taisablog

taisa's engineer blog

git

投稿日:

-

執筆者:


comment

Your email address will not be published.

関連記事

スクラムの取り組み紹介

スクラムを初めて約3ヶ月がたったので取り組み内容を簡単にまとめてみました。 参考にした文献 SCRUM BOOT CAMP THE BOOK Amazonより スクラム実践入門 ── 成果を生み出すアジャイルな開発プロセス (WEB+DB PRESS plus) Amazonより ジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメント Speakerdeck:スクラムの取り組み 参考書籍 SCRUM BOOT CAMP THE BOOK Amazonより スクラム実践入門 ── 成果を生み出すアジャイルな開発プロセス (WEB+DB PRESS plus) Amazonより ジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメント

「はじめてのフロントエンド開発」という共著本を出版しました

『React,Angular,Vue.js,React Nativeを使って学ぶ はじめてのフロントエンド開発』という共著本を2018年5月9日に出版しました。 React、Angular、Vue.js、React Nativeを使って学ぶ はじめてのフロントエンド開発 Amazonより 自分はこの中の第3章の環境構築を担当しています。お陰様で現在まで売れ行きは好調ですが、一方で誤植もいくつか見つかっていますので誤植情報についてもこの投稿でお知らせします。また、表紙をパッと見ただけでは分からない本書の内容についてや去年最新JavaScriptフロントエンドをキャッチアップした経緯などを書いていきます。 どんな本か 「どんな本か」については共著者である新井正貴の投稿にまとめられているので確認してみてください。 「はじめてのフロントエンド開発」という本を書きました – massa142’s blog 共著者として参加していた書籍『React,Angular,Vue.js,React Nativeを使って学ぶ はじめてのフロントエンド開発』が、2018/5/9に 技術評論社 さまより発売となりました。 React、Angular、Vue.js、React Nativeそれぞれが、同じサーバの APIを参照し、同様の機能を持ったアプリケーションとして作成します。 どんな本か こんな方におすすめ 書いたきっかけ パンダの由来 サポートリポジトリ 本書の内容について 書籍タイトルは『React,Angular,Vue.js,React Nativeを使って学ぶ はじめてのフロントエンド開発』ですが、タイトルに出てくるワードの他にも『フロントエンドの最新動向』『環境構築』『ES2015』『TypeScript』『Firebase』についても書かれています。 表紙をパット見ただけでは内容が分からないところもあると思うので、本書がどのような内容かを簡単にまとめてみます。 アウトライン Part1:JavaScriptフロントエンドフレームワーク最新動向 第1章:JavaScriptフロントフレームワークの興隆 第2章:SPA、PWA – フロントエンド実装技術の最新トピック Part2:フロントエンドJavaScript開発のための基礎知識と環境構築 第3章:フロントエンドJavaScript開発のための環境構築 第4章:フロントエンドJavaScript開発のための基礎知識 第5章:フロントエンドJavaScript開発のためのサーバ構築 Part3:Slackライクなサンプルで比べて学ぶ React/Angular/Vue.js 第6章:React入門 & 徹底活用 第7章:Angular入門 & 徹底活用 第8章:Vue.js入門 & 徹底活用 Part4:Slackライクなサンプルで学ぶ React Native 第9章:React Native 入門 & 徹底活用 大きな流れ まずPart1で「JavaScriptフロントエンドの最新動向」を解説し、Part2で「環境構築」「ES2015」「TypeScript」「FirebaseによるAPIサーバの構築」などフロントエンド開発の事前準備をします。 Part3、4では「React」「Angular」「Vue.js」「React Native」それぞれの章の最初の入門で基礎知識を解説した後、同一のAPIを利用しSlackライクなサンプルアプリを作ります。それぞれが同一APIを使って同じアプリケーションをつくることでそれぞれの特徴を掴めるような構成になっています。 各Partについて Part 1:JavaScriptフロントエンドフレームワーク最新動向 第1章では「React」「Angular」「Vue.js」「React Native」に関する解説や比較をしています。また本書で扱うフレームワーク/ライブラリ以外(Polymer、Ember.js、Riot.js、Vanilla.js、Native Script、Weex、A-Frame、React VR)についてもそれぞれジャンル分けしながら取り上げて解説しています。 第2章では「SPA」「PWA」に関連する技術的な内容(クライアントサイドルーティング、CSS in JS、コンポーネント指向、SSRとプリレンダリング、バーチャルDOM、MVCとMVPとMVVM、Flux、PWA、Electron など)を取り上げて解説しています。 Part1を読むことで最新のJavaScriptフレームワークの動向を掴みつつ、フロントエンドに関する技術的な面を把握することができると思います。 Part 2:フロントエンドJavaScript開発のための基礎知識と環境構築 第3章では「node.jsのインストール」から「npm」「package.json」「webpack」「IDE(VS Code)」まで、開発に必要な環境構築について取り上げて解説しています。既に環境がある人にとっては飛ばしても良い内容ですが、一方で環境構築周りで躓く人も一定数いると思うので、その場合はこの章を進めていけば開発環境を構築することができます。 第4章では「ES2015」「TypeScript」について解説しています。第5章では「Firebase」を使って以降の章で利用するAPIサーバの立ち上げについて解説しています。 Part 3:Slackライクなサンプルで比べて学ぶ React/Angular/Vue.js、Part 4:Slackライクなサンプルで学ぶ React Native 第6、7、8、9章では、それぞれの章において各フレームワーク/ライブラリへの入門をした後サンプルアプリを作るという流れになります。 本書は(特にPart 3とPart 4)は、ただ読み進めるよりも実際にコードを書いて動かしてみてほしいというのが思いとしてあります。 中には「はじめての」というタイトルの割には敷居が高いと感じる人もいるかもしれませんが、とにかく書いて動かしてみて比較してみてほしいです。 誤植情報 誤植情報については以下のページにまとめていて、随時更新していますので何かあったらTweetしたりissuesにあげたりしてもらえると助かります。 okachijs/jsframeworkbook Contribute to jsframeworkbook development …

