taisablog

taisa's engineer blog

「 月別アーカイブ:2019年06月 」 一覧

Go言語 ORMライブラリ GORMの使い方

2019/06/26   -Go
 

Go言語 ORMライブラリのGORMの簡単な使い方を確認してみました。また、公式ドキュメントにしっかりと使い方が書いてありますので基本的にはそちらを参考にしてもらえればと思います(すべてではないですが日本語訳もされています)。その上でクイックスタートを元に簡単な使い方と挙動を確認してみます。 http://gorm.io/ja_JP/docs/ インストール 以下のコマンドでインストールできます。 go get -u github.com/jinzhu/gorm クイックスタート 公式ドキュメントにあるクイックスタートを実行してみました。DBだけsqliteではなくmysqlに変更しています。 package main import ( “github.com/jinzhu/gorm” // _ “github.com/jinzhu/gorm/dialects/sqlite” _ “github.com/jinzhu/gorm/dialects/mysql” ) type Product struct { gorm.Model Code string Price uint } func main() { // db, err := gorm.Open(“sqlite3”, “test.db”) db, err := gorm.Open(“mysql”, “gorm:gorm@/sandbox?charset=utf8mb4&parseTime=True&loc=Local”) if err != nil { panic(“データベースへの接続に失敗しました”) } defer db.Close() // スキーマのマイグレーション db.AutoMigrate(&Product{}) // Create db.Create(&Product{Code: “L1212”, Price: 1000}) // Read var product Product db.First(&product, 1) // idが1の製品を探します db.First(&product, “code = ?”, “L1212”) // codeがL1212の製品を探します // Update – 製品価格を2,000に更新します db.Model(&product).Update(“Price”, 2000) // Delete – 製品を削除します db.Delete(&product) } 実行してみるとproductsテーブルが作成され、以下のカラムとレコードができました。structでは宣言していない、id、created_at、updated_at、deleted_atカラムができ、deleted_atに日付が入りソフトデリートが行われています。 go run main.go gorm.Model gorm.Modelを宣言するとid、created_at、updated_at、deleted_atカラムが自動的に注入されます。また,deleted_atカラムがある場合、Deleteはソフトデリートになります。 参考: http://gorm.io/ja_JP/docs/conventions.html …

Firebase Cloud Firestore 使い方の勘ドコロ

2019/06/18   -JavaScript
 

FirebaseのCloud Firestoreを扱う際、本家ドキュメントが充実していて検索すればすぐに出てくるのでそれほど困ることはありません。ただ、最初の入りとしてFiresotreのDocumentって何? となったり、doc、docRef、cityRef、cityDocRef、snapShot、docs など、本家ドキュメントの中でも若干変数名の書き方が異なっていたりします。その為、慣れてくれば大丈夫ですが、慣れるまで毎回どう書くんだっけ?と検索することが多かったので、自分なりに解釈して整理してみました。Firestoreを扱える言語は様々用意されていますが、ここでは、JavaScript(Nuxt.js)を例に進めていきます。(セットアップは省きます) 参照元:https://firebase.google.com/docs/firestore/manage-data/add-data?hl=ja Firestoreの基本的な考え方 基本的な考え方は、正にこの図にあるように「フォルダ(collection)」「ドキュメント(document)」「データ」という構成になっています。 参照元:https://firebase.google.com/docs/firestore/data-model これをFirestoreの管理画面でみるとこのようになります。 これを「フォルダ(collection)」「ドキュメント(document)」「データ」に当てはめてみるとこのようになります。イメージとしては、本棚にフォルダが並んでいてフォルダを選択するとフォルダの中のファイル一覧がみることができ、あるファイルを選択するとそのファイルに書かれている内容をみることができるという感じです。 ◯◯Refとは 本家ドキュメントをみると、◯◯Refという変数がよく出てきます。これはその名の通り「参照」です。つまり本棚にあるフォルダ(collection)やフォルダ内のドキュメントを選択した状態です。この時点ではまだ参照なので取得はしていません。usersコレクションを選択した状態であればuserRef、usersコレクションのドキュメントを選択した状態であればuserDocRefといった変数をつけると分かりやすいと思います。(本家ドキュメントではそのようなルール決めはありません。) userRef = db.collection(‘users’) userDocRef = db.collection(‘users’).doc(‘YLu7bG7PcRNYhAg3F6MY’) これらを踏まえて、実際にデータの取得、追加、更新、削除のコードを書いてみます。ここではあえて◯◯Refのように変数を使っています。 コレクション配下のドキュメントデータをすべて取得する usersコレクションを参照した状態で、get().then()を呼び出すとその時点のドキュメント一覧(snapShot)が取得できます。ドキュメントは1つしか存在しない可能性もありますが、ドキュメント一覧なのでforEachでループすることで全データを取得することができます。ユーザIDはデフォルトでドキュメントに振られるIDです。 const db = firebase.firestore(); let userRef = db.collection(‘users’) userRef.get().then((snapShot) => { snapShot.forEach((doc) => { this.users.push({ user: doc.data(), user_id: doc.id }) }) }) ユーザID ユーザ名 ユーザメールアドレス {{user.user_id}} {{user.user.name}} {{user.user.email}} 参考:https://firebase.google.com/docs/firestore/query-data/get-data?hl=ja コレクション配下のドキュメントデータをフィルタして取得する フィルタするのにwhereを利用することができます。whereで対象を絞った後、同様にget().then()を呼び出すとフィルタしたドキュメント一覧が取得できます。 const db = firebase.firestore(); let userRef = db.collection(‘users’) userRef.where(‘name’, ‘==’, ‘山田太郎1’).get().then((snapShot) => { snapShot.forEach((doc) => { this.filteredUsers.push({ user: doc.data(), user_id: doc.id }) }) }) ユーザID ユーザ名 ユーザメールアドレス {{user.user_id}} {{user.user.name}} {{user.user.email}} 参考:https://firebase.google.com/docs/firestore/query-data/get-data?hl=ja 単一のドキュメントデータを取得する 単一のドキュメントデータを取得するには、doc()にIDを渡し、get().then()を呼び出すと指定したドキュメントのデータが取得できます。この場合、doc()で単一のドキュメントを指定しているので、取得できるのは一覧ではなく指定したドキュメントの値となります。 const db = firebase.firestore(); let userRef = db.collection(‘users’) userRef.doc(‘YLu7bG7PcRNYhAg3F6MY’).get().then((doc) => { this.user = doc.data() this.user.user_id …