taisablog

taisa's engineer blog

「 月別アーカイブ:2020年04月 」 一覧

GORMでよく使うSQLの書き方

2020/04/25   -Go

GORMでよく使うSQLの書き方をメモとして残しておきます。詳細は記事最後の参考リンクの公式ドキュメントで確認できます。 CREATE insertするだけであれば create を利用します。 db.Create(&models.User{Name: “user”}) # 実行SQL INSERT INTO “users” (“created_at”,”updated_at”,”name”,”email”) VALUES (‘2020-04-25 11:22:00′,’2020-04-25 11:22:00′,’user’,0) UPDATE 特定のフィールドだけ更新したい場合、 Update と Updates を使います。 update 一つのフィールドだけアップデートします。 user := &models.User{Name: “user”} db.Create(user) db.Model(user).Update(“name”, “user2”) # 実行SQL INSERT INTO “users” (“created_at”,”updated_at”,”name”,”email”) VALUES (‘2020-04-25 11:34:39′,’2020-04-25 11:34:39′,’user’,”) UPDATE “users” SET “name” = ‘user2’, “updated_at” = ‘2020-04-25 11:34:39’ WHERE “users”.”id” = 5 updates updates は map を利用して複数のフィールドをアップデートします。 user := &models.User{Name: “user”} db.Create(user) db.Model(user).Updates(map[string]interface{}{“name”: “user3”, “email”: “g5.taisa831@gmail.com”}) # 実行SQL INSERT INTO “users” (“created_at”,”updated_at”,”name”,”email”) VALUES (‘2020-04-25 11:39:52′,’2020-04-25 11:39:52′,’user’,”) UPDATE “users” SET “email” = ‘g5.taisa831@gmail.com’, “name” = ‘user3’, “updated_at” = ‘2020-04-25 11:39:52’ WHERE “users”.”id” = 6 SAVE Save は SQL を実行する際にすべてのフィールドを含みます。フィールドを指定しなくても空にはなりません。 user := &models.User{Name: …