小学校6年間の算数から中学3年間の数学までを復習してみた

はずかしながら小学校算数から中学校数学までを復習してみたのでまとめておきます。 動機 もともとはこちらの「文系エンジニアが機械学習に入門するために小学校の算数から高校数学までを一気に復習してみました。」の記事を見たのがきっかけでした。復習しようにもどうアプローチしたらよいかわからなかったからです(私の場合は機械学習よりかはただの興味という感じです)。もともと高校数学を少しやってみようかと思っていましたが、そもそも高校入ってからは真面目に授業を受けていなかったので高校数学などほとんど覚えていません(高校入るまではそれなりに勉強していましたが..)。それで高校数学をやるとすぐくじけそうなので、中学数学までをやってみることにしました。タイトルに時間があるのも心理的にとっつきやすくてよかったです。 教材 教材は記事にあった以下の教材を使いました。公立高校受験レベルですがとても分かりやすくまとまっていてよい本でした。ほとんど通勤時間にみていたのでかかった時間は分かりませんが、小学校算数は6時間もかからず、中学校数学は大体6時間くらいだったかと思います。ただ読んでいるだけだと分かった気になるだけなので、こちらの問題「都道府県別 公立高校入試[問題・正答]」を少し解いたりしました。 小学校6年間の算数が6時間でわかる本 中学3年間の数学を8時間でやり直す本 目次 小学算数 PART1 分数の計算 PART2 少数の計算 PART3 面積図・線分図・方程式 PART4 すばやく計算 PART5 割合 PART6 比 PART7 単位量あたりの大きさ PART8 速さ・時間・道のり PART9 平面図形 PART10 立体図形 PART11 比例・反比例 PART12 場合の数 中学数学 PART1 正の数と負の数 PART2 文字式 PART3 1次方程式 PART4 連立方程式 PART5 因数分解と展開 PART6 平方根 PART7 2次方程式 PART8 確率 PART9 1次関数 PART10 関数y=ax2 PART11 図形 PART12 三平方の定理 おまけ ついでに暗算も少しは早くできるようになりたいということで検索して一番にヒットした「暗算を簡単にする10の方法」も少しやってみました。他にもよい暗算の方法があれば教えてほしいです。 左から右に 細かい文字をシンプルに 分数、少数のきまりを覚えておく 数字の「0」と「5」を利用する 倍数を使いこなす 大まかな数字を出す 数字を”リフレーズ”と”リアレンジ”する 答えが合えばそれでいい 億単位の数字にも計算方法はある チップを計算する簡単な方法 まとめ まだまだ先ですが子供らの高校受験まではある程度教えられるかなという気持ちになりました。ただ実際にはちょっと問題を解いただけなので、またその頃になったら復習しているかもしれません。次は時間を見つけて高校数学で面白そうな分野(機会学習にも役立ちそうな?)を選択してやってみようと思います。

