taisablog

taisa's engineer blog

「 言語 」 一覧

プログラミング言語の歴史を見える化してみた

「まつもとゆきひろ 言語のしくみ」と「Talk Python #100」のGuidoの回をたまたま同時期に見聞きしたら言語の歴史を調べたくなった。言語は少なからず他の言語から影響を受けたり、他の言語に影響を与えたりしている。ということでその影響関係をwikipediaの情報を元に見える化してみた。 まつもとゆきひろ 言語のしくみ ぐちゃ〜。。。これだけ見ると複雑に絡み合ってよくわからない。ただ見たい言語をクリックするとその言語がフォーカスされどの言語がどの言語に影響を与えどの言語に影響を受けたかが見やすくなる。 使い方 ソースはこちら GitHub taisa831/Langury Contribute to Langury development by creating an account on GitHub. 多重継承が可能なC++で(ただクラスをつくってるだけ)doxygenとgraphvizを使って出力している。 インストール DoxygenとGraphvizをインストールする。 brew install doxygen brew install graphviz Languryをクローンする。 git clone git@github.com:taisa831/Langury.git cd Langury 出力 doxygenコマンドを実行してHTMLを出力して開く。 doxygen open html/index.html select Classes -> Class Hierarchy 対象言語 ここで取り上げた言語はwikipediaの以下を対象にした。 ※一部記載なし。 ※実際とは異なっていたり足りてない箇所があるご注意ください。 各言語について 1950年代:FORTRAN、LISP、ALGOL、COBOL 1960年代:CPL、BASIC、PL/I、BCPL、Simula、LOGO、B 1970年代:Forth、Pascal、C、Prolog、Smalltalk、ML、AWK、Ada 1980年代:C++、Objective-C、Common Lisp、Eiffel、Erlang、Perl 1990年代:Python、Tcl/Tk、Haskell、Visual Basic、Ruby、Lua、Delphi、Java、JavaScript、PHP、OCaml、SuperCollider、R 2000年代:C#、Scala、D、F#、Go 2010年代:Ceylon、Rust、Dart、Elixir、Hack、Swift 1950年代 FORTRAN 1954年にIBMのジョン・バッカスによって考案された。コンピュータにおいて広く使われたプログラミング史上最初の高水準言語。 LISP 1958年にジョン・マッカーシーによってはじめて設計された。高水準プログラミング言語の中ではFORTRANに次いで2番目に古い。LISPの名前は「list processor」に由来している。 ALGOL 1950年代中ごろに開発され、多くの言語に影響を及ぼした。ACMや教科書や学術論文などでアルゴリズム記述のデファクトスタンダードとして30年以上使われ、ほぼ同世代の高水準言語であるFORTRAN、LISP、COBOLに比べて最も成功した。設計者はバウアー、 ルティシュハウザー、 サメルソン、 バッカス、 パリス、 ナウア、 ファン・ワインハールデン、 マッカーシー他。FORTRANで明らかとなった問題を防ぐよう設計された。「ALGOL」は「アルゴリズム言語」を意味する英語「algorithmic language」に由来する。 COBOL 1959年に事務処理用に開発されたプログラミング言語。名前は「Common Business Oriented Language」(共通事務処理用言語)に由来する。 1960年代 CPL CPLはケンブリッジ大学の数学研究所とロンドン大学コンピュータ部の共同プロジェクトとして1960年代に開発された。C言語の遠い祖先となった言語でクリストファー・ストレイチーが関与している。Combined Programming Language「統合プログラミング言語」の意。 BASIC 1964年に米国ダートマス大学にて数学者ジョン・ケメニーとトーマス・カーツにより教育用などを目的としてダートマスBASICが開発された。初心者向けのプログラミング言語として、1970年代以降のコンピュータ(特にパソコン)で広く使われた。Windowsアプリケーションの主力な開発言語であるVisual Basicの文法に影を残している。 PL/I 1964年に生まれ。教育機関、商用、工業で使用され現在も使われている。「programming language one」(ピーエルワン)に由来する。 BCPL Basic Combined Programming Language、Basic-CPLは、1966年にケンブリッジ大学のマーチン・リチャーズが設計した。B言語の基礎で、B言語から派生したC言語は文法的にBCPLの亜種。 Simula オルヨハン・ダールとクリステン・ニガードによってALGOL60を拡張する形で1960年代に開発が始められたシミュレーション用途のプログラミング言語(登場時期は1967年)。世界最初のオブジェクト指向言語であると言われる。 …