になった。今年はもう少し比重を多くする予定。 ライブ Perfume FES!! 2017 Perfume×電気グルーヴ@幕張 5th ANNIVERSARY SILENT SIREN LIVE TOUR 2017 『新世界』@武道館 Яealライブ@渋谷www SILENT …

AWS Summit Tokyo 2017:Day3 参加レポ

前回に引き続きAWS Summit Tokyo 2017 Day3の参加レポ 基調講演 基調講演会場は相変わらず広くて豪華 昨日に引き続き来た 今日は確かDJ #AWSSummit pic.twitter.com/1ui1017Hla — たいさ (@taisa831) June 1, 2017 オープニング Day3のオープニングはDJだったけど前日の生ライブと比べたらまぁ普通に音楽流してるのとなんら変わらん感じで特に感動はなし AWS Summit Tokyo スペシャルバンドによる演奏でAWS Summit Tokyo 2017 Day2 基調講演がはじまりました!#AWSSummit pic.twitter.com/SMkfuUfRIG — アマゾン ウェブ サービス (@awscloud_jp) May 31, 2017 Amazon.com CTO Werner Vogles オープニングのDJが終わるとAmazon CTOのWerner Voglesが出てきた。身体がでかくいかにも貫禄があっていい感じ。スピーチもさすがという感じで各所にAWSをスーパーパワーという表現で伝えていて聞いていてワクワクしてくるような内容だった。 メモ このカンファレンスはセールスではなく教育である Cisco、IBM、HPEはマイナス成長。古い保守派の企業は成長してない(オンプレミスはおわってる) ストックホルム、中国、大阪ローカルリージョン追加 ワールドワイドなリージョンの運用が可能 この辺の話は前日とだいたい同じ ゲストスピーカー/ソラコム 安川健太 メモ デバイスを直接クラウドに接続する(インターネットを経由しない) キャリアと連携して直接AWSにアクセスする網を作った awsを活用してapiを使ってmicroservicesで構成している DynamoDB使ってる 疎結合化と非同期化 kinesis+lambda functionを使ってる awsをフル活用することで小さなスタートアップでもすごい速度でサービス開発ができている Werner Voglesに戻る 2014年にクラウドが明確に当たり前になった 今は進化の過程のどこにいるのか? プロダクションの中心(IT自体が差別化にはならない) 検索などはできなければならない、できなければ他よりも劣るだけ AWSはスーパーパワーを与えた 超音速(スーパーパワー) AWSを使って利用社はプロダクトをユニークにすることだけに集中すればいい AWSが開発の制約になってはいけない(利用者の目標を達成してもらう為にやっている) ゲストスピーカー/NTT東日本 中村 浩 CloudGateway (re:connect)の紹介(もともと社内で使ってたものをサービス化した) コスト・セキュリティ・アジリティを重要視 企業の基幹システムでクラウド利用が進まない状況 NTTがAWSと直結するサービスとし安く、すぐに、セキュアに使いたい分だけ使えるように Werner Voglesに戻る 目に見えないスーパーパワー(サーバレス) 常に可用性が高い AWS Lambdaを使えば簡単にアプリを実行できる Finraの例 常にマーケットイベントを処理しているがそれらはLambdaを活用して稼働できている 複数の関数を使う場合は? AWS Step Functionsを使うことが可能 いろんな枝分かれしたものでもAWS Step FunctionsでLambda実行利用可能 AWS X-Ray 分散型の情報のトレーシングができる Amazon DynamoDB 他のNoSQLにはコンフィグがたくさんあって大変だが、そもそもやりたいことというのは一貫したパフォーマンスが必要だということだけ …