プログラミング言語の歴史を見える化してみた

「まつもとゆきひろ 言語のしくみ」と「Talk Python #100」のGuidoの回をたまたま同時期に見聞きしたら言語の歴史を調べたくなった。言語は少なからず他の言語から影響を受けたり、他の言語に影響を与えたりしている。ということでその影響関係をwikipediaの情報を元に見える化してみた。 まつもとゆきひろ 言語のしくみ ぐちゃ〜。。。これだけ見ると複雑に絡み合ってよくわからない。ただ見たい言語をクリックするとその言語がフォーカスされどの言語がどの言語に影響を与えどの言語に影響を受けたかが見やすくなる。 使い方 ソースはこちら GitHub taisa831/Langury Contribute to Langury development by creating an account on GitHub. 多重継承が可能なC++で(ただクラスをつくってるだけ)doxygenとgraphvizを使って出力している。 インストール DoxygenとGraphvizをインストールする。 brew install doxygen brew install graphviz Languryをクローンする。 git clone git@github.com:taisa831/Langury.git cd Langury 出力 doxygenコマンドを実行してHTMLを出力して開く。 doxygen open html/index.html select Classes -> Class Hierarchy 対象言語 ここで取り上げた言語はwikipediaの以下を対象にした。 ※一部記載なし。 ※実際とは異なっていたり足りてない箇所があるご注意ください。 各言語について 1950年代:FORTRAN、LISP、ALGOL、COBOL 1960年代:CPL、BASIC、PL/I、BCPL、Simula、LOGO、B 1970年代:Forth、Pascal、C、Prolog、Smalltalk、ML、AWK、Ada 1980年代:C++、Objective-C、Common Lisp、Eiffel、Erlang、Perl 1990年代:Python、Tcl/Tk、Haskell、Visual Basic、Ruby、Lua、Delphi、Java、JavaScript、PHP、OCaml、SuperCollider、R 2000年代:C#、Scala、D、F#、Go 2010年代:Ceylon、Rust、Dart、Elixir、Hack、Swift 1950年代 FORTRAN 1954年にIBMのジョン・バッカスによって考案された。コンピュータにおいて広く使われたプログラミング史上最初の高水準言語。 LISP 1958年にジョン・マッカーシーによってはじめて設計された。高水準プログラミング言語の中ではFORTRANに次いで2番目に古い。LISPの名前は「list processor」に由来している。 ALGOL 1950年代中ごろに開発され、多くの言語に影響を及ぼした。ACMや教科書や学術論文などでアルゴリズム記述のデファクトスタンダードとして30年以上使われ、ほぼ同世代の高水準言語であるFORTRAN、LISP、COBOLに比べて最も成功した。設計者はバウアー、 ルティシュハウザー、 サメルソン、 バッカス、 パリス、 ナウア、 ファン・ワインハールデン、 マッカーシー他。FORTRANで明らかとなった問題を防ぐよう設計された。「ALGOL」は「アルゴリズム言語」を意味する英語「algorithmic language」に由来する。 COBOL 1959年に事務処理用に開発されたプログラミング言語。名前は「Common Business Oriented Language」(共通事務処理用言語)に由来する。 1960年代 CPL CPLはケンブリッジ大学の数学研究所とロンドン大学コンピュータ部の共同プロジェクトとして1960年代に開発された。C言語の遠い祖先となった言語でクリストファー・ストレイチーが関与している。Combined Programming Language「統合プログラミング言語」の意。 BASIC 1964年に米国ダートマス大学にて数学者ジョン・ケメニーとトーマス・カーツにより教育用などを目的としてダートマスBASICが開発された。初心者向けのプログラミング言語として、1970年代以降のコンピュータ(特にパソコン)で広く使われた。Windowsアプリケーションの主力な開発言語であるVisual Basicの文法に影を残している。 PL/I 1964年に生まれ。教育機関、商用、工業で使用され現在も使われている。「programming language one」(ピーエルワン)に由来する。 BCPL Basic Combined Programming Language、Basic-CPLは、1966年にケンブリッジ大学のマーチン・リチャーズが設計した。B言語の基礎で、B言語から派生したC言語は文法的にBCPLの亜種。 Simula オルヨハン・ダールとクリステン・ニガードによってALGOL60を拡張する形で1960年代に開発が始められたシミュレーション用途のプログラミング言語(登場時期は1967年)。世界最初のオブジェクト指向言語であると言われる。 …

Git 2.9でdiffがちょっとかしこくなった

ちょっと前にはなるがGit 2.9がリリースされてdiffがちょっとかしこくなった。 リリースノート Git 2.9 Release Notes 記事 Git 2.9 has been releasedGit2.9のキレイなdiffを出すためのconfig diffをいままでよりいい感じにする git diffに「–compaction-heuristic」オプションを追加するかgit configに「diff.compactionHeuristic true」を設定することで、これまでdiffがコンフリクト起こして正しく出せてなかったケースをカバーするようになった。今回のリリースではオプションつけるか設定変更する必要があるけど後々デフォルトになる予定とのこと。ちなみにほんとかな?と記事のソースで新旧バージョンで比較してみたところしっかり解消されてました。はいすいません。オプションつける場合 git diff –compaction-heuristic コンフィグに設定する場合 git config –global diff.compactionHeuristic true ハイライトもこれまでよりいい感じにできる diff-highlightでは同行の文字変更を見やすくするというものだけどこれ自体は以前からあった。ではどこが変わったかというと、これまでごく一部でハイライトできなかったけどそれ解消したよってことだと思う。でこっちも設定変える必要あるよとのこと。設定がなければ追加 git config –global pager.log ‘diff-highlight | less’ git config –global pager.show ‘diff-highlight | less’ git config –global pager.diff ‘diff-highlight | less’ 今回のリリースで追加された新しい設定 git config interactive.diffFilter diff-highlight ということで今回のリリースによって.gitconfigに設定が追加された。 [diff] compactionHeuristic = true [interactive] diffFilter = diff-highlight