taisablog

taisa's engineer blog

「 月別アーカイブ:2019年10月 」 一覧

[Golang]Goのio/ioutilパッケージは分かりやすくて使いやすい

2019/10/29   -Go

Goのioパッケージは主にインターフェースになっていて他のパッケージで多く実装されています。またioパッケージにもパブリックな関数がありファイルの入出力はできますが少し細かい処理になります。io/ioutilパッケージを使うとファイルの入出力処理が簡単にできます。以下にio/ioutilパッケージを使った処理とそれに対するテストコードを記載します。 io/ioutil/ioutil.go ReadAll() func ReadAll() string { file, _ := os.Open(“testdata/src.txt”) b, _ := ioutil.ReadAll(file) return string(b) } ReadAllテスト func TestReadAll(t *testing.T) { str := ReadAll() if str != “0123456789” { t.Errorf(“TestReadAll Error. %s”, str) } } ReadFile() func ReadFile() string { b, _ := ioutil.ReadFile(“testdata/src.txt”) return string(b) } ReadFileテスト func TestReadFile(t *testing.T) { str := ReadFile() if str != “0123456789” { t.Errorf(“TestReadAll Error. %s”, str) } } WriteFile() func WriteFile() string { b := []byte(“0123456789”) _ = ioutil.WriteFile(“testdata/dst.txt”, b, os.ModePerm) b, _ = ioutil.ReadFile(“testdata/dst.txt”) return string(b) } WriteFileテスト func TestWriteFile(t *testing.T) { str := WriteFile() if str != “0123456789” …