no image

2018年の英語振り返り

毎年英語力向上を目指して何かしらやったりやめたりしていますが、今年の英語はどうだったかなと振り返ってみます。そもそも海外で働く予定もなく日々英語でコミュニケーションを取るという状況にはすぐにはならないのでゆるゆるとやっています。とはいえ年1で海外に行った時に簡単なコミュニケーションくらいはできるようになりたいというのが今年の目標でした。 PyCon APAC 2018の参加の為シンガポールへ 今年は5月にシンガポールへ行きました。PyCon APACへの参加は去年のマレーシアに続き二年目です。マレーシアに行った時はひたすら英語を聞き続けるのに疲れ果て、コミュニケーションもままならなかったのですが、今年は比較的余裕を持って聞いたりコミュニケーションをすることができた気がします。ただそれは話している人の英語の癖がたまたま少なかったからとかそういうのもあったかもしれないのでなんとも言えません。それでも今年は gihyo.jp に参加レポートを寄稿することができたのはよかったです。 「PyCon APAC 2018 in Singapore」参加レポート 2018年5月31日(木)~6月2日(土)にかけて行われた「PyCon APAC 2018 in Singapore」。後半の2日間に行われたカンファレンスデイの様子やセッション以外の現地滞在の様子などを,当日参加したメンバーが2回にわたってお届けします。 DMM英会話 DMM英会話は、去年マレーシア行った後に来年のシンガポールに向けてと思いはじめました。はじめは普段できない英語でのコミュニケーションができるというのがあって、ある程度時間をさいてやってましたが、通勤時間が長い、仕事がある程度忙しくなる、子供が2人になるというのがありシンガポール行った後に退会しました。ただそのおかげもあってか上記の通りシンガポールには比較的リラックスして望むことができました。 Podcast 今年もPodcastは「Talk Python To Me」だけ通勤中にだらだらと聞いていました。ここはスクリプトを全文公開してくれるので嬉しいです。来年は他の技術系Podcastも聞いてみようと思っています。 Talk Python To Me Podcast Talk Python To Me is a podcast for developers who are passionate about Python. Learn about the language and related technologies. 語彙力 語彙力アップにはDuo 3.0を選びました。同期としてはCDがついてて例文を移動中に聞き流すことができるから。これまで色々試してみたけど単語帳で単語を覚えるのは日常的に英語を使わない人間にとっては厳しいものがあるのがわかったのでこれもだらだら聞き流せるものをチョイスしました。 DUO 3.0 / CD復習用 英語ブログ コミュニケーションをする機会がなくインプットばかりになってしまうので書くことで英語に慣れる為に英語でちょっとしたことを書くことをはじめました。これはほとんど書けていないので来年はもうちょっと書いていこうと思います。 たいさのライフログ – taisa’s life log I’m Masaki Sato. 34 years old.I’m a engineer of cocolive.inc for about 4 years. It&#8217 … まとめ 英語を使わない環境で英語を頑張るってのは無理があることがここ数年で分かってきたので、なんとなくモチベーションが湧いた時に少しずつ楽しみながらやっていき来たる将来に向けての準備をしていけたらなと思っています。

小学校6年間の算数から中学3年間の数学までを復習してみた

はずかしながら小学校算数から中学校数学までを復習してみたのでまとめておきます。 動機 もともとはこちらの「文系エンジニアが機械学習に入門するために小学校の算数から高校数学までを一気に復習してみました。」の記事を見たのがきっかけでした。復習しようにもどうアプローチしたらよいかわからなかったからです(私の場合は機械学習よりかはただの興味という感じです)。もともと高校数学を少しやってみようかと思っていましたが、そもそも高校入ってからは真面目に授業を受けていなかったので高校数学などほとんど覚えていません(高校入るまではそれなりに勉強していましたが..)。それで高校数学をやるとすぐくじけそうなので、中学数学までをやってみることにしました。タイトルに時間があるのも心理的にとっつきやすくてよかったです。 教材 教材は記事にあった以下の教材を使いました。公立高校受験レベルですがとても分かりやすくまとまっていてよい本でした。ほとんど通勤時間にみていたのでかかった時間は分かりませんが、小学校算数は6時間もかからず、中学校数学は大体6時間くらいだったかと思います。ただ読んでいるだけだと分かった気になるだけなので、こちらの問題「都道府県別 公立高校入試[問題・正答]」を少し解いたりしました。 小学校6年間の算数が6時間でわかる本 中学3年間の数学を8時間でやり直す本 目次 小学算数 PART1 分数の計算 PART2 少数の計算 PART3 面積図・線分図・方程式 PART4 すばやく計算 PART5 割合 PART6 比 PART7 単位量あたりの大きさ PART8 速さ・時間・道のり PART9 平面図形 PART10 立体図形 PART11 比例・反比例 PART12 場合の数 中学数学 PART1 正の数と負の数 PART2 文字式 PART3 1次方程式 PART4 連立方程式 PART5 因数分解と展開 PART6 平方根 PART7 2次方程式 PART8 確率 PART9 1次関数 PART10 関数y=ax2 PART11 図形 PART12 三平方の定理 おまけ ついでに暗算も少しは早くできるようになりたいということで検索して一番にヒットした「暗算を簡単にする10の方法」も少しやってみました。他にもよい暗算の方法があれば教えてほしいです。 左から右に 細かい文字をシンプルに 分数、少数のきまりを覚えておく 数字の「0」と「5」を利用する 倍数を使いこなす 大まかな数字を出す 数字を”リフレーズ”と”リアレンジ”する 答えが合えばそれでいい 億単位の数字にも計算方法はある チップを計算する簡単な方法 まとめ まだまだ先ですが子供らの高校受験まではある程度教えられるかなという気持ちになりました。ただ実際にはちょっと問題を解いただけなので、またその頃になったら復習しているかもしれません。次は時間を見つけて高校数学で面白そうな分野(機会学習にも役立ちそうな?)を選択してやってみようと思います。